虫歯と脂肪肝の違い

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

虫歯と脂肪肝の違い

一見。訳の分からないタイトルである。・・虫歯と脂肪肝の違いなんて、なぜ君が説明する。・・ボクシングと野球の違い。これと似たようなものだ。とうとうネタがなくなったか? こう思われても仕方ないかもしれない。

最初に

しかしこれが虫歯自然治癒は鼻水の排出で完了する。方や脂肪肝断食治癒は嘔吐で完了する。と捕捉すれば、ホー。聞いてみるか? と言う気持ちになるのではないかと予想してみた。それの説明に入るが、正確性を現すために二つとも私の体験した病気である。厳密に言えば私は病気では医療機関に罹らないので、脂肪肝の方の命名は私の推定である。何せ40年以上、かなりの量の酒を飲んできたという実績がある。少し例え方が変だったかな?

このホームページはタイトルは「虫歯は痛みを乗り超える事で自然治癒する。」であるので自然治癒の行程はくり返し・繰り返し説明してきた。従って虫歯は鼻水の排出で自然治癒する。というのはうんざりする程説明している。・・と言いながらも必要上過去の記事から虫歯自然治癒が進んで鼻水の排出で自然治癒に至る謎の解明をしてみます。2017/08/29㈰作成のブログ記事の「断食では鼻水の排出はおきないか。」から以下に緑色で引用します。

虫歯自然治癒の排出物

ここの課題である鼻水の排出が断食で起きず、風邪と虫歯自然治癒の最終工程で起きるという事は、角度を変えて言うと鼻水の元である延髄付近の毒素の溶解と排出の移動は断食では起きず、風邪と虫歯で起きるという事になる。延髄付近の溶解された毒素は鼻の穴という最短距離の排出孔から液状化された鼻水となって排出されるということになる。

虫歯の元が後頭部と延髄付近の毒素の溶解~移動~排出の工程であり、毒素が鼻水として姿を現し排出されて自然治癒されるということである。さて脂肪肝の方にいきましょう。

脂肪肝断食治癒の排出物

脂肪肝を治すには断食が最も適しているというのが、実際に40年以上、酒の飲み過ぎによる肝機能の不調と対峙してきた私の結論だ。・・経験者は語る・・ではないが、脂肪肝を治癒するその方法は断食が最も有効である。という事はこのホームページの何か所かで言明している。・・

となると虫歯自然治癒の排出物は鼻水で、脂肪肝断食治癒の場合の排出物は嘔吐ということになる。虫歯のほうは痛みを正しく放置するという。・・言いかえると何もしないで自然にまかかせるという事になる。まさしく自然治癒である。➡ ➡発熱による頭の堆積毒素の溶解~移動~鼻水の排出という工程をたどるわけだ。➡ ➡通常の病気、分かり易い一例として風邪と同じ発熱による毒素の溶解~移動~鼻水か痰か下痢か熱尿か寝汗による排出と自然治癒の理論は基本的には同じ事になる。

脂肪肝の堆積毒素は発熱よりも水で

最初に

脂肪肝の堆積毒素は発熱よりも水で、どういう意味だ。と一般の人は感じるだろう。該当記事で説明しているように、脂肪肝の脂肪とは脂肪もあるかもしれないが、滞積毒素もある。脂肪+堆積毒素ということになる。毒素というのは体には害になり、不要なものだから、元来は排出されるようになっている。しかし脂肪肝の場合は排出されにくい。この辺から入りましょう。

なぜ排出されにくいか?  ・・肝臓は沈黙の臓器・・だからです。  沈黙の臓器イコール症状が出にくいということ。➡ ➡症状は発熱で堆積毒素が溶解~移動~排出時に起こる。➡ ➡ということは発熱が起きなければ症状はでない。➡ ➡症状の出にくい肝臓病は特に脂肪肝の場合は発熱は起きにくい。

  1. 胆摘にいえば酒の飲み過ぎによる脂肪肝は発熱が起きにくいので、発熱による堆積毒素の溶解~移動~排出は起きにくい。 あまり体にとってはよくないですね。何せ堆積毒素という悪玉が潜み続けますから。・・
  2. 通常の断食の水を飲む断食を続けると、成功した場合は脂肪肝の場合は、断食開始4日め位から喉の渇きが発生します。2・3日めくらいからまず、血液の浄化が始まります。このため体調はよくなります。何せ普段血流の良くない部分にも血液が流れていきますから。これで断食は体によいということが体感できます。
  3. しかしこの体調のよい状態は長続きしません。病変部分というか、滞積毒素のあるところの血液循環も回復します。するとどうなるか?
  4. ・・毒素堆積部分の血流が改善される。➡ ➡堆積毒素は溶解されて浮き上がってくる。➡ ➡脂肪肝の場合の毒素は胃に浸潤していく。このころになると毒素溶解のために喉が渇く。水による堆積毒素の溶解が始まる。➡ ➡これが少しづつ進み、胃に入った毒素は嘔吐で排出されるわけだ。➡ ➡どの時点で嘔吐が開始されるかは言明できない。実際は断食開始から一週間前後が多い。しかしなかには嘔吐しない場合もある。➡ ➡実際8年前の59歳で行った、当時最長の17㈰の断食では4日めくらいから強い嘔吐感はおきたがとうとう最後まで嘔吐はなかった。➡ ➡断食の予想は難しく、予想どおりの毒素排出する場合もあるが、予想外の毒素がでたり、この時のように17㈰行っても出ない場合もある。➡ ➡それではこの17㈰の断食はヤリ損にみえるが、私はそうではないと思っている。➡ ➡その翌年とさらにその翌年と2年続けて大量の毒素の排出があったからだ。➡ ➡うまく説明できないが、この時の17㈰の断食が隠れた効果となっての2年続けての大量の毒素排出につながったと、当事者は語るとしておきますか。・・

以上何が言いたいかというと、滞留毒素は発熱で熔解されるか断食「水」で溶解されるかのどちらかと、ここでは説明しておきます。現実にはこれ以外もある。➡ ➡しかし発熱と断食意外の毒素の溶解~移動~排出にいたる場合以外は詳しくなく、それの説明は最小限にとどめておきます。➡ ➡発熱「火」と断食「水」の毒素溶解としておきます。これは該当記事で作成しているので見てください。

結論は虫歯自然治癒は発熱による毒素排出。脂肪肝は断食「水」による毒素排出が有効である。

ついでに言っておきますか。盲腸炎は発熱が有効。歯周病は発熱も断食も有効。便秘は断食かな? ただし便が滞留している付近の便と毒素を取り除くにはどの程度の時間がかかるかはよく調べていません。過去の記事で「虫歯と便秘」というのがありますから、見てください。

日時:2021年8月9日 AM 08:41