虫歯自然治癒の最終の状態はどうなるか。

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」の最新情報をご紹介します

虫歯自然治癒の最終の状態はどうなるか。

このブログはまさしく虫歯自然治癒の最終結果の状態はどうなるかについてです。トップページに「よくある質問」とういうのがあります。その質問の中に・・虫歯が治癒した後はその部分はどうなっているの?・・という質問がされておりその解答も記述されています。

ここでは赤文字の状態からさらに何年か経過した後、まさしく最終の状態はどうなるかについて説明しましょう。私の虫歯自然治癒体験は主に33歳~53歳を主に記述しております。現在61歳になっておりますから8年経過しています。ということは現時点での過去の虫歯が治ったその場所の経過の観察は、虫歯自然治癒の最終の状態はどうなるか。の解答としてもよいと思います。

正直なところ治癒後の虫歯あとはあまりよく観察はしておりません。なぜなら虫歯を正しく放置した場合は自然治癒するかどうかの解答が欲しく、その解答も、虫歯は正しく放置すれば自然に治る。と明確に解答が出たわけです。そのあと虫歯の進行は止められるか。という疑問が新たにしょうじたので、そちらのほうに集中したため、虫歯の治った後の観察はあまりしておりません。私自身、自分の口の中はあまり見たくないので。

それでも思い出してみると多くの治癒後は・・奥歯がほとんどですけど・・奥歯の治癒後のてっぺんの部分がゴマのようにというか点というか、まっ黒くなっていたのを覚えています。このように観察したのを覚えているのは、ここ7年以内の観察になります。

ここ最近再び観察してみると、変化が見られました。ゴマのように黒く変化していた先っぽは削れて取れています。多くの自然治癒後は黒く残っていた部分は取れて、残りの歯も縮小したか、なくなって消えた感じのものもあります。外傷が最終的に自然治癒した場合、その場所が盛り上がったように滑らかになっているのを体験した人も多いと思いますけど、そうあの感覚です。早い話が完全に虫歯は自然に治ったということです。

しかしこれには条件があるのです。現在の正常な状態を長く継続するということです。ここから先は今までサイトやブログで記述してきたことを再び記述することもありそうです。目新しい事は少ないかもしれません。長く継続する方法は理屈では簡単です。虫歯の元となる原因あるいは、再発の原因を元から遮断すればよいのです。方法がわかつた人もいると思います。

その方法は頭の毒素を軽減すればよいのです。虫歯の原因は頭の毒素の集溜の移動ですから、ここに注意しなければなりません。虫歯の予防=虫歯の再発の防止ということです。虫歯の原因も再発の原因も同一ということです。

これはすべての病気に適応するわけです。どう適応するかというと、病気の元となる原因あるいは再発の原因をもとから遮断すればよいのです。こうなります。

後天的に被病したものはかならず原因があります。病気の元となった老廃物を作成したものを長期間体が吸収し続けたということです。あるいは以外と短期間にとり続けたものも、ひょっとしたらあるかもしれません。私は短期間に老廃物の元となるものを搾取して病気になったことはないので、この短期間に取り入れた老廃物の素材については、自信のある記述はできませんのでやめておきます。

結論は新しい知識が必要になるということです。それは何かというと老廃物の素材となるものの正体をしっかり理解する事。この点は結構複雑で老廃物の素材の正体を知ることも重要ですが、悪い素材を吸収しなくても、体の中で作成される場合もありますから、注意しなければならない事もありますので、結構難しいです。老廃物の素材を吸収した場合とそうでなくても体の中で作られる場合もあるということです。その場合でも「健康対策三本柱」で対応できますが、最初から老廃物「体内毒素」を作らないことのほうが簡単です。

日時:2015年10月17日 AM 10:31