虫歯自然治癒の基本

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

虫歯自然治癒の基本

虫歯自然治癒の基本。意味が分からん。こう感じる人も多いと思いと予想できます。胆摘に説明すると、このホームページは私の33歳から53歳までの10回~15回の虫歯自然治癒体験を主に作成しています。現時点の2021/10/20日は67歳なのですが、最近は虫歯になりません。従って53歳までの虫歯自然治癒体験を思いだして製作していくことになります。

最初に

虫歯にならないので、虫歯のホームページを無理してつくらなくても、他の病気や体の不調に自然に言及していくようになりました。私は虫歯の専門家ではありません。しかし自分では虫歯自然治癒の専門家と信じています。いかんせん。肩書が何もないですから。というわけで今回は虫歯・虫歯と思いこまず、虫歯自然治癒の基本について入力していきたいと思います。

  1. 私のホームペーシは残念な事に見る人は少ない。最近は特に少ない。と泣き言はこれ位にして本題に入ります。なぜすくないか?私なりに分析してみた。二つ原因があると思う。
  2. まず一つ肩書がない。専門家の肩書をもちあわせていない。これが大きい。
  3. 二つ常識外れな内容が多い。肩書はない。+ 内容は常識外れな内容が多い。それを厳しく見られて、人が見てくれない。そうこうしているうちにコロナで世の中が震撼した。私は平気の平左だった。
  4. コロナは平気の平左・虫歯は痛みを正しく放置すれば最後は鼻水という頭の毒素が排出して自然治癒する。盲腸も自然治癒する。化膿することも平気の平左。不思議な事に日頃弱気な自分が、これを言い出すと人が変わるのがわかる。自信満々になるのだ。

 

先天的な病気を研究する

 

最初に

というわけで今回は他の病気にめを向けてみようと思う。・・ねじれ腸の人の話を聞いた事がある。そのために便秘と言う。常習便秘というのかな?今回はこれに絞ろう。病気は二つに絞られると思う。後天的なものと、先天的なものだ。この人のねじれ腸は先天的なものと聞いた。これは難しい。このホームページでは虫歯に限定せずに、他の病気についてもけっこう取り扱っている。風邪・コロナ・肺炎・盲腸・精神病・ノイローゼ・とまだまだあるが、私は自画自賛ながら、記事の内容については、かなり自信がある。しかし例外もある。先天的な病気については殆んど記事にしていないはずだ。その辺から入ろう。・・

最初に2

私は自画自賛ながら、記事の内容については、かなり自信がある。しかし例外もある。先天的な病気については殆んど記事にしていないはずだ。その辺から入ろう。・・であるが、胆摘に言うと、後天的な病気についての説明はかなりの自信がある。それに対して先天的な病気については、その説明は自信がないというのが本音である。なぜそうなのかその説明から入ろう。

後天的病気の治せる事の説明できる根拠

私の言う後天的病気の意味は、生まれた時は健康で後々慢性的な病気になった人の事である。成人病が最も理解しやすいかな。多くの病気がこれに該当する。虫歯も生まれた時はそうではないし、盲腸にしても、ノイローゼにしても各種の癌にしても肺炎にしても、後天的に罹病したものだ。なぜそうなるか?

  1. 癌にしても、盲腸にしても、肺炎にしても、生まれてから毎日か一日おきか二日おきか、いずれにしても定期的に体に入れ続けてきた体内毒素作成素材の摂取により、該当毒素の堆積による病気になるというのが私の考え方だ。
  2. 面白い事に癌も盲腸も肺炎も罹病の原因の毒素の素材は異なる。もう一つ。素材が同じ毒素の病気もある。
  3. 肺炎と水虫は大方同じである。盲腸と胆石も大方同じである。➡ ➡病気により毒素の素材が上に提示したように、一種類ではなく、二種類のものもある。・・
  4. 残念なことに毒素の素材については2年前から、名前を明かさない方針にしたので、ここでは言明出来ない。とにかくここが大事で毒素の素材をとらないと、体内毒素の生産は大きく減少する。後天的病気の原因はこの体内毒素の堆積によるものなのだ。仮に「何故・そんな事が分かるんだ?と問われたとしたら、こう答えよう。」
  5. 断食を続けていくと、消化機能が停止するために、余力を生じた体は残りの二つの機能の排泄と燃焼に向かう。➡ ➡そのために日頃排出されない体の深部に堆積している、体内毒素は水で溶解されて、排出される。・・この場合は水を多飲する通常の断食だが、水を飲まない断食もあり、私はこの断食法は未体験なのでここでは外しておく。➡ ➡排出された毒素はたいていは眼に出来る。ここは一旦置いといて今度は発熱による毒素の溶解からの排泄物の説明に入ろう。・・
  6. 毒素排出法の双璧として、もう一つ発熱がある。風邪が説明しやすいので、ここから入ろう。風邪は発熱する。発熱で熔解~移動~排出した毒素は痰・下痢・鼻水・熱尿・下痢・寝汗となって排出して目にすることが出来る。といっても、寝汗はここでは外そう。いくら寝汗が出たと言っても、その姿というか、形状は見えない。他の熱尿や下痢などもその正体は理解しにくいが、少なくとも、普段とは異なるというか、異変があるというのは分かる。
  7. 断食も発熱も優れた毒素排出の神秘だが、排出される、その毒素にその異なるところが一点ある。・・発熱の代表として風邪で説明してみると、この場合の排出毒素は鼻水・痰・熱尿・寝汗・下痢とあるが、その排出毒素の作成素材というのは分からない。熱尿で濃い色の尿が出たとしても、その元の素材は分かりにくい。・痰も鼻水も下痢も寝汗にしても、いずれも分かりにくい。
  8. これに対して断食による毒素排出に成功した場合は、該当毒素を作成した元の素材は分かり易い。色で分かるときもあれば、強烈な臭気で分かるときもあるし、なにより日頃から取りすぎているのですぐピーンとくる。毒素の素材については、言明しない方針を取っているので、ここでは言えないが、酒位はよいだろう。一般の人は飲み過ぎたら体に悪いというのは、皆。知っている。酒なんかもすぐ分かる。この場合は嘔吐という形で出る。勿論断食の場合だが。

結論は通常の水を多飲して体内毒素を溶解して行う断食では、毒素の溶解は水のみで行うので、元の毒素の素材は本人にとっては分かり易いのではないか??➡ ➡人という内部の身体を水のみで洗うので分かり易いということだ。勿論その方法は断食という水による、洗浄によるが、なにより、断食により毒素が大量に排出される場合はヤカン一本くらいは、すぐ飲んでしまう、凄まじい喉の渇きが起きるのは私も実際に体験している。➡ ➡ついでに追加して言うと、私はこの凄まじい断食体験は一回だけだが、下痢か嘔吐かどちらが先であつたかは最近ではよく思い出せないが、一分位の時間差で嘔吐と下痢で全く同じ色の濃度も同じ濃い毒素の排出があった。この時の断食が上で説明したヤカン一本位の水はすぐ飲んでしまう、凄まじい喉の渇きが発生した断食体験によるものであつた。

先天的な病気について

最初に

ここからが難しい。上で入力したことは、後天的に体に入れ続けてきた毒素の素材は断食や発熱で排出できるという説明だった。生まれた時は盲腸炎でもないし、肺炎でもないし、各種の癌でもない。勿論、脳梗塞でも心筋梗塞でもない。それでは先天的な病気はどうか。生まれた時から病気にかかっているということだ。

  1. ここで文頭で入力したねじれ腸の人の話に戻ろう。この人は生まれた時からねじれ腸らしい。従って常習の便秘らしい。正常な腸はねじれたりしないので、遺伝的毒素が圧迫しているのであろう。
  2. 親から受け継いだ遺伝的毒素とは、このホームページで取り上げている毒素を作成する素材を親が取り続けていたというのが、私の見解だ。遺伝的毒素を軽減する方法は実在する。しかしその本命の治療方法については、関係筋に迷惑がかかる可能性があるので、ここでは入力できない。とにかくあるということだ。
  3. それでは先天的な病気。ここではねじれ腸をとりあげたが、私の提唱している「健康対策三本柱」である、➡ ➡断食・発熱する・コリを取る・→ → これがどの程度効果を上げるかは未定である。第一に私が先天的病気を持っていないので、体験がない。無責任だが、実験しなければ分からない。というのが本音である。少なくとも好影響はあっても悪影響はないであろう。
日時:2021年11月3日 AM 09:49