究極の虫歯自然治癒 パート2

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

究極の虫歯自然治癒 パート2

前に「究極の虫歯自然治癒」というのを作成しています。分かりやすくここでは、「前編」と呼ぶことにしましょう。前編の最初にこう記述しています。・・虫歯に限らず病気を恐れる事はありません。恐れる理由は病気を複雑に難しく考えているからです。・・こうありますが、追加説明があります。そこから入っていきましょう。

  1. 体の不調の原因は二つあります。先天的な体内毒素と後天的な体内毒素です。私のサイトでは老廃物という言い方を多用していますが、意味は同じです。後天的な体内毒素を溜めてしまった、生まれてからの病気というか体の不調はまさに恐れることはありませんし、恐れているとしたら、複雑に難しく考えているからです。
  2. サイトの内容に、やれ、健康対策三本柱・発熱・断食・コリを取る・老廃物排出の行程・老廃物排出の時の苦痛・等の記載があります。これらの記述は後天的に体に入れた異物というか間違った食材などから、体内毒素を作成して、それが原因の体の不調。一般的に呼ばれている病気というものには絶大な効果を発揮します。
  3. 毎日・毎日、体に入れてはよくない異物や食材を取り続けて長年経過して気が付いた時には、我が身は老廃物が作成したコリや濁血に汚染され、コリによる血管の圧迫や濁血により血液循環は悪く、濁血から作成された臓器は汚染されて性能が悪いということは理解出来る人は多いはずです。
  4. 虫歯に関して言えば、虫歯を正しく放置した場合は、繰り返しますけど最後の行程として微熱の発生の後に、頭の毒素が鼻水として姿を現し、排出されます。頭の毒素が虫歯の原因という事になります。頭の毒素を作成したものは体を循環する濁血です。濁血を作成したものは先ほど言った毎日・毎日、体に入れてはよくない異物と間違った食材の摂取です。この間違った食材というのは国により異なり、同じ国でもその地域により多少の差はあります。
  5. 虫歯の原因は頭を循環している血液の汚濁という事は、頭は濁血が循環しているのに、他の部位は浄血が循環しているはずはありません。他の部位にも濁血が循環していますから、虫歯と異なる部位の病気及び不調も招きやすくなります。こういうことも言えます。虫歯も他の部位の病気も作成元は同じわけですから、その対策は基本的に同じとなります。一例をあげてみると、「健康対策三本柱」は断食・発熱・コリを取るです。これはどの病気にも適応します。虫歯にも精神病にも。なぜなら三つとも目的は老廃物の排除で成功した時は、老廃物は排除されます。血液は浄化されます。浄化された血液が全身をめぐりますから、虫歯の原因の頭にも精神病の原因の頭の濁血も解消されますから、自然治癒するという事になります。
  6. 前編で発生した差し歯の抜けた後の腫れは発熱と鼻水の排出による治癒から二日経過して再び腫れて、これもまた発熱と鼻水の排出による自然治癒と再発と治癒が連続して続いています。ここからが大切というか私独自というか、意外な虫歯自然治癒の結論に入ります。虫歯や差し歯を抜いた後の腫れは正しく放置していれば鼻水の排出により、治っていく。ということは一般の人の考え方は傷口が化膿したり、膿が溜まったりするのを恐れ、今度の前編で発生したような、前歯・・無理に前歯でなくてもよいのだが・・を抜いた後の差し歯が取れた後、そこが発熱して腫れた場合は腫れと発熱と痛みを軽減するというか、一般的に言われる治療という事を心がける。
  7. 私の場合は異なる。今回のような場合は放置しておく。すると二度の腫れと鼻水の排出の後の経過は一月近く経過した今日「2017/10/24」では硬く締まって差し歯の後の傷口は健康だ。しかし私の場合この状態はもう一つ物足りない。別の見方をすると発熱と腫れが引き起こす老廃物・・虫歯の場合は鼻水・・の排出が起きていない。老廃物の排出作用が起きていない。言い換えると汚物の排出が止まっているのである。汚いものは早く出てほしいから私にはものたりないわけである。
  8. 差し歯の後の傷口は少し変形して金具も見えるし白い健康的な元の歯も見えてきていると言うか、私には新しく生えてきているのではないかとさえ思う時もあるが、そんなことはあり得ないのだから、もう少し時間が経過してから報告をすることにしましょう。虫歯は正しく放置すれば老廃物の排出が発生して自然治癒する。再発の場合も正しく放置すれば同じ工程で自然治癒する。
  9. 歯を抜いて差し歯にして差し歯が抜けた状態のものが発熱と腫れと痛みが発生しても正しく放置すれば自然治癒する。

    これが私の言う究極の虫歯自然治癒である。

日時:2017年10月24日 PM 05:03