虫歯自然治癒の理論で禿げは治るか?

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

虫歯自然治癒の理論で禿げは治るか?

今回は禿げについてである。タイトルは「虫歯自然治癒の理論で禿げは治るか」であるが正確に言うと「虫歯自然治癒の理論で禿げは治る」である。 今回も私の体験したことである。実際に2020 /04/26日の朝起きると、髪の毛がバッサリ薄くなっていた。「禿げていた」本日2020/05/19日に至っては朝起きるとそれは分からない。 とても禿げの形跡は見えない。

最初に

禿げ「薄毛」ほど人を老けさせて見えるものはない。テレビ・・動画等をみてもこの対策は非常に多い。私は禿げとの戦いに勝利した。と言ってもまだ20日程度しか発生から日が経過していないので油断はできない。私の癖で結論から先に言うことにします。 禿げは血液を浄化させれば正常な毛髪に戻ります。 ただし少しくらいの浄化では駄目です。「効果はありません」

最初に2

まだ対策に乗り出してから20日程度しか経過していないので、記事に出すには早すぎるのでは?とも考えたがすでに結果は出てしまった。間違いないようだ。何がって・・禿げ「薄毛は人為的努力で治る」という事実がだ。 よーし出してしまえ。というのが今の私の心境だ。

最初に3

2020/4/26日の朝おきると、突然薄毛と白髪か発生していたわけだが、まんざら突然というわけではない。ここ2・3年前からか?薄毛はなかったが、やけに白髪が増えてきた。 私は養毛剤は使わない。 鬘「かつら」や育毛も行わない。そういう方針なので、ほとんど毎日根気よく白髪を取り続けてきたという経緯がある。 今となって考えてみれば、これが今回の突然の薄毛の前段階であったわけだ。ようするに毛髪が弱ってきたわけである。

最初に4

そういうわけで、日頃から若返りの研究に取り組んでいる私は、今回の場合のような毛髪の衰えに対する対策も用意しておいた。まず原因をはっきりさせなければならない。一番の根源である。私が時々言っている、原因が分からないと治せないというか、結果は出ない。 車の故障・コンピューターの故障・ボクサーでいえばスタミナのない訳・パンチ力のない訳・パンチを避けられない訳・女性になぜ振られるか・病気を治せなくて怖がる訳・朝早く起きられない訳。数え上げればきりがない。ここからスタートしなければならない。 ここを間違えるとこの後迷走の悪戦苦闘となる。・・

薄毛の原因は何か?

すでにこれであろう。という目星はつけていた。 ここ1・2年前から薄毛が来る日を予想していたのかもしれない。これはすでに最初にで言っている。   私の癖で結論から先に言うことにします。 禿げは血液を浄化させれば正常な毛髪に戻ります。 ただし少しくらいの浄化では駄目です。「効果はありません」 

  1. 下線がすでに言っている部分であるが、これは私の長年のボクサー生活等で目星をつけていたものだ。 私の教科書である「1954年には定理されていた理論」ではどういっているのであろう。 最も私にとっては関心のあるところだ。調べてみた。こうあった。
  2. 「禿げは頭の毒素が原因で頭の毒素をとれば禿げは治りますよ。」 正直ヤッターと思った。 本心を言うと今までいろんな病気と言うか、体の不調に立ち向かってきた私であるが、禿げ「薄毛」だけはだめかもしれない。・・そういう気持ちも、かなりあった事は事実だ。 それが治るとある。 それも最も私が信頼する文献においてだ。 この時点が1年か2年位まえである。・・2019年か2018年位か? 

  3. この時点ではまだ禿げの前兆はなかったので、その時にそなえて対策を考え出したわけだ。実は対策はすぐ見つかった。というよりこれしかないと感じていた。 それを言うのは構成上もう少しあとにしよう。・・

皺「しわ」を改善した方法と同じ薄毛対策とは?

じつは10年程前「2010位か?]に太く長い皺を治した事があるのです。 私のもう一つのホームページ「虫歯は痛みを乗り越える事で自然治癒する」の中にそれはあります。ここです。

「虫歯は痛みを乗り越える事で自然治癒する」 ➡ 「虫歯と薄毛とシワの関連性はどこにあるか」 ➡ 「断食期間中は消える皺」の中にこうあります。 少しここに引用しましょう。 以下です。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓  

太く長いシワも断食中は消えますし、薄毛も太く立った状態になります。

断食期間中は消えるしわ断食でシワが消えた

最初のシワが消えた断食から一年後の断食期間の間に再びしわが出来た事になります。
この点は私の意思の弱さで、最初の断食と次の断食の間に
飲酒を中心にした食べ物の不摂生が原因でしわが再び出来たと考えられます。

ボクサー時代に比べて健康を増すことに対しての情熱が薄れているのでしょう。

薄毛・シワ・虫歯は元は髪・皮膚・歯ですから私が「筆者紹介」
「虫歯自然治癒の理論」のサブページ"「虫歯と癌等の重病との関連性」の項目
虫歯と癌等の重病との共通点と相違点、や同列の項目" 病気自然治癒で注意するところ"
で提唱しているように、病気を難しく考えない事と同一の理論が適応されます。

肝臓病も精神疾患も皮膚病も根本原因は同一という考えですから、
髪・皮膚・歯の不調というか病気も原因は同一という事になります。・・

  1. と入力しています。 この時の皺は顔に出来た皺ではなく鳩尾下に出来た、長さ25センチ位の結構太い血液に近い色の皺。これを消しているのです。10年経過した今でも消えています。 と言うことでこの事実が頭に浮かびました。 それから幾つか頭に浮かびました。何かというと?  以下に現します。

皺に絶大な効果があったのなら、薄毛「禿げ」にも効くのかも?

皺は皮膚の衰えだ。 薄毛も皮膚から生えている。 皮膚の強化 = 毛髪 の強化で同じとしてもよいのでは?

とどのつまり原因は血液の汚濁ということだ。自分は常日頃。各種の病気を区別して考えないとしている。 ということは水虫も精神病も便秘も根源は血液の汚濁である。こう考えているし、信じている。ならば皺と薄毛を区別して考えることはしなくともよい。皺を断食で治した体験があるということは、断食ほど手っ取り早い血液浄化法はない。血液が浄化したから、皺が消えたのだ。 なにも薄毛「禿げ」を特別に考える方が不自然だ。    よし「これで行こう。」こう考えました。 これしかありませんでした。 ということで、翌日04/27日から取り組んだのが、断食。 効果と即効性を考えるとこれしかない。 というわけで2020/04/27日から断食を始めたという経緯があります。・・・

 

 

断食による薄毛「禿げ」改善記

というわけでここから今回の薄毛対策の筆頭である断食による薄毛「禿げ」改善記にはいることにします。 ちなみにもちいた方法は断食のみではなく、「コリを取る」も使います。 少し説明しましよう。これは私のもう一つのホームページですでに説明していますが、私の健康対策は三つあり「断食・発熱する・コリを取る」なのです。 この中の断食とコリを取るを薄毛対策の緊急手段として用いたわけです。

コリ=血液中の毒素。  なのです。ということは今回のような突然に感じる、体の不調にはかならずコリができています。 背中が多いですが、腰や脇なども結構多いです。 なぜかは分かりませんけど、前面「腹部」にはコリは発生しません。 というわけで見てみると案の定、背中にコリが相当発生していました。原因は多量の長年の飲酒ですけど。  

場所は東洋医学で言う肝臓筋。分かりやすく言えば肝臓の裏や横です。 これを私の健康温灸指圧器具でコリを溶解していきました。都合の良いことに断食中と発熱中はコリは普段の数倍「2~10」倍位はコリは溶解するのです。 なぜかって断食・発熱・コリを取るはいずれも目的は老廃物「体内毒素」溶解からの排出が目的なので、協力しあうんでしょうね。 根拠はと、何癖をつける人には自分で体験してから、質問してくれ。といいたいです。私はもう41年間体験し続けているのですから。

そういうわけでここから2020/04/27日からの断食体験記にはいります。厳密にいうと27日から4日経過した時点で飲み会の誘いがあり、この時点で一回中断しています。 この翌日は普通に食べました。 ということで正確な日取りは2020/05/02日からの断食開始ということになります。 期間は最初27日を予定していましたが、続行中に21㈰に変更しました。 そして21㈰目の夜から食べ始めたわけです。 最初の3・4日は効果が出るどころが、薄毛は広がり周辺も白髪が増えてきたので、これは今回は駄目かもしれない。と初めて断食でもダメが? こう思いました。  10日を経過して、11・12・13・14㈰と急速に効果が出始めたので、これは凄いと感激しました。 その体験記となります。・・原文のままなのでみにくいところがあるかもしれません。 なお青文字は、本日2020/05/27日に検証を行ったものです。

  1.  1日目・・・特になし
  2.  2日目・・・朝7時に薄い痰がでる。 寝ると幾分血液循環がよく、悪い箇所に血流が流れるのが早い。 断食を行った場合、最初に結果が出るのは、血液の浄化による、血液循環のよさ「改良」である。 薄い痰が出始めたのは、断食のやり始めには結構あることである。
  3.  3日目・・・喉が渇く。水を飲む。肝臓部分に血液が流れるのが体感できる。喉が渇くのは普通3・4・5日め位からである。これは毒素の液状化のために喉が渇いて水分を補給するのである。
  4.  4日目・・・肝臓からの毒素の移動が右腰~右脚と起きる。少し見てみると、右背中のコリが半分位減っている。左のほうはまだだ。毒素が下に移動したわけだ。、毒素の移動はあまり起きていない。  禿げ「ハゲ」は少し軽減したようにも感じる。肝臓の堆積毒素が溶解~移動して下に降りたわけだ。 断食やめる。4日目の晩知り合いと飲食に行き翌日も普通に食事をした。 その翌日から再び断食を行う。

1日め・・・特になし。

2日め・・・血流の右半身の回復速い。前の4日が効いていると思われる。

3日め・・・血流の回復は感じるが、毛髪は同じ。毛髪は外側にあるため、完全に血液が浄化・改善された場合でないと、好結果は出ないようだ。

4日め・・・右半身の血流の回復が進み、コリが幾分軽減した。腹は減らない。血流が回復しているのが原因だ。4日目にして腹が減らないのは、肝臓の脂肪「滞積毒素」の器具を使用した、溶解が順調にいき、肝機能が回復しいるからである。俗に言う・・代謝が良い。・・状態の事です。

5日め・・・特になし。

6日め・・・初めて腹が減る。 午前中から薄い痰がでる。 昼に車の鏡を見て、少し髪のボリュームが増した気がする。日が進み血液の浄化が進んだ分だけ髪にも浄血が流れるのであろう。 少しだが、白髪が薄毛のところに増えて、成長して元気になっているが、気のせいかなとも思う。それの繰り返しだが、あと数日経過すると、どういうことか分かるだろう。

7日め・・・特になし。 肝臓のコリがひどく、肝臓の不調が、毛髪や、体の衰えと予想できる。今回の断食に入る前の下調べでは肝臓の衰えを薄毛の原因とする人もいたようだ。

8日め・・・特に変化なし。 肝臓がやられている。肝臓筋のコリが取れない。 夜に喉の渇きが増す。

9日め・・・昼前後から痰が少し出始める。 喉も渇く。 毒素の排出が活発になってきたのかも? 背中のコリも柔らかくなってきたようだ。 左目の血液の流れが良くなったようだ。 毛髪は変化はない。

10日め・・・特になし。 薄い痰は出る。

11日め・・・朝。起きると毛髪が増えた気がする。 むりやり手で書き上げると、薄いが、この場合も昨日よりましな気がする。普通にしていいると、禿げ「ハゲ」は気にならない。 毛に力が出てきた感じだが、朝なので少し様子を見ることにする。 痩せてきて腹が減る。 太りすぎていたようだ。 毛髪は元気が出てきている。 通常は気にならない。 手で書き上げると若干分かる。効果が出てきたようだ。

12日め・・・髪に元気が出ているが、時間帯により、駄目な時もある。

13日め・・・朝。起きると正常だ。 手でかきあげても、あまり変わらない。 白髪も幾分減っているようだ。 肝臓筋のコリが多く、この軽減に時間がかかりそうだ。 肝臓が犯人のようだ。

14日め・・・朝起きると、この時が最も髪の状態がわかるようだ。 殆んど薄毛は分からない。 しいてみると、左目のところから上に五分の一位薄くなっているのが分かる。 頭長から縦に4センチ位かな。 断食は薄毛「ハゲ」に効果があると確信した。 夜見てみると、少し元に戻っている。 気付いていたが、時間の経過により、幾分様子が変わるようだ。 血流に変化が時間により、あるのか知りたい。

15日め・・・特になし。まだ完璧ではない。 時間帯により薄くなる。 不思議な現象が起きる。

16日め・・・特になし。

17日め・・・今までで最高。 朝起きた時から、夜まで薄毛の状態なし。 肝臓のコリも半分くらいになっている。

18日め・・・良好。時間により薄くなるときもある。

19日め・・・左目の血流の悪さが改善されているのが分かる。 目のパチパチが無くなる。

20日め・・・朝起きると完璧。また肝臓のコリが三分の一くらいある。 私の予想では肝臓の脂肪「滞積毒素」が髪の毛にかなり影響しているようだ。 白髪も減少して、髪の量が増えたようだ。 あと1日だが、肝臓の脂肪「滞積毒素」をどれだけ取れるかがポイントになる。 

21日め・・・朝。好調。 薄毛の後なし。・・

これで断食と脂肪肝の脂肪「コリ」取りによる、薄毛「禿げ」改善記は一応終了した。結果ば出たようだ。 一つ言い忘れたが、一晩で薄毛になるという驚くべき事態が発生したわけだが、この場合は翌日から断食とコリ取りの併用により、挽回できた。 進行が進んだ薄毛や慢性化した薄毛「禿げ」にはどこまで、効果があるかは未知数である。

薄毛の断食対策で排出された毒素とは? 

最初に

今回めの薄毛の断食対策で排出された毒素とは、ズバリ痰である。 目に見えたものは痰しかない。総じて4日間でている。日数は最初に4日。一旦一日休んで21日行い21日め夜食べている。 この間4日に渡って痰がでている。 それも少量。断食体験で今まで何回か大量の毒素をだしているがそれらに比較すると、本当にたいした量ではない。

もう一つでているのが、脂肪肝の脂肪「滞積毒素」だが、どういう形態で出ているのかは分からない。 私は調べるすべをしらない。温灸指圧器のマーシー7をあてるとグリグリと溶解するのだが、もちろん溶解しないときもある。 しかし断食中は普段の数倍コリ「毒素」は溶解するので、まず溶解しないということはない。 溶解したコリ「毒素」はどうして出るか。大量の場合は下痢で出るときもある。 今回は脂肪肝の脂肪というコリ「毒素」がでるので、どれに混じってでるのか分からない。 血液中に混入するのか。 腸に入るのか。肺に入るのか。それさえわかれば、どうということはにいのだが、それが分からない。

今回の薄毛「禿げ」改善の断食と脂肪肝の脂肪取りは痰と脂肪肝の脂肪「コリ」の溶解したものが出たと言う結論になる。この両者か、いそれともいずれか一つが薄毛という犯行に及んだわけだ。・・

 

毛髪改善記と虫歯自然治癒体験

最初に

今回の毛髪改善記と私の虫歯自然治癒体験では、共通するところがある。私が実例として取り上げてい33歳~53歳までの十数回の

虫歯自然治癒体験はすべて鼻水の排出を最後に自然治癒しているわけだ。一例の例外もなく。 しかし今回の毛髪改善記では、少量の痰は出ているが、鼻水は出ていない。そんなことどうでもよいのではないか? そう考えるのは短絡的でじつは深い意味がある。・・続く

日時:2020年5月29日 AM 08:53