「虫歯 鼻水 治る」を検証すると?

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

「虫歯 鼻水 治る」を検証すると?

少し前の記事「虫歯 鼻水 治る」の検証をここではおこないます。本来ならそんなことする必要はないのです。理由は私自身20年間で10数回の虫歯自然治癒に成功しているからです。すべて治る工程は同じでした。虫歯になる。➡ ➡ 痛み及び激痛が起きる。➡ ➡ ひたすら痛みを我慢する。傷みを止める方法を取らない。一つ鍼灸や指圧による痛みの軽減はよい。私の場合は例の温灸指圧器マーシー7を使用した。しかし傷みが何パーセントか軽減するというだけである。これで無事治る。

 

最初に

 

傷みを我満していると・・これも結構大変だが、一番最初に虫歯自然治癒させた33歳の例が一番分かりやすいので引用しよう。・・「虫歯自然治癒体験記」にこうある。・・その晩かなり痛かったが我慢した。翌日起きてみると顔が風船のように膨らんでいる。昼頃から微熱が出てきた。その後鼻水が出てきた。そして傷みも腫れも微熱も引いたのである。その後10数回の虫歯自然治癒は全てこの工程をたどったわけだ。一例の例外もなく。

 

 

最初に2

これでは私の体験から出来た「虫歯自然治癒」の理論は検証する必要はない。そのつもりはなかったが何回も何回も時間をかけて20年間、虫歯自然治癒の実験をしてきたようなものだ。検証するとすれば、私が人と違う体質をもっているとか、いわゆる特殊体質という位のものだ。しかしそれは違うようだ。私にすれば虫歯を傷みを乗り越えて鼻水の排出が出来ず自然治癒できない人間のほうが特殊体質と思っている。現時点でもその考えは基本的には変わらない。

 

私と異なる虫歯自然治癒の正体は?

 

そのうちに私に虫歯自然治癒に成功した人の報告が3件きた。よし。と思った。見てみるとそのうちのお一人はたしかに虫歯が自然治癒しているが私の自然治癒させた工程とはいささか異なるようだ。この検証をここではする。前回同様簡単にはいかないだろう。・・

まずトップページの上部にある「自然治癒に成功した人のお声はこちらからご覧ください。」の中にある・・断食と傷みを乗り越えて。・・から引用したものを持ってきます。青の部分です。

今年の3月1日から左親知らずが虫歯になり、8月30日に発熱したのをキッカケに
ついに自然治癒しました。

虫歯は3つの段階を経て治りました。3月からの2ヶ月間は初期虫歯で知覚過敏期。
冷たいものも熱いものも凍みて辛い時期が続きました。

その後は知覚過敏はなくなり毒だし期に入ります。その日に食べたものが悪いと虫歯がウズいて
こんな日が続くなら死んだほうがましと思えるような日が続きました。

定期的な断食と冷えとりを始めたころ、半年後には治癒期を迎えました。

このブログとの出会いがなければ、様々な症状が毒だしと理解している私でも
虫歯だけは例外として歯医者に駆け込んでいたことでしょう。

自然治癒から約1ヶ月経過した現在も歯の痛みは全くなく穏やかです。
痛みのない日々がこんなにも幸せなのかと思う毎日です。

 

間違いなく自然治癒しているようです。しかし私の虫歯自然治癒体験とかなりその工程は異なります。まずその期間。私の場合は傷みのピークからわずか1日で自然治癒に至っています、1例程2日経過したものがありましたが。この方は虫歯の自然治癒に半年かかっています。虫歯自然治癒の最大の謎ですが、ここをきちんと説明しなければなりません。現時点では解答は殆どありません。

また出てきた虫歯自然治癒の謎

この方のブログ を見ているうちに別の難問が出てきました。それも私が虫歯自然治癒の鍵としている鼻水についてです。一部紹介しましょう。以下の紫の記述です。

2017年末から始めた少食(断糖)+冷え取りで、当初は一日中鼻水が出続ける等の大きな瞑眩がありました。

その後、以下に書くように虫歯ができて、毒出しが進んでいきます。

  1. この方は2018/03月から虫歯になっています。私のように虫歯になり傷みを我満して微熱の発生後に鼻水が出て虫歯が自然治癒したのではないのです。勿論その期間の長さに大きな隔たりがありますが。
  2. もう気がついた人も多いでしょうけど、私の場合は鼻水の排出で虫歯は自然治癒しているのです。鼻水の排出は最終の工程ということです。この方は鼻水の排出が先にきているのです。その後虫歯が出来て半年経過して虫歯は自然治癒しているのです。
  3. 今の私の本心の半分位は、ここの記事を取り上げるのではなかったな?という気持ちもあります。取り上げたおかげで難題が二つでてきました。
      1. 私の場合は鼻水の排出で虫歯は自然治癒している事。この方は鼻水の排出が原因・・私にはそう思われる。・・が元で虫歯になっている。
      2. 虫歯自然治癒に私の場合は殆ど傷みのピークの翌日に自然治癒している事。それに対してこの方は半年経過して自然治癒していること。

どういうことだ。頭が混乱してきた。先の記事「ドライ断食を予想してみると」は私が体験していないことなので、難しかったが今回は私が自信のある体験済みの虫歯自然治癒での難問である。いささか気が重くなってきた気持ちと、楽しくなってきた気持ちも湧いてきた。

虫歯自然治癒に至る時間差の原因

  1. まず二人の虫歯自然治癒に至る時間差の原因からいきましょう。なかなか解答は浮かびませんでした。私に長期間経過した虫歯自然治癒の体験がないからでしょう。ずばり私が出した解答は二人の体質の差。実を言うと私は体質という言葉が嫌いなのです。ボクシングに限らずスポーツ一般でも完成された競技者を比較した場合。どちらも1流とします。しかしAはBに勝てないということがあります。この場合例えば柔軟性がAよりBのほうがかなり上ということがあったとします。事実あるのですが。この場合体質が違う。AよりBの方が上という言い方をします。具体的に柔軟性「体質」の正体を明確にしたものは殆んどありません。ボクシングの要素であるスタミナ・柔軟性等とくにそうです。
  2. この体質の差。私ともう一人の虫歯自然治癒された方の間の体質の差が原因ではないかと私は予想しました。まずここから見てください。一昨年だったかな。この方から頂いたメールの一部を紹介します。以下の青文字です。
  3. 初めて送らせていただいたメールに、「普段から激しい運動をします」と書きましたが、私も山本様と同じくボクシングをします。

     

    現在、?歳でライセンスは失効していますが、学生時代にアマチュアからプロに転向しました。山本様のように日本ランカーになれるほどの実力はありませんでしたが、スタミナだけは自信があり、スパーリングも当時から12ラウンドくらい平気でした。

    この方は以前ボクシングをしていて、スタミナには自信があつたようです。実は私のボクシングはスタミナが無かったことが致命的欠点だったのです。スパーリング「練習試合」12ラウンドなんて信じられません。私とこの方との決定的なスタミナの差。これが体質の差といってよいでしょう。

  4. スタミナがないなら練習すればよいではないか?と感じる人も多いでしょう。しかしそうではないのです。私はボクサー生活12年でしたが三分の二位はスタミナの無さとの戦い゛でした。「虫歯は傷みを乗り越える事で自然治癒する。」の理論もこのスタミナの無さとの戦いが基盤になっているのです。
  5. その結果スタミナは勿論練習は大切ですが、それより先天的なものが多くを占める。と言う事がわかりました。それはともかく本題に戻りましょう。スタミナのある。無しが体質ならば、もっと具体的に説明してくれ。と言う事になります。説明してみましょう。
  6. スタミナがある。=肝臓が強い。=血液が浄血である。=血液循環が良い。こうなります。
  7. スタミナがない。=肝臓が弱い。=血液が濁血であるる=血液循環が悪い。こうなります。
  8. 明解に言えば健康か不健康か?と言う事です。
  9. これを体質の一言で片づけているだけです。言葉って都合がよいですね。・・

血液が浄血であると毒素排出作用が高まる。

私が出した答えはこうだ。血液が綺麗だと毒素排出作用が高まる。毒素排出時には苦痛が起きる。少し分かりにくいかもしれない。見方を少しかえるとこういうことだ。

  1. 一流スポーツ選手「健康人」は風邪を引いて高熱がたまに出る。=血液循環が良い。=血液が毒素堆積箇所にもよく循環する。=毒素が溶解するために発熱が発生する。=風邪を引く。
  2. 上で言っているように私はスタミナが無いということは、血液が汚濁していて、血液循環が悪く、毒素排出作用が起きにくい。事実ここ何十年か私は微熱は出ても高熱は出ない。これは私が酒意外に毒素の素材を取らないと言うこともある。酒による肝臓の弱化は発熱は出にくい。重度の肝臓疾患になればどうなるかは、私は専門家ではないので分からないです。
  3. 虫歯自然治癒させたこの方は、健康で血液循環が良い。=毒素排出作用が発生して殆ど出る。=強力に出るため苦痛が強いか?期間が長い。本人も言っておられるように、毒出し。という表現が分かりやすいです。私も少し使ってみることにします。
  4. この理屈を適応すると、私はスタミナがない。=肝臓が弱い。=血液が汚濁している。=毒素排出作用が弱い。=虫歯になっても虫歯の原因の頭の一か所の毒素が゛鼻水で一回こっきりでるだけである。それもそれほどの量ではない。私の体験した20年間に及ぶ10数回の虫歯自然治癒はいずれも、鼻水の排出は1回こっきりである。その中で一例程、床に転げ回った激痛は通常の虫歯自然治癒の数倍鼻水の排出はあった。
  5. このことから、まあ私に限定しておくとしよう。虫歯自然治癒の鼻水排出量「毒素」と傷みの度合い「苦痛」は比例しているわけだ。・・

傷み「苦痛」と鼻水「毒素」は比例する。

以上のことから傷みに限らず、苦痛と表現しますか。と毒素排出量は相関関係にあると言えます。比例しているということです。苦痛が増せば毒素排出量は増えるということです。

注意事項・・今限定してきたことは病気に限定されます。体外からの刺激。外傷と呼ばれるものには適応しません。

2017年末から始めた少食(断糖)+冷え取りで、当初は一日中鼻水が出続ける等の大きな瞑眩がありました。

その後、以下に書くように虫歯ができて、毒出しが進んでいきます。

知覚過敏モード開始

紫文字は虫歯自然治癒自然治癒された方の少し上にある内容を、重複覚悟で再びここにもってきたものです。なぜかと言うとこれが答えになるからです。

  1. この後。半年経過して虫歯は自然治癒しているわけです。詳しくはトップページの上にある「虫歯自然治癒に成功された人の話はこちらから」の中のこの方のブログ記事   NEW GATE を見てください。内容の中には、私と同様に床に転げ回る激痛も体験しておられるようです。そして期間も半年経過している。
  2. 本人も言っておられるように・・こんな日が続くなら、・・死んだほうがまし。・・とまで言っておられます。

これが解答になります。痛さ「苦痛」が強い程。痛さ「苦痛」が長い程に、病気の原因の毒だしは進んだということになります。病気は軽減したと言う、驚きの事実というか、内容が明らかになりました。

注・・上の緑の内容はすでにあきらかにされてた先人がおられます。このホームページの中にも一か所か二か所に言った覚えがあります。どこかよく忘れました。興味のある方は探すか、自分で調べてください。

鼻水の排出が虫歯自然治癒の最初におきた謎は?

最初に

今回はこれで最後にします。と言いながらも、私にとって最も難しい難題を迎えてしまいました。現時点では解答は出ていません。閃きかけてはいますけど。どうなるかは予想出来ません。虫歯自然治癒された方は自然治癒の条件の鼻水の排出が、きっかけとなり虫歯になっているのです。私と逆です。始めましょうか。

最初に2

鼻水・鼻水と来ていますが、鼻水の排出はこのホームページでは、虫歯自然治癒の鍵となっていますが、一般的にはこんな事、誰も言いません。むしろ鼻風邪や軽い風邪の場合をさします。ここですね。謎の解明のカギは?最初に少食「断糖」と冷え取りがきっかけとなり、鼻水の排出が一日中続いたわけです。これがカギです。

  1. 虫歯になる前に鼻水が出ている訳ですから、虫歯自然治癒の最後の工程として排出される鼻水とは、意味は違います。多分、その成分は同じでしょうけど。私は調べる方法を知りません。私の考察はこうです。
  2. 小食「断糖」と冷え取りの効果で、毒素排出作用が高まり、鼻水が一日中出た。=鼻水が出た分だけ健康になり、さらに毒素排出作用が加速した。=頭の毒素排出作用である虫歯が発生した。=半年かけて、発熱にともなう症状が出た。最期はこうである。再びこの方のブログ記事から引用してみよう。以下のオリーブ色の部分です。虫歯自然治癒された方の後半の経過となります。
  3. 治療モードへ移行

    2018年7月末 七転八倒するがすぐに治まる、このころから痛みからの回復が早くなる。

    2018年8月7日~5日間断食、宿便出る、水分を欲しいと思わなくなる。

    2018年8月19日 体重が過去最低(55kg)、グラフ参照。

    2018年8月末 七転八倒が続く、腰痛も出る、声が枯れている。

    2018年8月30日 夜間発熱(38℃以上)、化膿した歯茎から頬と首にかけて腫れを感じる。
    これまでのように食後に痛むのではなく夜中ずっと痛く、水を含んでいないと寝られない。

    2018年8月31日 起床時37.1℃まで下がり、右鼻水の塊に血が少し混じっている。
    あれほど痛かった虫歯の痛みが治まっている。

     

    虫歯がこじれて自然治癒している。

     

    鼻水が出て虫歯になって半年経過して、虫歯が自然治癒しているわけですが、発熱に伴い、いろんな症状がでています。見ていると私がサイトで虫歯と並んでよく比較する風邪が頭に浮かんできます。・・

よく風邪がこじれる、とか「風邪がこじれてはいけないから、速く休んで寝なさい。」とか言ったりします。ブログ記事を見た限りの内容の分析をしているうちに、虫歯がこじれて自然治癒している。という感じがしました。ここで錯覚してはいけません。病気がこじれるとは大体の人が体が悪くなったと思い、「悪くなったと錯覚する。」悪いほうに緊張します。ここに落とし穴があります。

  1. 病気がこじれるとは毒だしが進んだということなのです。風邪がもっとも分かりやすいですが、発熱して毒素が溶解~排出します。各種の毒の排出があります。咳のポンブ作用による痰の排出。「嚏」くしゃみのポンブ作用による鼻水の排出。下痢。寝汗。熱尿と出ます。いずれも苦痛を伴います。
  2. 毒素が出た分だけ健康になり、さらに毒素溶解~排出作用が進むわけです。痰なんて汚いでしょう。私が不思議に思うのはなぜ痰が排出して喜ばないのですか? なぜ痰の排出が止まって喜ぶのですか?
  3. 逆に考えてはいけません。と言いながらも99%の人は錯覚して定着しているようです。
  4. 上の「治療モードに移行」に至るまでに長い半年近いモードの以降というか、こじれがあったわけです。私の虫歯自然治癒と比較して、期間が全く異なりますが、私の場合はこじれなくすんなり自然治癒しているわけです。別の見方をすれば1回こっきりの鼻水の排出で頭の毒素の排出「毒だし」は少量であった。
  5. このかたは最初にかなりの量の鼻水の排出があった。↓➡ ➡ 毒素の排出が多量だったために、血液が浄化されて、さらに血液循環は改良されて、毒素排出作用は行われた。➡ ➡ 毒素排出作用は傷みなどの苦痛を伴う。これがこじれたという形態をとって形に現れた。・・

風邪がこじれるという形と同様に虫歯がこじれるという形を取って多量の毒素排出を行った。

これが私が考えた解答になります。

日時:2020年1月23日 AM 07:58