「虫歯は自然に治る」の2020年12月の記事

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」のブログを月別にご覧いただけます

「虫歯は自然に治る」の記事を月ごとにご紹介

首から上の病気に与える鼻水の排出の効果

このタイトルは前の「鼻風邪の鼻水の排出後に虫歯は出来るか?」の文頭で取り上げたタイトルです。そこでは、このタイトルでも同じことだ。みたいな意味で言いましたが、そこで今回ここに持ってくることにしました。 一見何のことか意味不明に感じる人も多いかもしれませんが、核心に迫る意味が強いと信じています。

最初に

私のホームページを繰り返し見ている人なら理解できるでしょうけど、病気とは毒だしというか、体内毒素「老廃物」排出時の苦痛です。該当毒素が虫歯では・・鼻水・・風邪では・・鼻水や痰や下痢や熱尿・・私の過去に患って三年半かかって正しく放置して自然治癒した病名の分からない、言いましたね。私は病気では病院に行かないので、虫歯や風邪位は自分で分かりますが、他の病気については病名は分かりません。角度を変えて言うと病名にこだわってもしょうがありませんね。病気は発熱すること。断食はすべての体の病気に効果があること。ということは根源が同じだからです。

鼻水とは何か?

  1. 虫歯は自然治癒の最後は鼻水の排出で自然治癒します。私のこのホームページで最も自信があり確信をついているところです。風邪も鼻水の排出で自然治癒する種類もあります。・・
  2. 鼻水とは何かというところですが、今。急いで調べてみると、意外な事に明確というより、いずれも今一つという感じでした。具体性に乏しい。仕方ないので、奥の手を使うことにしました。私の教科書の引用です。過去のブログ記事で鼻水の正体は明確にしているのですが、215個作成している記事から探すのも時間を取るので、現時点で覚えている内容からここに出します。
  3. 明確な文章は違いますけど、内容は・・・後頭部・延髄か延髄付近の毒素・・・であったはずです。

  4. それを私のホームページでは、あまり出さずに・・頭の毒素。頭の毒素。・・と若干手抜きというか、完全に明確にせず、表してきたわけです。しかしここまで、記事を出し続けてくると、それにも限界があり、こうして明確にしたわけです。というより明確にせざるを得ないというのが、本当のところですか。
  5. 鼻水「毒素」が出る。➡ ➡ 後頭部・延髄か延髄付近の毒素が出る ➡ ➡ 毒素が出るのですから、周囲の関連器官は健康になる。➡ ➡ その作業が虫歯自然治癒や鼻風邪自然治癒である。➡ ➡ 他にもあるのであろうか、何せこの方面はくわしくない。➡ ➡と言いながら幾つかだします。 ➡ ➡ 不眠症・「大事な会議の頭の冴えさせ方」でだした冴えない頭の改善・神経衰弱。これらの不調には確実に効果があると思います。
  6. なにせ頭の毒素という原因が軽減しているのですから。重複になりますが、鼻風邪で排出される鼻水と、虫歯自然治癒の最終の行程で排出される鼻水は決定的な違いがあります。少し先を進み過ぎているかもしれません。どこかというと、虫歯が鼻水の排出で自然治癒と決め付けているところです。
  7. それはともかく鼻水=後頭部か延髄付近の毒素。 という定義を応用するとこうなります。まず虫歯から。

虫歯

  1. 後頭部か延髄付近の毒素が移動して虫歯となる歯に集結して歯に無数の穿孔を開け、穿孔を移動して頬の外に出る。通過時に劇痛が起きるわけだ。
  2. 頬の外という延髄部分から出口に近いとこに毒素は移動して排出の待機をしているわけだが、鼻の穴という排出口にちかいために、嚏「くしゃみ」という余計なポンブ作用の力はいらないために、鼻水はスムーズというか、静かに排出する。➡ ➡ これだけは体験してみないとわかりません。私一人の体験というか、心細さはあります。しかし20年間で10数回の全く同じ鼻水排出での虫歯自然治癒を体験したというゆるぎない自信もあります。

鼻風邪

  1. 鼻風も虫歯も自然治癒は鼻水の排出で終了します。嫌。違ったかな? 虫歯はともかく鼻水の排出のみで自然治癒います。鼻風邪は違うかもしれません。他に痰の排出等もあるのかもしれません。あるとしたら、虫歯に比べ病域が広域ということです。延髄付近の毒素は鼻水で出るほうが適しているでしょうけど、肺付近の溶解毒素は肺に入っていて痰として排出したほうがよいということです。
  2. ここに説明する鼻風邪は、鼻水の排出のみで自然治癒したとしましょう。この場合は虫歯自然治癒と異なり鼻水の排出に嚏を伴ないます。
  3. 鼻風邪の毒素の排出の方法 ➡ ➡ 延髄付近という頭の深部にある毒素を排出する方法が必要 ➡ ➡ 嚏「くしやみ」というポンブ作用が必要。 
  4.  虫歯自然治癒の毒素の排出の方法 ➡ ➡ 延髄付近の毒素が歯の無数の穿孔を通過して頬の外まで移動して停滞しているので、嚏「くしゃみ」という余計なポンブ作用の手助けは必要ない。
  5. これが虫歯自然治癒と鼻風邪で排出される鼻水の決定的な違いです。両方の鼻水の成分に違いがあるのかまでは、どうでしょうか?よく分かりませんが二次的な問題でしょう。・・

鼻水の排出で治る不眠症

今回のタイトルである「首から上の病気に与える鼻水の排出の効果」にドンピシャリの題材を以前作成していました。これです。2018/12/20日に作成した「虫歯と不眠症」。少しここに緑文字で引用してみます。

この原因は全く一種の脳貧血であって、延髄部に固結が出来、それが血管を圧迫し、脳貧血を起させ、睡眠不能となるのであるが、この固結は右側の方が多く、左側は少ないもので、これを溶かす事によって治るのである。

こうあります。水虫や坐骨神経痛では不眠症にはなりません。延髄部の固結が血管を圧迫して不眠症になるのです。➡ ➡ ということは延髄部の固結を溶解すれば血管への圧迫は取れて血流は回復して不眠症は治る。 ➡ ➡ 先に言っているように鼻水の正体は後頭部及び延髄部の毒素の溶解した液体である。➡ ➡ 。・・➡ ➡ 今回のタイトルの「首から上の病気に与える鼻水の排出の効果」の解答がこれである。ということは鼻水が出れば不眠症は治癒する。➡ ➡ 不眠症は延髄部の固結が原因ということは、典型的な・・首から上の病気である

最後に上の緑色で出した「虫歯と不眠症」から再び引用して以下に緑色でだして今回のタイトルの結論とします。

不眠症のとこで延髄部の固結が原因とありましたかが、この固結は溶解され鼻水として排出されるわけです。微熱状態で鼻水が出るのですから、風邪を引けばよいわけです。言い換えれば風邪は体内の掃除なわけです。問題は不健康な人は血液循環が悪いため、風邪はなかなかひきません。体内毒素が排出されないわけです

2020年12月25日
鼻風邪の鼻水の排出後に虫歯は出来るか?

鼻風邪の鼻水の排出後に虫歯は起きるか? とタイトルを持ってきましたが、「鼻風邪と虫歯は同時に発生する事はあるか?」でもよいし、「鼻風邪で出る鼻水と虫歯自然治癒で出る鼻水の成分は異なっているのか?」でもよいし、逆に「虫歯自然治癒後に鼻風邪で鼻水の排出は起きるか・?」でもよいし、「鼻風邪自然治癒は嚏は起きるのに虫歯自然治癒は嚏が起きない訳は?」でもよいし、「首から上の病気に与える鼻水の排出の効果」でもよいわけです。考えれば私の頭でもこの5倍位は出てくるでしょう。

最初に

以前に鼻水関連のブログ記事をどのくらい作っているか調べてみました。 2/17㈰作成 「虫歯自然治癒の鼻水の招く難問」 ➡ ➡2020/1/23日作成 「虫歯 鼻水 治る」を検証すると ➡ ➡  2019/12/24日作成 「虫歯 鼻水 治る」➡ ➡ 2018/6/8日作成 「虫歯と鼻水」➡ ➡ 2017/8/29日作成 「断食で鼻水の排出は起きないか?」 ➡ ➡ 2017/4/25日作成 「鼻水の排出で治癒する鼻水の正体」 とこれだけあります。初めて私のホームページわ見る人はこう思うかもしれません。・・・何だ。虫歯は鼻水の排出で自然治癒すると決め付けているな。そこはともかく進めていきます。・・

鼻風邪の鼻水の排出後に虫歯は出来るか?

  1. なぜこういう表題にしたのかから、説明しましょう。虫歯の自然治癒は最終の行程が鼻水が出て完結するわけです。頭の毒素が移動して、毒素が鼻水として正体を現して自然治癒は終わるわけです。
  2. 鼻風邪の正式な定義は専門家の肩書を持たない私では、分かりませんが、まあ、風邪の軽い奴で、微熱が出て鼻水が出て、そのうちに治るという解釈が、私に限らず一般の人も多いと思います。
  3. 鼻風邪で鼻水が排出して時間の経過と共に鼻風邪は収まった。 ➡ ➡ 頭の毒素は鼻水として排出されて軽減した。➡ ➡ 虫歯自然治癒は鼻水の排出で自然治癒するが、虫歯の原因の頭の毒素が不足している鼻風邪自然治癒の後では、虫歯は出来ないというのが私の考えです。
  4. なにしろ体験していない理論上だけの考えなので100%の自信はありません。もしかしたら、鼻風邪で鼻水が出て自然治癒した後に虫歯が出来たなんて事がないとも言えません。理論はともかく経験していないので。頭の毒素が多すぎて一旦鼻風邪自然治癒した後に次は虫歯によって頭の毒素が鼻水として排出して頭の毒素が再び軽減したなんて展開も100%の否定は出来ません。そうなった場合は今度は最初は毒素は鼻風邪により出たのに、時間もそれほど経過していないのに今度は虫歯により鼻水として毒素はでたのか? という素朴な疑問が出てきますが、私の頭脳ではそれは分かりません。というより、それは後回しにして虫歯が鼻水の排出後に自然治癒するという事実を多くの人が認識するほうが先で優先するべきでしょう。

2020年12月18日
化膿を喜ぶ「正体を知る」・後編

2020/08/24日作成の「化膿を喜ぶ」の後編である。なかなか新メニューが決まらないので、過去の記事の後編を作ることにした。化膿を喜ぶ人は探すのに苦労するだろうから、一目を引く。これにしよう。私はというと、その探すのに苦労する人に該当しますけど。ここの記事も現代医学とは異なる内容となることを最初に言っておきます。

最初に

まず。前編からここを引用して持ってきます。次の緑文字です。 結論は膿の素材を摂取しないために、化膿はしないし、しても軽度ですむ。その場合でも発熱という自然治癒の技法で痰や膿の排出は行われる。自然治癒が発生するということだ。防御策は二重の強度のものとなっている。

  1. 緑文字は私のことですけど。別の表現もしてみましょう。分かり易くするために。化膿の膿は汚物です。➡ ➡ 体内毒素・老廃物という言い方を私のホームページではよく使用しています。これは傷口に毒素が集結してきたものです。集結してきた膿という毒素は次の段階で排出されます。ということは日頃から毒素の素材を極力とらないか。取っていて溜めている場合は、毒素をですよ。化膿して出せばよいのです。
  2. しかしこの方法では難題もあるのです。毒素の多い人は難しいかな。身体が化膿の苦痛に耐えられるか。自信のない人は通常の治し方で治してください。私は無理は言いません。私の場合は化膿の苦痛に耐えられると思いますので、化膿を喜ぶ。なんてタイトルを作成してさらに後編までここで作成することにしたのです。
  3. 私の場合は化膿の苦痛に耐えられると思います。
    1. 私の場合は化膿の苦痛に耐えられると思いますので、化膿を喜ぶ。なんて言いましたが、それが出来る根拠はふたつあります。以下に言います。
      1. 一つは化膿の膿の素材が大体分かるという事です。➡ ➡ それならその素材を取らなければよい。
      2. 二つ目は自分で健康診断ができるからです。➡ ➡ コリという血液中の毒素の集結したものの、場所とコリの硬さと広がり具合で分かります。➡ ➡ さらに新しく出来たコリでも古いコリでも、例のマーシー7で熔解できます。➡ ➡ コリが溶解出来ると、経略上の血流は見事に回復しますから、その後の外傷を負った場合に、毒素が軽減していますから、化膿はしません。というより化膿の規模はちいさくなります。さらに年に1回の断食で毒素を軽減というか、排出しています。今年2020年なんかコリに凝って、断食を4回の計65日行っています。さらには食事も気を付ける。発熱で体内毒素を溶解して喜んで出す。これが私が化膿を喜ぶ「正体を知る」の解答となります。

2020年12月14日
虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵がある。

虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵がある。ヘンテコなタイトルですが、大真面目です。当初は「虫歯や他の病気を大局的に考えると」でタイトルを決定していましたが、今一つ具体性が乏しいために、改めてこのタイトルに変更し直したわけです。

最初に

文頭のタイトルをさらに正確に言うと。「虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に自然治癒に至る解答がある。」これはどうだ。と考えましたが、虫歯自然治癒は私のホームページで相当説明しているし、盲腸の自然治癒は最近、私はある信用できる文献をもとに自然治癒出来ると知り、その記事を作りました。 しかし自分自身に盲腸を患った事もないし、当然なから自然治癒の経験もありません。 コロナももちろん同様に患った体験も、ましてや自然治癒した体験もありません。

最初に2

そのためやや弱気になり、というより主張の迫力を落としてタイトルの変更に至ったわけです。今思い付いたのですが、この虫歯自然治癒のホームページは体験を大変重要視しており、それに対して今回の盲腸とコロナの記事は体験がない。ということは理論だけで、作成していかなければならないという苦しい面もあるのです。

泣き言から入りましたが続けていきます・・

虫歯自然治癒の排出毒素は何か?

「虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵かある。」まず分かり易く説明してみます。排出毒素とは該当の病気を作成した素材の排出物です。ここのホームページでは虫歯の自然治癒の最後の工程で排出される毒素は鼻水である。と繰り返し繰り返し説明しています。➡ ➡ 分かり易いですね。鼻水として姿を現した毒物というか、汚物が出た。➡ ➡ 汚いものが出たからその汚物が原因で患わった病気は自然治癒した。それが虫歯であったというだけです。➡ ➡ 原因が改善されたから自然治癒した。私の得意のボクシングで説明すると、自分の適した構えに変えたので、ストレートパンチが伸びるように打てるようになった。こんな感じですか。少し分かりにくかったかな? 

虫歯自然治癒の排出物は鼻水ということです。

盲腸炎自然治癒の排出物は何か?

最初に

ここは神秘的な記事となります。盲腸炎自然治癒の排出物。言いかえると排出毒素ということですが、説明する前に壁があります。というより拒絶する人が多いでしょうから、その人たちの見解から入ります。まず盲腸が自然治癒するわけがないという定番みたいなこだわり。外人はどうか知りませんけど、日本人はこのこだわりに固執する人が多い感じを受けます。嫌違った。世界を見渡しても盲腸は自然治癒しないということになっているから、日本人も外人も治るわけがない。ここに固執しているんでしょう。私は盲腸炎自然治癒は体験していませんが、虫歯自然治癒は何回も体験しているのです。言っていないと思いますけど。虫歯自然治癒が出来るという情報はもともと盲腸炎自然治癒の文献の作成者の理論を信じている人から、教わったのです。「虫歯自然治癒体験記」からここに引用してみましょう。・・以下に緑色で引用します。

最初に2

厳密に言えば歯医者以外にはいかなくなった。こればかりはどうしようもないからだ。
最初に石風呂に言ってから9年程たったころ・・もうボクシングは辞めていたが
知り合いの人にその事を言うと、「虫歯と言う傷口に頭の毒素が集まってくるのだから、ほおっておけばよい。」と言う

この知り合いの人が、赤文字の盲腸炎自然治癒の文献の作成者の理論を信じている人 に当たるわけです。

  1. 当時に限らず今もですけど、虫歯が自然治癒できると言っている人は、私の知る限りでは私を入れて4人います。100%虫歯は自然治癒できると言っているわけです。
  2.  33年前最初の虫歯自然治癒に成功した。➡ ➡ そのきっかけは盲腸炎自然治癒の文献を作成した人の理論を信じている人であった。➡ ➡ 虫歯自然治癒に20年間で10数度も成功した私が、盲腸炎自然治癒も出来るに違いないと信じるのは、順当な気持ちの流れである。➡ ➡ 仮にあなたが私の立場であったら、信じる人もいようし、信じない人もいるかもしれない。➡ ➡ まあ。巨大な流れというか、定着した理論に反論するのは反発を受けますから、穏やかな生活を選択したい人は反論しないほうが、賢明かな?
  3. 本題の盲腸炎自然治癒で排出される毒素は少し前に製作した「虫歯自然治癒より見たい盲腸炎自然治癒の文献」の中ですでに解答しています。緑文字で次にここに引用します。
  4. 虫歯の自然治癒の最後は鼻水という毒素の排出でした。これが盲腸炎となると下痢という毒素の排出になるとあります。 共に毒素排出という工程で自然治癒の最後が締めくくられます。

盲腸炎自然治癒の排出毒素は下痢ということになります。 体験はありませんけど。

コロナの排出毒素は何か?

最初に

コロナの記事はけっこう作成しています。トップヘージの上のほうに「コロナと虫歯」・これを言ったら怒られるかな?」・「これを言ったら怒られるかな・後編?」。ブログ記事だけでも 11/21日作成 ➡ ➡「コロナが全く怖くない私は異常か?」8/12日作成 ➡ ➡ 「もう一度コロナでいきましょうか?」5/18日作成 ➡ ➡「コロナも断食で治せるのかな?」 4/27日作成 ➡ ➡ 「コロナの記事をもう少し」 とこれだけ作っています。

  1. ここのタイトルは・・何々の排出毒素に鍵がある。・・ですから考え方は虫歯や盲腸炎と同じになります。解答をすぐ言う私の癖で、虫歯の場合は排出毒素である鼻水の素材を取らなければよいのです。 盲腸炎の場合は下痢の素材を摂取しなければよいのです。 難しいのは体の中で作られる排出毒素もあることです。 
  2. となるとコロナの場合の排出毒素は何かを研究して、毒素作成の素材を取らないということが、答えになります。私は盲腸炎もコロナも作成毒素の素材を知っているので両方とも怖くないだけです。私みたいに信じ込むと極端になり、「コロナが全く恐ろしくない私は異常か?」なんて記事までつくってしまうのです。
  3. 一昨年から、病気の原因の体内毒素の素材は明記しない方針を取っているので、コロナを呼び込んだ毒素の素材は明記しない方針となります。ただそれではあまりに芸がないので、少しコロナの作成素材を突き詰めていきます。 まず該当記事で言っている酒の分解しきれないアルコールの毒素ではありません。これも言っていますが癌の作成素材でもありせん。 
  4. それなら何だ。と仮に問い詰められるとすると、これ以上のヒントは言えませんが、土から出来た素材ではないということは明言できます。土から出来た素材。➡ ➡ 野菜・米・果物・キノコ等ですから、自然界からの食材です。これが体に悪いわけがありません。 ということは、自然界にない食材というか、汚物は体で処理できないということになります。
  5. 青酸カリが人体で処理・分解できますか?できないから摂取して命を落とすのです。該当記事でも言っていますが、コロナの原因が、アルコールでもない。 癌の作成素材でもない。土から出来た素材でもないとすると、何なんだ。それは。という事になりますが、残念ながらそれは明記出来ません。毒素の作成素材の名称は具体的に明記しない方針を一昨年から取っているので。消化不良の最後になりましたが。

2020年12月12日
虫歯の痛みが教える病気の正体

虫歯は通常は痛みが発生します。ひょっとしたら痛みの起こらない虫歯というのもあるのかな? とも思いますが、私には分かりません。何せ歯の専門家ではないので。といっても該当記事では虫歯自然治癒の専門家とも言っているわけです。肩書にあまり振り回されない事ですね。

最初に

変な入り方になりましたが、ここでは虫歯に傷み及び劇痛が発生する場合で説明に入ります。虫歯は痛みが起きるのが、自然治癒の最大の障害となります。虫歯自然治癒を呼び込む手段は、たびたび言うように、正しく放置する。= 何もしない。 ということです。 ただ一つ私が行っているのは痛みを緩和するために、マーシー7というコリを取る健康器具の使用のみです。しかしこれも痛みが三分の一位か良くて半分位に軽減するだけで、痛みは完全には取ることはできません。ということは虫歯自然治癒は痛みを感じながら、実行していくということになります。 注・・マーシー7を販売している会社はすでにありません

真相はこの痛みというか、痛みの発生が虫歯自然治癒の条件なのです。最近私は虫歯になりませんけど、虫歯の痛みは正しく放置とはなにもしないことだから、痛みが発生します。嫌ですね。虫歯の痛みはけっこう痛いですし、最初にで取り上げた痛みを軽減する方法とは、虫歯の経絡上のコリをとることです。右・左と痛いほうの背中と腰の中間へんのかなり脇のほうにあるようです。経絡の事は詳しくないのですか、コリを取ることの重要性は地味ながら、コツコツと継続して行うと、効果はかなりのものです。こんな地味な記事。実は今日「2020/11/23日」作成する気は全くありませんでした。私の場合はコリ取り=コリ「血液中の毒素」を取るということになりますから、上で出したすでに販売されていないマーシー7を使用するわけです。 またまた地味な記事がもう少し続きますから、嫌な人は飛んでください。

心臓周辺のコリを取るとどうなる?

 マーシー7を使用してコリを取り続けて41年になるわけです。➡ ➡ 体内毒素排出の工程は2段階になっている事は該当記事で扱いました。➡ ➡ 日によって体の状態が1と2のどの段階にきているかで、マーシー7の効果はテキメンに異なります。➡ ➡ コリがグリグリグリと強烈に溶解してその部分の血管がコリの圧迫から解放され、血流が驚くほど改善されるのが分かるときもあります。➡ ➡ 私の経験では心臓への血流の回復。・・これは凄かったです。一気に心臓に血流が回復するのが分かりました。この時は心臓裏と心臓裏の左端のコリの溶解でした。「強いパンチを打つ秘密はこちら」のホームページにこのことは載せているつもりでしたが、今探してみると見つかりませんでした。・・そんな単純な方法で心臓がよくなるわけがない。・・こう考える人が多いでしょうけど、私からすれば・・なぜそんなに難しく複雑に難解に考えるのか?  逆に不思議です。

青文字のように考える根拠は人には自然治癒の力が備わっています。発熱で堆積毒素を溶解して、移動~排出に至る工程でした。この期間中に傷み等の苦痛が起きるので、この苦痛を停止する作業は自然治癒の働きを停止します。しかし苦痛はおさまります。あなたは発熱で堆積毒素の溶解~移動~排出の私からすれば正常な体の堆積毒素の排出の流れを促進するほうを選択しますか? それともその流れを停止して堆積毒素の停滞にこだわるほうを選択しますか?ということです。後者は苦痛が止まるので体が回復したと錯覚する毒蜘蛛の網と表現したら分かり易い、罠みたいな感じのものに惑わされるのも分からぬではありませんが。 好きな方を選択してください。

脂肪肝の脂肪というコリを取るとどうなる?

  1. 続いて肝臓のコリの溶解はというと、これも心臓へ流れるコリの溶解と比較すると、効果は互角かな? 両者強すぎて予想が難しいボクシングの試合みたいな感じです。これもすでに該当記事で入力していますが、肝臓に堆積している脂肪は、脂肪もあるかもしれませんが、コリなのです。 コリ=血液中の毒素の集結したもの  ですから、肝臓の背中側。いわゆる裏面にマーシー7というコリ取り器をあて続けると、老廃物排出の工程に体がどこに来ているかで、効果は異なりますが、説明しやすくするため、最も効果的な時に来ているとしましょう。
  2. もったいぶった言い方をしなくとも、発熱時ということですけど。少しはずれますが、脇の下で普通体温は計測しますが、発熱部分が脇から離れているところは、脇の下では計測できないこともあり、一概に計測体温を信じ切るというのも、問題があります。
  3. 話を戻して肝臓表面に堆積した脂肪「コリ+脂肪」をマーシー7を肝臓裏のこっている部分に当て続けると効果が出る時は、グリグリグリとこれまた心臓裏のコリを溶解した時と同様に、当人にとっては素晴らしいコリという悪党の溶解が始まります。➡ ➡コリがとれた部分。そこはコリという毒素でせき止められていた血流が一気に広範囲に始まります。➡ ➡ ど・ど・ど・ど・ど。こういう表現が適切かな?➡ ➡ 病気というか、体の不調部分は血液の流れが停滞していますから、一気にその部分の機能は回復するということです。➡ ➡ この現象を体感すると肝臓が与える影響が驚くほど広範囲ということがわかります。➡ ➡ まあ。それは先に説明した心臓もこの次に説明する腎臓も同じですけど。コリの溶解が与える影響は人によって異なると思います。私の場合は心臓・肝臓・腎臓と順位をつけるのは難しいですが、無理に決めろと仮に問われるとしたら、肝臓のコリの溶解かな。やはり酒を41年間毎日飲み続けていましたから。
  4. 嫌間違えていました。44歳から53歳の9年間は一滴も飲みません時期もありました。それでもまた飲みだすと肝機能は酒の影響で弱るのは健康な肝臓に比較するとはるかに速いです。あまり関係ありませんが、ついでに言っておきます。・・・

萎縮腎の原因のコリを取るとどうなる?

  1. なんだか記事のタイトルの「虫歯の痛みが教える病気の正体」からやや外れましたが、流れでそうなりました。このままいきます。次は・・萎縮腎の原因のコリを取るとどうなる?・・です。 これも先の心臓と肝臓と同様に健康指圧器具「コリ取り器」を使用して萎縮腎の原因の腎臓表面である腰に出来たコリを取ることで、萎縮腎臓は回復します。

  2. あ。やっと出てきました。虫歯との関連性!!  該当記事で挙げているように虫歯の原因は腎臓の弱体化でした。 すでに出していますが、必要上おさらいとして、再び出しときましょう。・・
  3. 適していない食べもの等で・・・食べものだけとは限定されませんが、・・その人に適していないものを摂取し続けると、血液が汚濁します。➡ ➡ 汚濁血液からコリが発生します。➡ ➡ 腰はよく使うので腰にはコリができやすい。➡ ➡ 腰に出来たコリが腎臓を圧迫する。➡ ➡圧迫によって腎臓が次第に委縮してくる。➡ ➡ 別の表現では腎臓機能が弱ってくる。➡ ➡ カルシウムは腎臓で作られるので、歯や骨が弱ってくるので虫歯や坐骨神経痛になりやすい。➡ ➡ もう一点ある。萎縮腎臓いわゆる腎臓の弱体化で出切らない残尿で血液は汚濁してくる。➡ ➡残尿の影響の病気というか、体の不調も出てくる。➡ ➡頭を循環する血液も汚濁しているので頭部に毒素が増える。➡ ➡ 虫歯の原因のカルシウム不足と頭の毒素の堆積量が増える。➡ ➡これが原因で頭の毒素が虫歯自然治癒の最終の行程として鼻水として排出されるわけです。そして虫歯自然治癒は無事に終了する。

この説明をなんだかんだ。12年かけてこのホームページで説明しているわけです。最近ではネタ不足となり、「虫歯自然治癒より見たい盲腸自然治癒の文献」や「コロナがまったく怖くない私は異常か?」や「大事な会議の頭の冴えさせ方」等で紹介しているわけです。この記事は最近製作したものではないですけど、「この二つの理論でかなりの事は解明できる」なんてのも製作しています。今の「この二つの・・・」と「虫歯自然治癒体験記」は仮に数多く製作している記事の中で仮に二つ、どれを特に薦めるか、言ってみろ。といわれでば、この二つになります。、まだまだありますけど、一見虫歯や虫歯自然治癒には関係ないような記事まで作っているわけです。・・実は関係はないように感じられてもあるのです。勿論大局的な意味ですけど。・・少しこの点も説明しておきます。・・

さて腎臓上の腰のコリを溶解するとどうなるかですが、これも心臓・肝臓と同様に例の健康指圧コリ取り器「マーシー7」を使用したと仮定して説明していきます。ここも心臓・肝臓と同じになりますが、体の老廃物排泄の行程がどこに来ているかで、効果は著しく異なります。殆んど効果がない時もあるということです。効果が出た場合で想定すると、腰のコリは心臓や肝臓と同じくグリ・グリ・グリ・グリと溶解していきます。➡ ➡腰のコリの圧迫から解放された腎臓はどう表現したらよいのかな?モコ・モコ・モコ・モコという感覚で委縮から解放されて、元の健全な腎臓に再現される。これが適切な表現ですか? ➡ ➡腎臓周辺の臓器も血流が回復するのですが、これは予想以上に回復します。➡ ➡特に腸や生殖器と言ったところですか。この辺の名称は詳しくないので、どことどれとは、表しにくいのですが。

少し上でこうあります。 ・・・ 実は関係はないように感じられてもあるのです。勿論大局的な意味ですけど。・・少しこの点も説明しておきます。・・については次の製作予定の「虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵がある」で説明していきます。

2020年12月 1日