「虫歯は自然に治る」の2021年7月の記事

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」のブログを月別にご覧いただけます

「虫歯は自然に治る」の記事を月ごとにご紹介

虫歯自然治癒に成功した人と私の共通した考え方

「虫歯自然治癒に成功した人と私の共通した考え方」。この方も私も虫歯自然治癒に成功しているので体にたいしては共通した考え方があるのは当たり前である。

最初に

まず先に先日頂いたメールから紹介しよう。例によって以下に緑色で引用させていただきます。

おはようございます。***です。お返事遅くなりました。 

すみません、肺炎の原因は***そうでしたね! コロナの記事を読ませて頂いた時に書いてありました。 

そう言えば、気管支喘息も肺炎の***というところで結び付くのでしょうか? 

息子が幼稚園の時から喘息があり、ずっと定期的に鼻炎を抑える***や喘息の***を****いました。 

季節の変わり目などには必ず喘息を起こしていたのですが、例の、アナフィラキシーを起こして私も色々とアレルギーの事を調べて、その頃から息子にも鼻炎や喘息の*******なくしたんです。

 

何度か軽い喘息を起こしましたが、****を使わずに、息苦しい時は上体を高くして休ませたり背中を摩ったり。

 

食事にも気をつけながらそのような対処で乗り切るようにしてから、今は全然喘息も起きなくなりました。

 

肺炎は***が原因であるならば、息子の喘息も`*:**をやめたお陰で治ったのかな?と、それも納得出来ます。

 

食生活を改善していても*:**********:続けていたら、もしかしたら今も喘息は治っていなかったかもしれませんね。

 

実際の経験と結びつくと、山本さんの仰る事も少しも疑問には思いません。?…

やはり、誰かに納得してもらうには、その人に実際に行動を起こしてもらって、実体験を受けてもらう事が一番の説得力になるのだと思います。 

その、第一段階の、怖いけどやってみるという勇気を出せるかどうかが一番の壁ですね。 

理屈を理解して、やってみよう!と思える人がなかなかいないのも、確かに常識を覆す事ですから、やむを得ないのかなとも思いますが…。 

私がそうだったのですが、人間、追い詰められないと勇気が出ないものですよね。 

私の場合、息子のアナフィラキシーで怖い思いをして色々と調べたり、自分の初めての虫歯に動揺して、歯医者には行きたくないからどうしようかと必死に調べて山本さんのホームページにたどり着いた時には、とにかくこの現状をどうにかしたいと藁をも掴む思いで何かのアドバイスを得て、それを信じてやってみようとすぐに思えました。

 

切羽詰まった時ほど、人間は行動に起こしやすいと思います。 

実は、ここ数日間、例の左下奥歯の虫歯のところが疼いていました。 

食生活はいつもと変わらず、少食を心がけウォーキングも毎日行っていたのですが、子供たちが夏休みに入り、一緒になって毎日アイスクリームを食べていたせいなのか…。 

後頭部の頭痛が始まり、左肩が痛くなり、左下の虫歯も疼くようになり、左の上下の歯茎が痛み出血が始まりました。 

以前の、歯槽膿漏、今は歯周病と言うのですね、その時と同じ現象が起きました。 

久しぶりの虫歯の痛みで、あれ??と思ったのですが、心当たりがあり、いつもと違う所と言えばアイスクリームの毎日の食べ過ぎではないかと、やはり油断をすると身体は正直で、きちんと反応をしてくれ、こうしてデトックスしてくれるのだな…と、なんだか嬉しい気持ちになって、アイスクリームを食べるのをやめ、食事も更に少なくしてデトックスの方を意識して過ごしていたら、また虫歯の痛みも自然となくなりました。 

同時に、頭痛や肩の痛み、歯茎の出血も治まりました。 

頭部のデトックスが終わったのだと思います。 

 

きちんと対処すれば、焦ることなく放置していても身体がちゃんと治してくれるのだと言う実感は、やはり実際に経験をした人ではないと掴めないものですね。・・・

 

次は私の考え方を、この方に返答したメール。以下に青文字で出します。例により体内毒素の素材については言明しない方針を取っておりますので、***印で消す内容となってしまいました。

メールありがとうございます。

まず、気管支喘息も肺炎の***というところで結びつくのでしようか?というご質問ですかが、調べてみるとこうあります。・・気管支喘息は強烈なる咳嗽によって濃度の喀痰を吸引するためで、頻繁なる咳嗽は喀痰多量によるためである。・・こうあります。濃度の喀痰があるということは、痰の素材の***をしていたということになります。

 

メールにありましたとおり、何度か軽い喘息をおこしましたが、******息苦しい時は・・・食事にも気をつけながら・・今は全然喘息も起きなくなりました。・・とありましたが、まさしく****が喘息の原因だったということになります。

 

*:*:********体が良くなったと錯覚させるのです。以前言ったように実は病気による症状は大きければ大きい程に自然治癒は進んでいるのです。この考えを改めない限り***********************,根本が間違っているために自然治癒はできません。いつまでも********で体の症状を抑えるという逆理が幅を利かせる間違いが続きます。

 

左下の奥歯の虫歯については御推察どおりと思います。後頭部の頭痛が始まりとありましたが、虫歯の原因は頭の毒素の虫歯への移動から正しく放置した場合は頬の外に溜まり最後は鼻水となり排出されるという工程なので、頭痛で頭の毒素の溶解から移動が始まったときに毒素が神経を刺激して頭痛がおきたのです。

 

 

 

日時:2021年7月31日 AM 07:50
虫歯自然治癒の超ポイント

虫歯自然治癒にポイントなんてあるのか? こう思ってはいけません。あるのです。これが分からないから世界中の人は虫歯を放置しての自然治癒はできないのです。虫歯自然治癒体験が30年以上経過した私に言わせれば、ポイントは2つあります。一つは今言いました。上の赤線の太文字

最初に

厳密に言えば虫歯をただの放置では駄目です。本当の正解は正しく放置するになります。具体的にいえば虫歯の対策をなにもしないということです。食べたり寝たりの普通に生活は駄目とはいいません。そうすると二面出てきます。何もしないでもよいならこれほど簡単な事はありません。普通程度の頭脳と能力の私が虫歯自然治癒を繰り返し30年以上成功してこれたのはこれが原因です。正しく放置したからです。

最初に2

もう一面が極めて難しい。傷みを我慢しなければいけないからです。・・私のホームページでは虫歯自然治癒には正しく放置して頭の滞留毒素を移動~排出の流れに持っていかなければなりません。その最終結果が鼻水の排出となり自然治癒は終了します。と言うことはその毒素排出の工程があることを把握して、理解しなければいない。まさしく「虫歯自然治癒の超ポイント」はこの工程を把握することである。

虫歯の排出毒素の工程

2021/06/05㈰作成した「虫歯が自然治癒出来る謎」の中の・・工程が分かれば謎は解ける」・・から例によって以下に緑色で引用してみます。構成上はよくないのですが、3回目の引用になります。

  1. 虫歯自然治癒の行程は延髄部及び後頭部の毒素の排出の工程である。➡ ➡毒素が排出の工程で歯に無数の穿孔を開けて頬の外に移動する。➡ ➡移動毒素は頬の外に一旦溜まる。➡ ➡最後の行程で毒素は鼻水として排出されて虫歯自然治癒は完全に終結する。・・・黒線の無数の穿孔に毒素が移動中に劇痛が発生するわけである。勿論こんな凄い理論は私が考案したものではありません。残念なから私が生まれる前から理論はありました。

これで4回目の引用になるが、虫歯自然治癒はその工程が分からなければ信じる人はいない。・・

 

虫歯自然治癒の最大の障害

 

最後に

虫歯自然治癒の最大の障害はご存知、痛みである。この正体は少し上の緑の下文字で表した。これで傷みの正体が分かれば、成程虫歯自然治癒の行程における痛みの発生する訳も理解できる。さらに通常の痛みの数倍の激痛が起きる事も稀にある。私の場合はもう17年も前に起きた、一度だけの床に転げ回って激痛に耐えて自然治癒に持ち込んだ、その虫歯自然治癒体験。最後にその検証というか、工程の説明もしておきます。すでに2017/04/17㈰作成のブログ記事の「記憶に残る二つの虫歯自然治癒」から今度は青色で以下に引用してみます。それにて今回の記事は閉めます。

 

さらに一度だけの強烈な痛みを伴った放置しての自然治癒も通常の数倍の老廃物の排出があったため、苦痛の増大と老廃物の排出の増大は比例しているという、大変な検証結果が現れました。私にはこれ以上の検証は無理なので、あとは一日も早く、虫歯を放置して治した人が現れるのをまつばかりです。というより虫歯の自然治癒の行程を多くの人が把握するべきです。それはそんなに難しいことではないことを体験者として確信をもって言っておきます。

 

放置しての自然治癒も通常の数倍の老廃物の排出があったため、苦痛の増大と老廃物の排出の増大は比例しているという、大変な検証結果が現れました。とありましたが苦痛の増大とは、虫歯自然治癒の場合は痛みのことであり、老廃物の排出とは頭の毒素が姿を現した鼻水になります。

日時:2021年7月28日 AM 07:44
虫歯自然治癒に成功した人の考え方

今回は前の記事で取り上げた、虫歯自然治癒に成功された方が、日頃から体に対してどういう心構えをされているかについて、説明していきます。はっきり言って常識的な考え方とは異なります。その点は私とは共通しているかもしれない。考えてみれば、それは当たり前かもしれない。私もこの方も・・虫歯は自然治癒は絶対にしないという世界的常識を覆した人であるから、体というか、病気について常識的な考えであるはずがないのは当たり前である。

最初に

物事というか、発生する事態にたいしては、常識的に対処していかなければならないのはある意味当然である。しかしそれも時と場合による。一例として、現在世界を震撼させているコロナ。2020/02月位から騒がれているか、1年5月経過した今でもほとんど解消はしていない。相変わらず、飲食店いじめの休業要請のごり押しなどの一点張りである。

最初に2

なぜ他のコロナ対策はかんがえられないのか。他に考え方はないのか。この発想が出来ないのか最初からするつもりはないのか。と勘ぐってしまう。コロナ対策は人が知らない理論というか対策はある。・・・どこにある。ふざけた事言うな。・・こう仮にいわれてもあるのだらどうしようもない。最初からその理論を取り入れるつもりはない。こう思わけてもしょうがない。なぜそういう理論に目を通さないのか不思議というか、その方が都合がよいのであろう。極端に考えればそうなる。・・まず先に虫歯自然治癒された方が日頃から、体についてどういう考え方をしておられるかを紹介してみます。例によって以下に緑色で引用します。はっきりと何々は体によくないと明言されているので、当方の都合上それは隠しております。

 

私の記事をトップページに挙げて下さるのは嬉しいです。

 

ありがとうございます(^^)

 

沢山の方の目に止まって欲しいですけど、ホームページを見てくれる人が少なくなっている事は残念ですね…。

 

 

コロナの好物は******だったのですか!

 

記事を読んでいて、何だろう??と考えていました。

 

******の圧力なんてあるのですか??

ビックリしました…。

 

 

世の中には、****を疑う事なく、ちょっとした事でもすぐに**:へ行って*:*をもらい安心する人が沢山いると思いますが、私の考えは正反対ですね。

 

東洋医学を信じ、自己免疫力を上げて自力で治す事しか頭にないです。

こうメールで頂きました。一旦今までのメールすべてにめを通しました。そこで感じた事はこの点でした。以前頂いたメールで紹介します。

身体は本能的に、体内から悪い毒素を排出しよう排出しようとしてくれるので、デトックス症状が出ている時に側からまた食べ物をどんどん取り入れて血液を汚してしまっては、出しては入り、出しては入りの繰り返しで一向にあらゆる好転反応の症状も改善しないと思います。

これは私も同じ考えです。方や毒素の排出。方や毒素の仕入れ。少しづつ毒素は増えてきます。ドブは掃除しないと少しづつ汚泥が蓄積していきます。それと同じことです。毒素の素材を仕込まない事も大切です。断食や発熱で毒素を排出することも大切です。これが私の答えかな。断食はともかく発熱というのは納得しない人が多いかもしれませんか゛、私はそう信じています。

 

日時:2021年7月26日 AM 08:48
私以外の虫歯自然治癒に成功された方の検証

前の記事「私以外の虫歯自然治癒に成功された方」の検証となります。世間の常識では確定されている・・虫歯は絶対に自然治癒は出来ない。・・これをくつがえされた方。私にメールでお知らせくださった方の貴重なメールの検証を、おこなっていきます。誰が検証するんだ。と言う事になりますが、私にやらせていただきます。私は30年以上の10数回の虫歯自然治癒体験があるので、客観的に考えても、少なくとも虫歯自然治癒の事実を最初から否定することは絶対にしません。

最初に

まず下の黒色の太線部分が出てきます。いい加減な検証はできないので、私も少し体験のある喘息のみの検証を行います。黒の下線の下に紫色で検証します。ここは私には検証は無理なので、私の教科書である「1954年には定理されていた理論」をそのまま引用いたします。

小さい時から、息子は鼻炎と喘息持ち 娘はアトピー性皮膚炎と花粉症がありました。私も主人も花粉症があり、家族みんなアレルギー体質なんです。 

息子が小学4年生の時、実家でお正月の集まりがあり、その時に出されたイクラのお寿司を初めて食べた時にアナフィラキシーを起こしました。 

喘息の検証

喘息の原因は、心臓性喘息は横隔膜の下辺を主とし、肩部・腎臓部・胸部・腹膜・鼠径部、その他の滞留毒素が溶解液体化し、それが肺臓内に浸潤する場合、肺膜の厚い人か、または喀痰濃度の場合、肺自身が吸収せんとするその運動のための呼吸困難である。故に発作の場合吐痰すれば軽快らなるにみても明らかである。次に気管支性喘息は、強烈なる咳嗽によって濃度の喀痰を吸引するためで、頻繁なる咳嗽は喀痰多量によるためである。

 

 

 

鼻水の記載部分

あとは、鼻水!

確かにその後ありました。

 

不思議ですね〜

左下の奥歯の虫歯だったからなのか、左の鼻の穴からしか鼻水が出ませんでした。

 

でも、鼻水は確かにしばらく出ました。

 

そのまま放置していたら、いつの間にか痛みも全然なくなったんです。 

 

上の赤色のメールは虫歯の報告になりますけど、けっこう後半に出てきます。これの検証いきましょうか。胆摘に説明すると鼻水の排出で虫歯が自然治癒したと言う事です。➡ ➡全部のメールをみてもらえれば理解できますけど、鼻水の排出に至る前に傷みという苦痛が発生しています。➡ ➡虫歯の痛みを何もおこなわず、私が繰り返し言っている正しく放置するということです。それにより頭の毒素が虫歯に無数の穿孔が開いているところを通過する。その時に傷み及び激痛が起きるということです。➡ ➡移動毒素は鼻水として排出されて虫歯自然治癒の行程は無事集結するということです。

基本的に私の虫歯自然治癒体験と同じ工程となって言います。・・

歯槽膿漏の記載部分

次は上の虫歯の記載部分のすぐ下

あとこれは、虫歯の前か後だったか記憶が曖昧なのですが、歯茎のあちこちからも出血が始まって、何もしていないのに血が溢れ出てきて、歯槽膿漏のようなものでしょうか。 

歯茎が赤黒く腫れていました。 

痛くても歯茎を歯ブラシでマッサージして瘀血を出すと良いと何かで聞いていたので、これもデトックスだと気にせずに、どんどん出血させてマッサージしました。 

虫歯と同じ、歯茎の出血も頭部のデトックスですよね。 

 

ここの私の検証はまさしくその通りです。いまさら私があれこれ言う事もない。嫌。一言だけ付け加えておきましょう。・・歯槽膿漏のようなものでしょうか。・・・とありますが、そうです。最近の呼び名は歯周病というらしい。すでに定着していた歯槽膿漏という呼び名をワザワザ歯周病に変えなくともよいと思うのですけど。➡ ➡歯槽膿漏の原因は腎機能の低下。腎臓機能の低下により、処分しきれなくなった。・・ここでは残尿と命名しておきましょう。この残尿が歯茎に回るためです。➡ ➡どんどん出血させてマッサージしました。虫歯と同じ、歯茎の出血も頭部のデトックスですよね。 とありましたが大正解です。

再発の虫歯の記載部分

次は再発の虫歯になりますけど、上の歯槽膿漏の後になります。以下にまず緑色で引用します。

 

その虫歯は、痛みが一旦なくなった後何ヶ月かした時に、一度ほど、また少し頭部の毒が溜まってきてしまったのか痛くてズキズキと疼いた時がありましたが、それもそのまま放置で対処し全然問題はありませんでした。  

 

2016年に虫歯になり、今日までの間に何回かその虫歯も脆くなって欠けたりして今は歯も3分の1ぐらいしか残っていませんが、根元もまだありますし、虫歯の部分の食べカスを丁寧にブラッシングに時間はかかりますが、デトックス最中の虫歯の強烈な独特のクサイ口の臭いも今は全然なくなり、血液が綺麗になってきたんだなと実感しています。  

それから何年か経った今は、虫歯の痛みも全然ありません。 

放置でも全然問題ありませんでした。

ただやはり、山本さんの仰る、正しい放置の仕方をしないと治らないのは私も自分で経験して良く分かりました。 

身体は本能的に、体内から悪い毒素を排出しよう排出しようとしてくれるので、デトックス症状が出ている時に側からまた食べ物をどんどん取り入れて血液を汚してしまっては、出しては入り、出しては入りの繰り返しで一向にあらゆる好転反応の症状も改善しないと思います。 

排出の為に、まずは取り入れる物の制限をしなくては無限のループに陥るだけだと思うので、虫歯の自然治癒の成功も、それが鍵であると感じます。 

瘀血になる原因をきちんと理解し、その根本から気をつけて正しく放置しないと虫歯の自然治癒もなかなか上手くいかないという山本さんの仰る事は、私も強く賛成です。 

自分自身で体験した事なので、一番理解できます。 

 

私の検証は以下です。

虫歯自然治癒の再発というのは、すこし感覚的な表現になりますけ10~20%くらい起こります。➡ ➡虫歯の原因が頭の堆積毒素の歯への集結だからです。➡ ➡正しく放置すれば移動して鼻水として排出されて自然治癒は完了します。➡ ➡不摂生で頭の毒素が増えてくると再度虫歯自然治癒後という古傷に頭の毒素は集まっていき再び痛みが発生します↓➡ ➡しかし最初の虫歯自然治癒と同じく正しく放置すると毒素は鼻水として排出されて再発も自然治癒します。➡ ➡ただ再発の場合は激痛が発生する可能性が高いので、普段から予防として頭の毒素を増やさない事が肝腎になります。

 

頭の毒素の排出作用が虫歯の原因ということですが、暴飲・暴食や怠惰。適していない食べものの摂取や不自然な物質の摂取が原因になりますが、2・3年前からその素材の名称は都合上、言明しない方針をホームページでは取っていますのであしからず。

 

断食・小食・好転反応

 

続いて断食・小食・好転反応について正確に記載がありました。以下に引用します。

 

断食や小食を推奨しているのは、山本さんのホームページにある内容と全く同じです。 

私は、これらの方々の本を何冊も読んだりネットで情報を取り入れたりして、子供たちの食生活を改善すると同時に、私自身も健康になりたいと、断食や小食を始めてみたんです。 

食事内容を変えた事で、子供たちの喘息やアトピーが段々と軽くなり、今はもう全然症状が出なくなりました。 

血液が少しずつ綺麗になったのだと思います。 

私の方も、食事内容を気をつけると共に、石原結實先生がオススメしている紅茶の飲み物にすった生姜を入れて一日何杯か飲む習慣と、3食食べていた食事を、朝食や昼食を抜きにしたりして1日2食か1食、たまに1日断食などをしてみたりして、とにかく今までに体内に溜まった毒素を排出、デトックスする事を意識して改善をしていきました。 

あとは、適度な運動をと、毎日ウォーキングも始めました。 

そんな生活が何週間か経ち…。

まず、体重が減ってきてどんどん痩せました。 

久しぶりに私を見た両親が、何か病気なんじゃないかと心配するくらい痩せたのですが、小食、デトックスをしているので私の中ではどんどん毒素が身体から出て行っているのだと嬉しい実感があった頃です。 

それから更にしばらくした頃に、今度は本格的な好転反応が出始めました。 

独身の頃からなかなか治らなかった左足の指に水虫があったのですが、すごくジュクジュクと痒い汁が出たしたり、元々ニキビ顔だったのですが、顔全体から首筋にかけてバーっと吹き出物が酷くなりなりました。 

 

私の検証

まず断食と少食の効果が明記されていますが、ともに消化器官の負担がなくなるか、すくなくなるので、余力を生じた体は燃焼と排泄機能が活発になるために、日頃出切らない体の深部にある堆積毒素は排出されるようになります。➡ ➡通常の断食は毒素の溶解が進むにつれて水が欲しくなります。水で堆積毒素を溶解するからです。➡ ➡断食に匹敵する毒素の溶解~移動~排出の効果が期待できる発熱は発熱で毒素は溶解されます。該当記事ですでに言っていますが、洗濯屋さんでは40度のお湯で洗濯するのが一番汚れが落ちるそうです。36・44度でもない。あるいはそれ以上でもない。人の高熱って38度以上が該当するそうです。➡ ➡ということは人の高熱はもっとも毒素が溶解されやすいという理屈になる。➡ ➡胆摘にいえば発熱で毒素は溶解されると言う事です。➡ ➡懐疑的な人にはこう説明しましょう。熔解された毒素は痰・下痢・熱尿・鼻水・寝汗等で排出されます。すべて堆積毒素が汚物として姿を現したものです。➡ ➡発熱による毒素の熔解のときは断食に比較して熱+水での溶解からの排出になります。通常の水を多飲する断食の場合は、毒素の熔解が進んでくると発熱は平熱しかでません。発熱なしの水のみの毒素の熔解ということです。➡ ➡好転反応について詳しく記載がありましたが、毒素の熔解~移動~排出時には好転反応がだいたい発生します。断食も発熱も当てはまります。発熱の代表選手の風邪を思い出してみると理解できます。断食の場合の好転反応は嘔吐感が説明しやすいですが、例外として好転反応に本人が分からないのか、あるいは好転反応が出ないものもあるのかもしれません。実際私はそれも体験しています。

 

毒素という汚物の熔解~移動~排出時には苦痛が発生するということです。

 

日時:2021年7月18日 AM 10:13
私以外の虫歯自然治癒に成功された方

2021/07/09㈰に虫歯自然治癒に成功された方からの、待望のメールの紹介をいたします。前の記事で言ったように私の30年以上の10数回の虫歯自然治癒にいずれも成功した体験と理論を、これでもか。これでもか。と13年も入力し続けても、現実の厳しさというか、無名の悲しさというか、専門家の肩書を持たない者の弱みというか、人は懐疑的な目で見る人が多いのでしょう。これが泣き言+本音です。

最初に

しかし私意外の人が虫歯自然治癒したとなれば、無視はできません。力づくで権力にものを言わして押さえつけようとするなら、それはただの卑怯者のやる事です。それはともかくまず2021/07/09㈰に頂いたメールはすでに前の記事で紹介しているので。2021/07/10㈰に頂いたメールの紹介に入ります。例によって以下に緑色で引用させていただきます。

私の体験談を必要として下さり、とても嬉しいです。 

私がこのような考えを持っている事を知っているのは両親や妹だけなので、思いを共有できる事は何より嬉しいです。 

何回かに分けて作成すると伝えたい事が纏まらないので、頑張って作成しました。 

それでは、宜しくお願い致します。 

私には、今、高校生の息子と小学生の娘がいます。 

小さい時から、息子は鼻炎と喘息持ち、娘はアトピー性皮膚炎と花粉症がありました。私も主人も花粉症があり、家族みんなアレルギー体質なんです。 

息子が小学4年生の時、実家でお正月の集まりがあり、その時に出されたイクラのお寿司を初めて食べた時にアナフィラキシーを起こしました。 

幸い、血圧が低下するほどの危険な状態にはならず軽めのアナフィラキシーでしたので良かったのですが、この時に、普段何気にある食べ物でも死を覚悟するような恐ろしい出来事が起こるのだと知り怖くなり、これをきっかけに、アレルギー体質の事を色々と調べ始めてみたんです。 

息子は普段から鼻炎の薬を継続的に飲んでいたので、症状を薬で抑えるのではなく、食生活からアレルギー体質を改善しなければと、本やネットで色々と調べました。 

それで見つけた方々が、断食や小食を推奨する、石原結實先生、南雲吉則先生、船瀬俊介さん、石原結實先生から指導を受けた末期肝臓癌のムラキテルミさん。 

ルイジ  コルナロの無病法という本などでした。

 

断食や小食を推奨しているのは、山本さんのホームページにある内容と全く同じです。 

私は、これらの方々の本を何冊も読んだりネットで情報を取り入れたりして、子供たちの食生活を改善すると同時に、私自身も健康になりたいと、断食や小食を始めてみたんです。 

食事内容を変えた事で、子供たちの喘息やアトピーが段々と軽くなり、今はもう全然症状が出なくなりました。 

血液が少しずつ綺麗になったのだと思います。 

私の方も、食事内容を気をつけると共に、石原結實先生がオススメしている紅茶の飲み物にすった生姜を入れて一日何杯か飲む習慣と、3食食べていた食事を、朝食や昼食を抜きにしたりして1日2食か1食、たまに1日断食などをしてみたりして、とにかく今までに体内に溜まった毒素を排出、デトックスする事を意識して改善をしていきました。 

あとは、適度な運動をと、毎日ウォーキングも始めました。 

そんな生活が何週間か経ち…。

まず、体重が減ってきてどんどん痩せました。 

久しぶりに私を見た両親が、何か病気なんじゃないかと心配するくらい痩せたのですが、小食、デトックスをしているので私の中ではどんどん毒素が身体から出て行っているのだと嬉しい実感があった頃です。 

それから更にしばらくした頃に、今度は本格的な好転反応が出始めました。 

独身の頃からなかなか治らなかった左足の指に水虫があったのですが、すごくジュクジュクと痒い汁が出たしたり、元々ニキビ顔だったのですが、顔全体から首筋にかけてバーっと吹き出物が酷くなりなりました。 

あとは、女性の使う生理用ナプキンの陰部への経皮毒も良くないと知り、紙ナプキンをやめて布ナプキンに替えたら、陰部からもジュクジュクとした痒みを伴う汁が何ヶ月も出続けました。 

頭皮にも背中にも湿疹や痒み、とにかくあちこちからのデトックスが凄かったんですね。 

これも良い兆候だと調べて分かっていましたので、辛い時期でしたが放置して耐えて出し続けました。 

その頃なんです、虫歯も始まってしまいました。 

実は、私は生まれつき歯の質が良かったのか、その時までずっと虫歯がありませんでした。 

歯並びが悪く、学生の時に矯正治療をしていた時がありましたが、それ以外は歯医者には一度も行った事がなかったんです。 

 

子供からもらった、お菓子のハイチュウという粘着力のあるグミを食べていた時に、左下の一番奥歯の歯が欠けて取れてしまったんですね。 

ビックリしました。

虫歯を経験した事がなかったので、鏡で見たら、その奥歯の中のエナメル質が虫歯で真っ黒だったんです…。 

でも、今まで子供たちは歯医者には連れて行っていましたが私は受けた事がないので、歯医者に行くのも怖く嫌だったし、どうしたらいいものかとネットであちこち見ていたら、偶然に山本さんのホームページにたどり着いたんです。

 

虫歯が自然放置で治る??

 

歯医者に行かなくても大丈夫なの??

 

歯医者に行きたくなかった私にとって、山本さんのホームページはすごく惹きつけられ、その時からです、ずっと拝読させて頂いているのは。

 

そして、山本さんも石原結實先生や他の本を出版されている方々と同じように、断食や小食を推奨されている偶然にビックリし、全てが虫歯ができる原因と繋がって、なるほど〜!と納得して嬉しくなりました。・・

他の本を出版されている方々は虫歯に関しては何も書かれていなかったのですが、その時すでに好転反応で私の身体もデトックスが始まっていたので、今までなかった虫歯がいきなり出てきたのも頭部のデトックスのせいだったんだ!と、山本さんから勉強をさせて頂きました。 

ホームページの内容も、なるほどなるほど〜!と、既にデトックスを実感している私にとっては何の疑いもなく、全ての内容が素直に吸収されたんです。 

歯が欠けてから、そのあと段々と虫歯が痛み始めました。 

虫歯の痛みは辛く、初めてだったので不安でしたが、山本さんのホームページを頼りにそのまま頑張って耐えて放置していたんです。

 

せっかくデトックスをしてくれているので、余計な毒を更に体内に入れたくないと食べる物も少なくし、生姜も沢山取り入れて意識して毒をどんどん排出しました。 

夜も歯が疼いて痛くて眠れなくなりました。

 

でも、確か、耐えて次の日くらいには痛みが少し楽になったような記憶はあります。

 

山本さんの仰る、歯茎が腫れたり頬が腫れたりの状態は全然なかったので、もしかしたら他の身体の場所から先にデトックスが始まっていたので、頭部への負担は虫歯の痛みだけで済んだのかな?と。

 

あとは、鼻水!

確かにその後ありました。

 

不思議ですね〜

左下の奥歯の虫歯だったからなのか、左の鼻の穴からしか鼻水が出ませんでした。

 

でも、鼻水は確かにしばらく出ました。

 

そのまま放置していたら、いつの間にか痛みも全然なくなったんです。 

あとこれは、虫歯の前か後だったか記憶が曖昧なのですが、歯茎のあちこちからも出血が始まって、何もしていないのに血が溢れ出てきて、歯槽膿漏のようなものでしょうか。 

歯茎が赤黒く腫れていました。 

痛くても歯茎を歯ブラシでマッサージして瘀血を出すと良いと何かで聞いていたので、これもデトックスだと気にせずに、どんどん出血させてマッサージしました。 

虫歯と同じ、歯茎の出血も頭部のデトックスですよね。 

 

その虫歯は、痛みが一旦なくなった後何ヶ月かした時に、一度ほど、また少し頭部の毒が溜まってきてしまったのか痛くてズキズキと疼いた時がありましたが、それもそのまま放置で対処し全然問題はありませんでした。 

 

2016年に虫歯になり、今日までの間に何回かその虫歯も脆くなって欠けたりして今は歯も3分の1ぐらいしか残っていませんが、根元もまだありますし、虫歯の部分の食べカスを丁寧にブラッシングに時間はかかりますが、デトックス最中の虫歯の強烈な独特のクサイ口の臭いも今は全然なくなり、血液が綺麗になってきたんだなと実感しています。 

 

それから何年か経った今は、虫歯の痛みも全然ありません。 

放置でも全然問題ありませんでした。

ただやはり、山本さんの仰る、正しい放置の仕方をしないと治らないのは私も自分で経験して良く分かりました。

 

身体は本能的に、体内から悪い毒素を排出しよう排出しようとしてくれるので、デトックス症状が出ている時に側からまた食べ物をどんどん取り入れて血液を汚してしまっては、出しては入り、出しては入りの繰り返しで一向にあらゆる好転反応の症状も改善しないと思います。

 

排出の為に、まずは取り入れる物の制限をしなくては無限のループに陥るだけだと思うので、虫歯の自然治癒の成功も、それが鍵であると感じます。

 

瘀血になる原因をきちんと理解し、その根本から気をつけて正しく放置しないと虫歯の自然治癒もなかなか上手くいかないという山本さんの仰る事は、私も強く賛成です。

 

自分自身で体験した事なので、一番理解できます。

 

 

なかなか、これを実体験していない人が文面だけを見て理解しようとしても受け入れ難いという気持ちは分かります。

 

ただ単に虫歯を放置する、だけと捉えると色々な不安が残りなかなか実践をするのにも勇気がいると思いますが、何故虫歯が出来るのか、何故痛みを伴うのか、その原因や理由をきちんと理解してから放置を覚悟すると、あ〜この痛みは今頑張って身体が毒素を排出してくれているのだと、いくらか安心して自然放置が出来るのではないのかなと私は思います。

 

 

デトックスしたお陰で毎年冬に辛かった手のシモヤケも出なくなり、水虫も完治、顔のニキビとも無縁になり、陰部の痒みの汁も出し切ってからはもう何ともありません。

 

子供の頃から辛かった花粉症も年々症状が楽になってきて、あと2年くらいしたらなくなるのかなと感じています。

 

1日3回こまめに歯ブラシをして、虫歯も、幸いその奥歯の一箇所だけで他には出ていません。

 

歯茎の出血も全然出なくなり、引き締まって健康的になりました。

 

あんなに辛かった好転反応のあちこちの症状は、体内の毒が排出され切るとパッタリと治りました。

 

身体の嫌な症状や病気は全て瘀血が原因であると石原結實先生を始め他の本を出版されている方々も仰っていますし、虫歯も、瘀血を改善すれば歯医者になんて行かなくても自分の身体がきちんと治してくれる事を私は実体験したので、山本さんの伝えたい全ての事を私は自信を持って誰かに伝えられます。

以上が虫歯自然治癒に成功された方の貴重なメールとなります。次回製作予定の「私以外の虫歯自然治癒に成功された方の検証」で私なりの検証を行っていきます。

日時:2021年7月14日 AM 07:14
虫歯自然治癒の理論が確定する条件

前々から虫歯自然治癒の理論が確定されるには、大筋の理論を専門家の肩書を持たない私や、他の虫歯自然治癒に挑戦されて成功した人。失敗はしたが挑戦された人。総力を挙げて取り組まなければならない。

始めに

それには虫歯自然治癒に成功する人が、これから幾人もでなければならない。そんな中2021/07/10日こんなメールを頂いた。そしてこう思った。・・・虫歯自然治癒することが確定されるのは時間の問題。・・・まず頂いたメールを以下に緑色により出させていただきます。

初めまして。  何年か前に虫歯に苦しみ色々と調べていた時に、こちらのホームページにたどり着き、以降、ずっと拝読させて頂い

ています。?歳の主婦です。実は、私も虫歯の自然治癒に成功しています。以前から体験談としてそちらにお知らせしようか迷ってい

ましたが、なかなか自然治癒の成功者談が増えないようですので、私の体験談も宜しればと思いご連絡しました。

 

 こうありました。今後は頂いたメール主体に記事は連載していく方針です。主観的な感想ですが、いくら私が20年以上10数回の虫歯自然治癒体験を繰り返して、理論を確立しても現実はきびしいのです。悪く言うとこう思われるのです。

なるほどよくできている。しかし13年も作成に費やし、虫歯自然治癒体験も30年以上の10数回に及ぶといっても証拠がない。➡ ➡ 証拠のないものは信用できない。それを覆すものが専門家の肩書である。その肩書もない。そんなもの信用できない。しかしよくできているので 一応、眼は通しておこう。

こんな感じかな? これを覆せるのが私意外の虫歯自然治癒体験をされた方の情報です。私の虫歯自然治癒情報。他の人の虫歯自然治癒情報。これがそろうとどうなるか?  それでも簡単ではないでしょう。

虫歯自然治癒は絶対に出来ない。・・風邪は万病のもと。・・病気は早期発見の早期治療。・・病気は手遅れにならないうちに早期対策。・・私に言わせればどれも首をひねります。・・

と閉めましたが、次回作成予定の「私意外の虫歯自然治癒に成功された方」で頂いたメールの内容は繊細にしていきます。

 

日時:2021年7月11日 PM 05:55
虫歯自然治癒と言う毒だし

今回はタイトル通りの内容である。ここのホームページを詳しく見ておられる人にとっては・・またそれか。・・という感じかな。しかし13年、製作し続けている虫歯自然治癒のこのホームページが何が言いたいか。一言で言ってみろ。と仮に問われたら、・・「虫歯自然治癒と言う毒だし」も面白い。

最初に

勿論一言で表現するとしたらふさわしいものは他にもある。「虫歯自然治癒で排出される鼻水」・「苦痛とセットである虫歯自然治癒」まだまだ作成できるが、キーワードはいくつもある。 鼻水・自然治癒・苦痛と痛み・虫歯の苦痛と自然治癒。きりがないが虫歯の自然治癒を呼び込むには苦痛を我慢することが、条件であることが分かる。

最初に2

虫歯自然治癒の行程は痛みという苦痛を乗り超えなければならない。これをいろんな角度から手を変え品を変えて表現しているわけである。13年も。一刻も早く。・・もうそれはいいよ。誰だって知っている事だから。珍しくも何ともないですよ。・・という時が来ることを期待している。というより私の本心は・・遅いな。遅いな。まだかなというのが本当のところである。

  1. 最初に2で初っ端にこう言っている。・・虫歯自然治癒の行程は痛みという苦痛を乗り超えなければならない。・・ある意味で確信といえる。虫歯自然治癒が毒だしとはどういう意味かここが解明できれば説明できる。
  2. だいたい一般常識と異なっている。異なっている点は二つある。まず虫歯は自然治癒しないのに、ここのホームページでは自然治癒すると断定している。もう一つは虫歯自然治癒は毒だしの工程と言っている。➡ ➡虫歯自然治癒の最後の工程は鼻水という頭の毒素が排出されて自然治癒に至るらしい。➡ ➡その工程は超大事なので、再びここに引用してみよう。最近は引用がやたら多いが超大事な工程なので。・・

再び虫歯自然治癒の行程

  1. 虫歯自然治癒の行程は延髄部及び後頭部の毒素の排出の工程である。➡ ➡毒素が排出の工程で歯に無数の穿孔を開けて頬の外に移動する。➡ ➡移動毒素は頬の外に一旦溜まる。➡ ➡最後の行程で毒素は鼻水として排出されて虫歯自然治癒は完全に終結する。・・・黒線の無数の穿孔に毒素が移動中に劇痛が発生するわけである。勿論こんな凄い理論は私が考案したものではありません。残念なから私が生まれる前から理論はありました。
  2. 虫歯は頭の堆積毒素が溶解~移動~鼻水の排出として抜ける、排毒の工程ということです。

以上は2021/06/22㈰作成のブログ記事である「虫歯自然治癒の失敗」の中から引用したものです。傷みの発生の原因・虫歯自然治癒の行程の流れと胆摘に説明しています。じっくりと見ると虫歯自然治癒に正しく放置して成功した場合は、それが頭の毒素の移動~の排出でその毒素が姿を変えたものが鼻水であることが分かります。

まさしく虫歯自然治癒という毒だしです。これでここの記事は終了する予定ですが、待て待てもう少し続けることにします。・・

少し考えてみてみてください。ここのホームページでは虫歯は正しく放置して痛みを乗り超えると自然治癒すると言っている。➡ ➡作成者当人は虫歯自然治癒の体験が30年に及び、しかもその回数は10数回に及び100%自然治癒しているらしい。➡ ➡しかもその工程はすべて同じ工程をたどるらしい。➡ ➡そして最後は鼻水の排出で虫歯は自然治癒するらしい。➡ ➡しかもここのホームページの作成者以外にも虫歯自然治癒した人は数はすくないまでも出てきている。➡ ➡その人たちの虫歯自然治癒工程も載っている。➡ ➡どうも鼻水の排出が虫歯自然治癒の根源というかキーワードになっているようだ。

と言うことは鼻水という頭の毒素が眼に見えて排出している。そして自然治癒している。それが現実にあった話ならどういうことなんだ。虫歯は絶対に自然治癒しないという常識は本当に本当に正しいのか? 

もう一つ考えさせられる事がある。風邪も鼻水の排出が起きる、いわゆる鼻風邪があるが、これも何もしなくても短い・長いの差はあるが自然治癒する。➡ ➡だいたい微熱が発生している時は体の動きが切れるが、この人はそれを微熱による体内毒素の溶解がもたらす血液循環の良さがもたらす好調と言っている。➡ ➡それが高熱の場合は毒素の溶解が激しすぎて動けなくてきついらしい。・・

風邪を放置してこじらしたらどうなるんだ。風邪は万病のもとじゃないか? こう仮に問われるとその解答もすでに該当記事で言っている。➡ ➡風邪をこじらすとは二つの展開がある。変な表現だが、正しくこじらす展開が一つ。もう一つは間違ったやり方でこじらすのが、もう一つ。➡ ➡風邪で最初に痰にしろ熱尿にしろ毒素がでる。発熱しているわけだ。発熱で毒素が溶解されるのだから。毒素が出たのだから以前より健康になったわけだ。身体も踏ん張って、・・よーし。頑張って、もっと毒素を出すか。苦しいけど我慢してくれよ。別の個所の毒素をだすから。➡ ➡この辺の表現は少し難しい。次はもう一つのこじらすにいきます。今度は先に言った間違ったやり方でこじらす。これを説明します。

 

風邪は正しくこじらせよう。

最後に

次に間違った風邪のこじらせ方いきます。意味は風邪自然治癒の逆になります。自然治癒の逆ですから、風邪不自然進行。とでも言ったらよいのかな。これでは具体性が欠けているので、別でいくと。風邪って発熱します。~発熱で毒素が溶解してから移動~排出される工程でした。~ 毒素が排出されるので風邪っていい奴です。人間にたとえると要領の悪い人の好い正直者というたとえがあてはまるので、何回か他でも使っています この辺から入りましょう。・・

風邪は発熱します。その工程は上の最後にで説明しました。引き始めにある程度の毒素が出ます。毒素って痰が分かり易いかな。・・・イーヤ。 そんなことはない。痰は綺麗なものだから毒素なんかじゃない。身体に滞留してあったほうがよい。という人は、この記事は見なかったほうがよいでしょう。ドンドン毒素は出た方がよいのです。ドンドン毒素が出るのでこじれてしまうように見えるだけです。・・錯覚ですね。毒素が出る時に苦痛が起きます。虫歯はご存知。傷み及び激痛。風邪は痛みはないのかな? その代わり疲労やだるさや熱でうなされる。ってところです。

虫歯は鼻水の排出で自然治癒するし、風邪は患部が虫歯に比較して広域なために、鼻水もあるし、痰もあるし、下痢もあるし、熱尿もあるし、寝汗もあるというのが今回の解答になります。

虫歯自然治癒という毒だしでした。

日時:2021年7月7日 PM 11:15

PAGE TOP