病気の謎

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

病気の謎

2019/05/15日の朝6時前から作るこのページは、最近では珍しくすぐ題材は見つかった。迷ったのはタイトルの名前。最終的に「病気の真の姿」と「病気の謎」。二つは決められないので「病気の謎」に決定した。何方でもよいと作成者自身は思います。そりつもりで観覧してください。いつものように内容は現代医学とは異なります。

最初に

解答は11年まえに作成開始したこのサイト「ホームページ」の中にすでにあるということです。15年位以前。カラスに八つ当たりされた感じでゴルフボールを自家用車に落とされたことがあります。カラスには生きていくのに必要な食料たまごに見えたが真相は違っていた。話のタイトルとしては「卵の謎」か「卵の真の姿」こんな感じです。

今回の記事にはメインテーマの虫歯関連の事は出てきません。最近の記事はその傾向がありますが、・・私は基本的に虫歯も他の病気もそれほどの差はないと信じているからそうなるのでしょうけど。・・これについては他のページで何回も言っているので説明はやめます。

  1. この記事の一つ前か二つくらい前のブログ記事で・・私は40年前から医者にはいかなくなった。厳密に言うと、33歳で初めての虫歯自然治癒に成功してからは2回、前歯の虫歯で歯医者に行ったことがある。理由は見てくれが悪くなるから。こう言っているところがあります。自分の意思で言っているわけです。
  2. 本当はまだあるのです。自分の意思で言ったわけでなく、一つは会社法というんですか。その辺の正確な名前は分かりませんけど、会社の健康診断。これは医学を絶対と信じている日本の憲法か法律か分かりませんけど、行かざるを得ません。これには医者にかかりました。
  3. もう一つは今回のタイトルに関連することで行きました。これまた会社関連。9年前の56歳の時、このころは一年に一回行う2週間程度の断食に気合をいれており、当時は酒の飲みすぎからくる肝臓からの嘔吐が断食によって発生することが多かったです。この年は今までで最長の17日の断食を予定して、実際に予定日まで行いました。
  4. 医者に行ったのはこの時です。5日から7日くらいの断食なら会社はやすまなくとも大丈夫です。これが17日となると10日前後は休まなければ無理です。実際はまだ働ける日は伸ばせるのですが、何せこのころの断食では肝臓からの嘔吐が起きる前の、寝転んで苦しむ展開が多い状態です。会社に断食をしている事を隠して休ませてくださいと言うと「診断書を取ってきてください。」とのこと。気が進みませんでしたがしようがありません。医学先行の日本社会ですから。
  5. 実際に思った事は有難迷惑でした。・・断食を17日行いたいから休ませてくださいと言える雰囲気ではありません。この現実が病気の真相を確認する事になりました。

その結果。病気とは老廃物「体内毒素」排出時の苦痛ということが確認できました。

  1. すこしこの17日間の断食の経過を説明すると、よく思い出せないところもあるのですが、5日あたりを経過した位から吐き気が起こりました。酒の飲み好きによる肝臓弱化というか肥大の嘔吐の前に起こる症状です。順調ならば、7日目か8日目くらいに肝臓から黄茶色の汚液を嘔吐して肝臓は浄化されるのです。
  2. 参考までにどの時点で断食を終了したらよいかというと、この場合は嘔吐になりましたが、我慢できたら毒素排出の後にもう2日くらい続けたほうがよいです。別の種類の毒素が排出する可能性があります。これは本人の感覚に頼るしかありません。
  3. この17日の断食では強い吐き気は起こりましたが、とうとう嘔吐はありませんでした。私が断食の予想展開は難しいと言うのはこのあたりを指します。しかし、この翌年とその翌年は2年続けて、私の断食体験で共にベスト3に該当する毒素の排出がありました。飲酒の毒素の排出もありましたが、それ以外の汚物の排出はかなりの量でした。
  4. 以上のことから人は毒素をかなり所有しているということになります。負の所在です。例外もあります。私が該当記事で題材にしている超一流選手は毒素保有量はかなり少ないはずです。軽量するすべは私にはありませんが?これにより血液の汚濁程度も決まります。毒素作成の元となった素材の種類により、病気の種類も決まります。玉ねぎや白菜の食べ過ぎで肝臓は悪くはなりませんが、酒を飲みすぎると肝臓は病名が付きます。この辺の医学的名称は私の弱いところですが。

  1. 一定の毒素の素材により作成された汚物により、病名は決まるということです。

すこし逸れてきたので、戻していきます。診断書が必要になった私は医院に行きました。この時に・・遺憾に感じる・・気持ちがおきました。よく政治答弁などで使われる名称です。体を健康にするためには血液の浄化と汚物の排除だ。手っ取り早くやるには断食がよい。予定通り順調に進み毒素排泄の前の嘔吐間が出てきた。結構苦しい。

  1. ここからです。遺憾に感じるのは。健康になるため毒素排出方法の断食を行って順調に予定通り言っている。なのに「診断書」を出してくれ。という。会社法とかで決まっているのだろう。
  2. 診断して頂いた診断書が出た。病名は聞いてみたが、私の聞いた事のない病名でした。該当ページで言ったことがありますが・・「あなたは断食をしていますね。酒の飲みすぎでしょう。そのための嘔吐感でしょう。嘔吐があればよいですね。」こういう診断をしていただければそのお医者さんは本当の名医と私は思います。実際最近のお医者さんの中には断食の効用を認めているというか、奨励している方もおられるのかな?
  3. 先の違和感の件を再び出すと、毒素排出を期待してこちらは断食を行っているわけです。その結果毒素排出の前兆として肝臓からの嘔吐が起きようとして吐き気がして苦しい。その症状を見て診断をだす。病気と認められたわけです。
  4. ここで遺憾に感じるわけです。毒素排出の前兆がある。毒素が出ようとしているのだから、良いことだ。これを病気と言われるし、どこの医院に行っても同様と私は思う。ここは断定はしません。名医が多く出られる事を期待します。
  5. 以上を総合すると、毒素排出はよいことだが、その方法の双璧である断食と病気と呼ばれる発熱状態は痛みや痒み等の苦痛が発生する。毒素が姿を現した痰や鼻水や膿の排出は体には良いことだが、これを病気と命名している。世間の人は病気を体が悪くなったと殆どの人は信じている。専門家ももちろんそうだろう。病気とは何なんだ。体が悪くなったんじゃないのか。私みたいに発熱による風邪なんか最高の体内の浄化法という少数派もいるようだ。病気の謎です。どちらを信じるかはあなたの自由ですけど。
日時:2019年5月16日 PM 01:19