虫歯自然治癒の一番の近道は、体を健康にすることです。体内の老廃物を排除することが重要です。

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ボクサー生活から得た健康管理方法で虫歯は自然治癒します

元プロボクサー高杉が実体験に基づいて虫歯を自然治癒させた民間療法をお伝えします

  • 虫歯自然治癒の理論が確定する条件>>
  • 成功された方の体験談>>
  • 成功された方の検証>>
  • コロナと虫歯>>
  • これ言ったら怒られるかな?前編>>
  • これ言ったら怒られるかな?後編>>
「虫歯自然治癒より見たい盲腸炎自然治癒の文献」の記事へリンク
プロボクサー時代の訓練経験が私が虫歯自然治癒への関心をもつきっかけとなりました

元々虫歯自然治癒に興味があったわけではありません。ボクサー時代に、ある方から今までの概念を覆すような、体の事や食べ物の事などを聞きそれに衝撃を受け、虫歯自然治癒への関心をもつようになりました。

現役時代の健康管理と現状での健康管理は基本的には同じですが、理論と実情は微妙に異なります。
健康管理を考えると運動は必要です。ボクサー時代に比べ圧倒的に運動量は少ないのですが、
今は左右対称に行う運動を3 通り行っております。
それと1 年に1 回行う半月程度の断食が現在の健康管理の主軸になっております。
ボクサー時代の減量も同じ効果があります。
ボクシングの要素の改善と虫歯自然治癒の関連性は老廃物「体内毒素」の排除という事です。

現役時代の生活とハードな減量で身につけた健康管理 虫歯は自然に治ります!

断食には、体の中の老廃物を出すという効果があります。
断食を行い、体から特定の老廃物が出てきたということは、
その老廃物を作成した元の素材が不調をもたらした原因となります。
体の中をリフレッシュし、まずは原因を把握することが自己治癒の
ポイントになります。

病気になると大抵は発熱します。発熱をすることで老廃物が
溶解され、鼻水、痰となり体外に出ます。
発熱がひどいほど体は正常になります。
しかし、服薬することで熱を下げてしまうと、
新たに老廃物の素材を追加してしまうことになります。

虫歯自然治癒に関する質問を受け付けています。
再発して深刻に悪化するのでは・・・?
治癒したあとの部分はどうなるの?など、
虫歯治癒経験者の私がさまざまな疑問にお答えします。

よくある質問はこちら

歯医者には行きたいけど、時間がないという方、病院が苦手という方、
様々な理由があって歯医者に行けない方がいらっしゃると思います。
そんな虫歯でお悩みの方の力になるため、このサイトを立ち上げました。
独自に編み出した虫歯の自然治癒方法。ここにはその全てが記載されています。
ただ、情報量が多いため見落としてしまう箇所があるかもしれません。
虫歯はどうやったら治るのか、老廃物とは何なのかなど、
疑問に思ったことはお気軽にお問い合わせください。虫歯治癒経験者の私がお答え致します!

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前 ※必須
e-mail(半角) ※必須
お住まい
ご質問内容

PAGE TOP

体のバランスをととのえて正しく対処しましょう!
虫歯の痛み 虫歯

すでに該当記事でに入力していることであるが、確信部分なので、角度を変えてこの記事に持ってきます。虫歯の激痛時の痛みは一般の人は慌てるし、耐えられない。私の場合はそのままにしておく。理由は虫歯の痛みは虫歯自然治癒の行程における通過点に過ぎない。ということは虫歯は痛みを乗り越えないと自然治癒できないといううことだ。その辺から入ろう。

最初に

文頭で言ったことはまさしくこのホームページのタイトル「虫歯は痛みを乗り超える事で自然治癒する」を現している。正し何回も言っているようにそれには条件があり、虫歯は正しく放置しなければ自然治癒は出来ない。私が20年間で10~15回の虫歯をすべて自然治癒できたのは正しく放置したからである。

虫歯の激痛時の痛みは13年経過したこの自然治癒のホームページでは11年位は記事にしていなかった。その理由は隠していたからである。・・隠していた理由を入力する前に以前・2020/2/25㈰に「虫歯の激痛の正体は」という、ここの記事に類似した記事を作成していた。必要上以下にその記事から一部 緑色 により以下に引用します。

 

 

外傷は別にして痛みは毒素が発熱で熔解して移動する時に神経を刺激して発生する事が多い。頭痛なんかそのパターンが多い。あまり詳しくないのでこれ位にしておこう。毒素の移動時におこるということです。移動して排出するのだから、よいことです。無責任な事は言えませんので外傷は対象外とはっきり言っておきます。

最初に2

 

先に言っておきますが、今から言う理論は私が考案した理論ではありません。教科書の「1954年には定理されていた理論」の中の極一部から引用します。そう思って文献を用意しようとしたのですが、半分探せません。しかたないので用意できた資料と私が記憶している知識で作成していきます。推測では作成しません。その内容は驚愕する内容です。従って最近私がホームページ作成の方針を、常識はずれや奇想天外な内容記事は、積極的には作成しない。こう言っています。どうしようもなくなった時に言うということです。

最初に3

 

延髄付近の頭の毒素が歯に集結してくるのが、最初の段階。次の段階として、発熱で溶解したこの毒素が移動する時、痛みを伴い、それが多い時は激痛。として最終の段階として、延髄と歯から近い排出口、虫歯の場合は鼻の穴になります。鼻の穴から溶解された毒素が鼻水として、排出され頭の毒素は虫歯として排出されるわけです。この間に激痛が伴うため虫歯が正しく放置していれば自然治癒するという事実は、世界中でごくごく僅かな人にしか把握できていないのでしょう。

緑文字は前の記事である「虫歯自然治癒の鼻水が招く難問」から引用したものです。中ほどにある・・注意事項・・の少し下にあります。発熱で溶解したこの毒素が移動する時、痛みを伴いというところとこの間に激痛が伴うためを緑のこの間に激痛が伴なうためと上で表示しました。

歯に集結した毒素が歯から移動して頬の外に移動する時に傷み及び劇痛が発生するということです。結論から言います。傷みの大小の差は毒素「鼻水」の排出量に決定されます。床に転げ回る程の激痛の時は通常の虫歯より毒素の排出量が多いということです。

  1. 毒素「鼻水」の排出量と傷みの程度は比例しているということです。普通は床に転げ回る程の痛みは我慢できませんし、また我慢するのも現代の常識では否定しています。私は無責任なようですが、どちらでもよいというのが、現時点の考えです。

と長い引用になりました。・・私は無責任なようですが、どちらでもよいというのが、現時点の考えです。とは全くふざけた信用できない言い回しと感じる人も多いかもしれません。少しその点を説明していきます。

虫歯自然治癒は成功・失敗はどちらでもよい。

  1. 虫歯自然治癒は成功・失敗はどちらでもよい。随分ふざけた言い方をする奴だな? 正気か? こう思われた人もいると予想できます。その真意はと言うと。まず成功した場合は虫歯は鼻水の排出と共にというか、比例して鼻水と言う毒だしの量は排出する。自然治癒する。いわゆる毒だしの工程と言う実験゛自分の身体により、証明できた。しかも痛みと言う苦痛の程度と比例してその毒だしの工程は進行している。
  2. 素晴らしい事です。そういえば風邪でも発熱による痰・下痢等の苦痛と発熱の度合いは比例している。虫歯も鼻水も共にこの点は共通している。これは他の病気にも共通しているのではないか?こういう素直な疑問が湧いてきます。残念な事に私は発熱による病気の苦痛と言うか、毒だしの体験は極ぎられています。しかしいろいろ調べてみるとやはり苦痛と発熱による毒だしの量と程度は比例しているようです。・・続く

遅れてる世の中 虫歯

虫歯自然治癒の記事は13年も作り続けている。その筋の専門家の肩書を持たない私がだ。最近では記事の題材というか、内容があまり浮かばない。今日2021/11/04日に突然記事の題材が浮かんだ。・・・「遅れてる世の中」である。しかし限定されているのである。そこから入ろう。

最初に

文頭にある。「遅れてる世の中」である。しかし限定されているのである。そこから入ろう。・・・であるが全く私見で言わせていただきます。・・・虫歯は自然治癒できない。放置していたら、大変な事になる。➡ ➡虫歯だけはどうしようもない。早期治療に限る・早く治療しなさい。まだまだある。ようするに虫歯は自然治癒できない。早期に治せ。こういう事だ。➡ ➡この辺から入ろう。

最初にであるが私に言わせれば、遅れている世の中である。この科学の進歩した、コンピューターなんかでも、よくこんなものを考えて作ったな?と常々感心するが最初にで入力している・・「虫歯は自然治癒できない。放置していたら、大変な事になる。」はとんでもない勘違いである。まったく、・・・遅れてる世の中・・・の真骨頂である。・・

  1. 作成開始から13年経過したが、虫歯自然治癒の、その工程は何回説明しただろうか、「虫歯自然治癒体験記」もトップページに記事として載せているし、床に転げ回って自然治癒させた実例まで載せている。劇痛の度合いが増すほど、虫歯自然治癒で排出される頭の毒素が姿を見せた鼻水の量も比例して排出した例も載せている。
  2. ということは、痛みと毒素の排出量は比例しているという大変な結果がでた。他の人が虫歯自然治癒した実例も載せている。展開を変えてすでに該当記事で入力しているが、なぜ私が虫歯自然治癒が出来たのか? それも1回ではなく20年間で10~15回も出来たのか。世間では虫歯自然治癒は100%出来ないと言われていて、もう固まった常識になっている。それがなぜ私に出来るのかの説明に入ろう。

何故私に限り虫歯自然治癒が出来るのか?

ここまで記事を作成してきた、以前に似たような記事を作成していたことに気付いた。先にその一部をここに引用してきます。トップページに「虫歯自然治癒を私が出来て他の人が出来ない訳」の中から以下に例によって緑色で引用します。

虫歯が自然治癒出来る事を説明出来る人は、私を含め世界中の中でごく少ない人たちではないでしょ
うか。なぜ少ないか私なりに考えてみました。
理由は二つあると思います。まず虫歯の自然治癒の理論と実験データがないことです。
二つ目は虫歯を放置した人も多いはずです。たまたまそれが、私の言う正しい放置の仕方と同じであった場合、その虫歯は自然治癒したはずです。
この場合は自然治癒に該当します。しかし虫歯の自然治癒に至る理論がないため、偶然に治ってしまったという事になるのです。
虫歯の自然治癒には何年後かに再発する場合もありますので、最初の虫歯の放置による自然治癒は否
定されてしまうのです。

  1. とあります。結論は虫歯の自然治癒に至る理論がないため、偶然に治ってしまったという事になるのです。ここでしょうね。虫歯自然治癒の理論がない。
  2. それなら作ればよい。なぜなら虫歯は正しく放置すれば自然治癒出来るのだから。理論がないために日本はおろか世界中の人が知らない。それで私がこうして作成しているわけです。出来ない事を出来ると言っているわけではありません。20年間で10~15回の正しく放置して虫歯を自然治癒させた体験がある。十分でしょう。私がやらなければ誰がやる。???こんな感じかな。・・
  3. ここの記事を最初に見ている人にとっては虫歯自然治癒の行程は分からないです。重複になりますが、必要上極簡単にその工程を以下に緑色で説明しておきます。
  4. 頭の毒素「延髄付近と思われる」が排出のために移動してくる。➡ ➡歯茎から歯と移動する。➡ ➡歯に無数の穿孔を開けて毒素は移動する。➡ ➡移動毒素は頬の外に溜まる。➡ ➡滞留した毒素は鼻水として排出して虫歯自然治癒は完結する。
  5. 参考に付け加えておくと風邪で排出される鼻水は頬に溜まらず延髄付近から一気に出るために、嚏「くしゃみ」というポンブ作用が必要となりますが、虫歯の場合はすでに頬の外という出口付近まで毒素は移動しているために、嚏「くしゃみ」というポンブ作用は起きません。・・
  6. 参考記事・・・トップページの上にある自然治癒のきっかけになった、当ホームページの記事はこちら>>  

最後に

以上説明したように、虫歯は正しく放置すると自然治癒します。頭の毒素が鼻水として排出するという毒だしの工程となるわけです。しかし問題もあります。すでに該当記事で説明していますが、虫歯は縮小していき、元の形状には戻らない。傷み及び劇痛が発生する。しかし劇痛の場合は比例して鼻水という毒素は多く出る。・・・これは他の病気にも応用できる。これもすでに何回も入力しているが、風邪が説明しやすい。発熱が高くなるほどに苦痛はますが、痰・下痢などの毒素は発熱の上昇と比例して多くでる。私は発熱して毒素が多く出るほうをとる。しかし逆に考える人が圧倒的に多い。果たしてあなたはどっちを選ぶかな?

 

虫歯自然治癒の基本 自然治癒

虫歯自然治癒の基本。意味が分からん。こう感じる人も多いと思いと予想できます。胆摘に説明すると、このホームページは私の33歳から53歳までの10回~15回の虫歯自然治癒体験を主に作成しています。現時点の2021/10/20日は67歳なのですが、最近は虫歯になりません。従って53歳までの虫歯自然治癒体験を思いだして製作していくことになります。

最初に

虫歯にならないので、虫歯のホームページを無理してつくらなくても、他の病気や体の不調に自然に言及していくようになりました。私は虫歯の専門家ではありません。しかし自分では虫歯自然治癒の専門家と信じています。いかんせん。肩書が何もないですから。というわけで今回は虫歯・虫歯と思いこまず、虫歯自然治癒の基本について入力していきたいと思います。

  1. 私のホームペーシは残念な事に見る人は少ない。最近は特に少ない。と泣き言はこれ位にして本題に入ります。なぜすくないか?私なりに分析してみた。二つ原因があると思う。
  2. まず一つ肩書がない。専門家の肩書をもちあわせていない。これが大きい。
  3. 二つ常識外れな内容が多い。肩書はない。+ 内容は常識外れな内容が多い。それを厳しく見られて、人が見てくれない。そうこうしているうちにコロナで世の中が震撼した。私は平気の平左だった。
  4. コロナは平気の平左・虫歯は痛みを正しく放置すれば最後は鼻水という頭の毒素が排出して自然治癒する。盲腸も自然治癒する。化膿することも平気の平左。不思議な事に日頃弱気な自分が、これを言い出すと人が変わるのがわかる。自信満々になるのだ。

 

先天的な病気を研究する

 

最初に

というわけで今回は他の病気にめを向けてみようと思う。・・ねじれ腸の人の話を聞いた事がある。そのために便秘と言う。常習便秘というのかな?今回はこれに絞ろう。病気は二つに絞られると思う。後天的なものと、先天的なものだ。この人のねじれ腸は先天的なものと聞いた。これは難しい。このホームページでは虫歯に限定せずに、他の病気についてもけっこう取り扱っている。風邪・コロナ・肺炎・盲腸・精神病・ノイローゼ・とまだまだあるが、私は自画自賛ながら、記事の内容については、かなり自信がある。しかし例外もある。先天的な病気については殆んど記事にしていないはずだ。その辺から入ろう。・・

最初に2

私は自画自賛ながら、記事の内容については、かなり自信がある。しかし例外もある。先天的な病気については殆んど記事にしていないはずだ。その辺から入ろう。・・であるが、胆摘に言うと、後天的な病気についての説明はかなりの自信がある。それに対して先天的な病気については、その説明は自信がないというのが本音である。なぜそうなのかその説明から入ろう。

後天的病気の治せる事の説明できる根拠

私の言う後天的病気の意味は、生まれた時は健康で後々慢性的な病気になった人の事である。成人病が最も理解しやすいかな。多くの病気がこれに該当する。虫歯も生まれた時はそうではないし、盲腸にしても、ノイローゼにしても各種の癌にしても肺炎にしても、後天的に罹病したものだ。なぜそうなるか?

  1. 癌にしても、盲腸にしても、肺炎にしても、生まれてから毎日か一日おきか二日おきか、いずれにしても定期的に体に入れ続けてきた体内毒素作成素材の摂取により、該当毒素の堆積による病気になるというのが私の考え方だ。
  2. 面白い事に癌も盲腸も肺炎も罹病の原因の毒素の素材は異なる。もう一つ。素材が同じ毒素の病気もある。
  3. 肺炎と水虫は大方同じである。盲腸と胆石も大方同じである。➡ ➡病気により毒素の素材が上に提示したように、一種類ではなく、二種類のものもある。・・
  4. 残念なことに毒素の素材については2年前から、名前を明かさない方針にしたので、ここでは言明出来ない。とにかくここが大事で毒素の素材をとらないと、体内毒素の生産は大きく減少する。後天的病気の原因はこの体内毒素の堆積によるものなのだ。仮に「何故・そんな事が分かるんだ?と問われたとしたら、こう答えよう。」
  5. 断食を続けていくと、消化機能が停止するために、余力を生じた体は残りの二つの機能の排泄と燃焼に向かう。➡ ➡そのために日頃排出されない体の深部に堆積している、体内毒素は水で溶解されて、排出される。・・この場合は水を多飲する通常の断食だが、水を飲まない断食もあり、私はこの断食法は未体験なのでここでは外しておく。➡ ➡排出された毒素はたいていは眼に出来る。ここは一旦置いといて今度は発熱による毒素の溶解からの排泄物の説明に入ろう。・・
  6. 毒素排出法の双璧として、もう一つ発熱がある。風邪が説明しやすいので、ここから入ろう。風邪は発熱する。発熱で熔解~移動~排出した毒素は痰・下痢・鼻水・熱尿・下痢・寝汗となって排出して目にすることが出来る。といっても、寝汗はここでは外そう。いくら寝汗が出たと言っても、その姿というか、形状は見えない。他の熱尿や下痢などもその正体は理解しにくいが、少なくとも、普段とは異なるというか、異変があるというのは分かる。
  7. 断食も発熱も優れた毒素排出の神秘だが、排出される、その毒素にその異なるところが一点ある。・・発熱の代表として風邪で説明してみると、この場合の排出毒素は鼻水・痰・熱尿・寝汗・下痢とあるが、その排出毒素の作成素材というのは分からない。熱尿で濃い色の尿が出たとしても、その元の素材は分かりにくい。・痰も鼻水も下痢も寝汗にしても、いずれも分かりにくい。
  8. これに対して断食による毒素排出に成功した場合は、該当毒素を作成した元の素材は分かり易い。色で分かるときもあれば、強烈な臭気で分かるときもあるし、なにより日頃から取りすぎているのですぐピーンとくる。毒素の素材については、言明しない方針を取っているので、ここでは言えないが、酒位はよいだろう。一般の人は飲み過ぎたら体に悪いというのは、皆。知っている。酒なんかもすぐ分かる。この場合は嘔吐という形で出る。勿論断食の場合だが。

結論は通常の水を多飲して体内毒素を溶解して行う断食では、毒素の溶解は水のみで行うので、元の毒素の素材は本人にとっては分かり易いのではないか??➡ ➡人という内部の身体を水のみで洗うので分かり易いということだ。勿論その方法は断食という水による、洗浄によるが、なにより、断食により毒素が大量に排出される場合はヤカン一本くらいは、すぐ飲んでしまう、凄まじい喉の渇きが起きるのは私も実際に体験している。➡ ➡ついでに追加して言うと、私はこの凄まじい断食体験は一回だけだが、下痢か嘔吐かどちらが先であつたかは最近ではよく思い出せないが、一分位の時間差で嘔吐と下痢で全く同じ色の濃度も同じ濃い毒素の排出があった。この時の断食が上で説明したヤカン一本位の水はすぐ飲んでしまう、凄まじい喉の渇きが発生した断食体験によるものであつた。

先天的な病気について

最初に

ここからが難しい。上で入力したことは、後天的に体に入れ続けてきた毒素の素材は断食や発熱で排出できるという説明だった。生まれた時は盲腸炎でもないし、肺炎でもないし、各種の癌でもない。勿論、脳梗塞でも心筋梗塞でもない。それでは先天的な病気はどうか。生まれた時から病気にかかっているということだ。

  1. ここで文頭で入力したねじれ腸の人の話に戻ろう。この人は生まれた時からねじれ腸らしい。従って常習の便秘らしい。正常な腸はねじれたりしないので、遺伝的毒素が圧迫しているのであろう。
  2. 親から受け継いだ遺伝的毒素とは、このホームページで取り上げている毒素を作成する素材を親が取り続けていたというのが、私の見解だ。遺伝的毒素を軽減する方法は実在する。しかしその本命の治療方法については、関係筋に迷惑がかかる可能性があるので、ここでは入力できない。とにかくあるということだ。
  3. それでは先天的な病気。ここではねじれ腸をとりあげたが、私の提唱している「健康対策三本柱」である、➡ ➡断食・発熱する・コリを取る・→ → これがどの程度効果を上げるかは未定である。第一に私が先天的病気を持っていないので、体験がない。無責任だが、実験しなければ分からない。というのが本音である。少なくとも好影響はあっても悪影響はないであろう。
歯は必要か? 虫歯

歯は必要か? 変なタイトルである。これには幾つかの解答がある。歯は必要だが、虫歯は必要でない。人の身体で不必要なものなど一つもない。必要でないものは自然と淘汰される。

始めに

文頭は「歯は必要か?」を入力して、突発的に頭に浮かんできた考えである。私の解答は人の身体で不必要なものなど一つもない。必要でないものは自然と淘汰される。が正解である。今回は突然頭に浮かんだことを入力したのであって、前々から試行錯誤していた内容ではない。従って私の頭にはその理論はない。さてどうなるやら?

  1. 「虫歯は痛みを乗り超える事で自然治癒する」はこのホームページのタイトルであるが、必要でないものは自然と淘汰される。これが最も該当すると思う。・・
  2. 虫歯自然治癒に関しては自然治癒のその工程は頭の毒素が鼻水として排出される工程で鼻水という毒素は、害はあっても必用はない。しかし虫歯は侵食されて小さくなっていく。しかし自然治癒の結果である。短所としては、痛みを我慢しなければならないし、見てくれは悪く成る。しかし歯は自然治癒による縮小などの場合は自然淘汰という結果が出る。
  3. それほど気にかけることはないと私は思っている。咀嚼が悪く成るという人がいるが、私もあまり歯は残っていない。数年前にナマコを食べていて。一気に右の前歯が3本欠け落ちたという経歴がある。しかし問題は歯の欠け落ちた見てくれより歯が欠け落ちた体の不調であろう。・・私の考えは一つ前の記事と同じである。病気になって自然淘汰というか、自然消滅した体の部分については、そのままにしておけばよい。ここでは虫歯としておこう。虫歯を正しく自然放置して消滅した歯については、そのままにしておけばよい。汚物の鼻水が出るだけだ。ただ外見は悪く成るので、その辺は当人の意思にまかせて後は判断すればよい。
  4. 咀嚼不足については、咀嚼不足の消化不良を心配するなら、食事後運動をすればよい。一気に消化する。その辺については、もう一つのホームページの「強いパンチを打つ秘密はこちらから」のスポーツとダイエットにその内容は入力してあります。

結論は虫歯を正しく放置した場合などの虫歯の縮小は自然淘汰にあたり、私だったらどうと言うことはない。そのままにしておく。他の病気からくる不自然な人口的消滅については私だったら何も行いません。該当者の意思で選択してください。

虫歯自然治癒で実験不足なところ? 虫歯

私の虫歯自然治癒体験で実験不足なところは、ひとつが断食との関連性です。当時実験はしているのですが、中途半端に終わっているので、ここでは理論のみで考察していきます。

最初に

虫歯自然治癒と断食との関連性なんて「意味が分からん」という人が多いと予想出来ます。 まずその説明から入ります。虫歯自然治癒に成功した場合は頭の毒素が最終段階で、鼻水として排出され無事完結します。ここのホームページで多分最も、多く入力している内容です。

最初に2

断食は本格的に行って成功した場合は当人を傷めつけている、いわゆる病気の元が排出されるわけです。ただし虫歯自然治癒と断食との差は虫歯自然治癒が発熱という毒素の溶解~移動~排出をおこなおうとしているのに、通常の断食では毒素の溶解~移動~排出はで行われます。発熱は必要ないということです。風邪の場合は発熱で行われるのですが、毒素液状化のために喉の渇きも発生します。

  1. というわけで虫歯という発熱作用も断食も毒素排出という目的は共通なのですが、それぞれ発熱とと毒素溶解からの排出に至る武器は異なるわけです。この辺から入りましょう。
  2. 通常の水を多飲する断食では、体内毒素は水で溶解されて排出されるわけです。当然ながら虫歯の原因である頭の毒素も鼻水となって発熱による虫歯自然治癒は終了するのですが、虫歯に断食を併用した場合はまだ確認していません。鼻水として抜けるのかどうかですけど。?
  3. ここは正直断定は出来ません。勿論虫歯自然治癒に断食を併用した場合ですけど。当時の私はそこまで気が回らないというか、気が付きませんでした。
  4. 仮に虫歯発生時に断食を併用して行った場合はどうなるか? これで考えてみます。当時はここに思い付かなかったので、あくまで断定は出来ません。考察となります。

虫歯発生に気付き同時に断食に入った場合は?

最初に

虫歯に気付いたということは本人は痛みを感知しています。ということはすでに虫歯の原因の頭の毒素の移動が始まったということです。ここで正しく放置すれば、痛み及び劇痛は発生しますけど、毒素は鼻水として排出して、虫歯自然治癒は完了するわけです。➡ ➡ということは無事成功すれば発熱により後頭部・及び延髄付近の毒素は排出するわけです。➡ ➡ということは発熱による毒素の溶解から移動時の最初の虫歯発生時点で通常のを多飲する断食を追加して発熱による毒素の溶解と移動とを追加するわけです。➡ ➡虫歯にしたら表現がおかしいですがたまったものではありません。この辺かからはいりましょうか?

 

  1. 水のみの断食を開始した場合はまず、血液の浄化が始まります。感覚的なものですが3日もすると血液がかなり浄化している事が体感できます。・・
  2. これは虫歯発生した最初の時点から断食を併用した場合も同じです。するとどうなります。虫歯自然治癒という毒素の移動は始まっているわけです。方や水のみによる血液の浄化も開始したわけです。毒素排出の移動と血液浄化という共に体にとっての清掃が行われている。
  3. 私の場合は中途半端な虫歯自然治癒に断食を併用した実験をおこないましたが、虫歯による痛みは停止した記憶があります。虫歯自然治癒で移動中の毒素が浄化されたのかな? 浄化されたのかな? なんて自信なさせげですが、はっきり言ってわかりません。無理にどっちかにしなければいけないとしたら、移動中の毒素が浄化というか軽減されるとしておきましょう。
  4. 虫歯自然治癒の毒素が移動中に傷みは発生しますから、これに断食による血液の浄化がおくつくかどうかです。血液の浄化が追いついた場合は、痛みは消えるでしょう。
  5. 断食による延髄付近の毒素の排出が完全におこなわれた場合は、虫歯の原因が消滅したということですから、虫歯は完全に自然治癒したということになります。この場合、例えば3日で断食を終えた場合は延髄付近の虫歯の原因である毒素は何%か残留していると予想できるので、痛みは継続するかもしれません。いずれにしても完璧に実験してみなければ解明出来ません。運動会の徒競走みたいなもんです。果たしてどちらが早いか? 実力もあるし、コンディションもあるし、運もある。

虫歯の激痛ピーク時に断食をおこなうと?

最初に

虫歯の激痛時というのは、毒素が鼻水で抜ける工程が進んできて、歯に穿孔が開きそこを毒素が通過する時に傷みがおきるのです。ということは、その工程は、最後の頬の外に毒素が溜まって腫れる工程の前の工程ということになります。その時点で断食をおこなうと、果たしてどうなるかということになります。

  1. はたしてどうなるのでしょう。これは実験してみなければ明確にはなりません。興味のある人は実験してください。というのが本音です。しかしそれではみもふたもないので虫歯自然治癒体験者の私が推測してみます。
  2. 私は30年間で10~15回の虫歯自然治癒体験があります。回数が曖昧なのは当時は後に虫歯自然治癒のホームページを作ることになるとは、全く予想しておらず、回数は数えてないし、自然治癒の行程も入力しておらず、全く記憶だけで、このホームページは作成してきた訳です。
  3. 計算しやすくするために、自然治癒体験を10回としてみましょう。10回のうち9回は、虫歯自然治癒の行程と期間はどれも同じ。一例だけこれが異なる体験がありました。体験が異なるといっても自然治癒の行程は9回のものと同じです。それではなにが異なるかというと、その例外の一例は、他の虫歯自然治癒体験と比較して、痛みが通常の数倍でした。通常の虫歯でも結構痛いですから、はっきりいいましょう。勿論感覚的なものですが、通常の3倍といったところかな?  と言う事は相当痛い。なにしろ床に転げ回って我慢して自然治癒させた位ですら。しかし今回はこの例外の、床に転げ回った自然治癒体験はまず、外して考えましょう。なぜって先に圧倒的に多い普通の虫歯自然治癒体験の激痛時に断食をおこなったら、どうなるかで考えていかないと、複雑になってしまう。複雑になっても、いいじゃないか?と仮に言われたとしたら、それより先に・・通常の虫歯自然治癒体験から検証していかないと、話がややこしくなってしまう。・・なぜなら虫歯自然治癒は出来ないという理論が99%以上であるし、虫歯自然治癒が出来ると信じる人は1%に満たないだろうかから。
  4. というわけで、通常の虫歯自然治癒の痛みのピーク時に断食を併用してみる事で考察というか、予想してみます。・・

虫歯自然治癒で断食をおこなうと?

最初に

と言う訳で、平均的な虫歯自然治癒の行程の激痛時に断食をおこなった場合の予想をしていきます。私の最初の虫歯自然治癒体験で予想してみるのが良いと思います。10回から15回に及ぶ虫歯自然治癒体験も、当時は工程を書き留めていた訳ではありません。最初の虫歯自然治癒体験から34年経過した今では正直なところ、かなり記憶が薄れてきました。しかし記憶が鮮明なものもあります。劇痛で床に転げ回って虫歯自然治癒した体験ともう一つ。33歳の最初の虫歯自然治癒体験。

33歳の最初の虫歯自然治癒体験これで仮に痛みのピークに断食をおこなったと予想するとどうなるか。まずその体験はどのようなものであったかと言うと? トップページに「元ボクサー高杉の虫歯自然治癒体験記」の中の・・虫歯自然治癒の段階・・の中から例によって緑色で以下に引用します。

最初の虫歯自然治癒体験記


その次に虫歯になった時、歯医者に行かずに実験をしてみた。その晩かなり痛かったが我慢した。
翌朝起きてみると顔が風船の様に腫れている。
昼ごろから微熱が出てきた。それからしばらくして鼻水が出てきた。そして腫れは引いたのである。
あれから20年程過ぎた。その間何回虫歯になっただろうか?以前はよく虫歯になっていたので
15回位と思うが最低ラインの10回としよう。

10回これをくりかえしているのだ。

 

とあります。これは34年まえの私が33歳の時の最初の虫歯自然治癒体験です。よく記憶しているし、代表的な虫歯自然治癒体験であるので、この場合の虫歯の痛みのピーク時で断食を仮におこなったとしたら、どうなるか? で検証していきます。まずこうあります。

その晩かなり痛かったが我慢した。
翌朝起きてみると顔が風船の様に腫れている。➡ ➡昼ごろから微熱が出てきた。

その晩から微熱が出てきたまで時間として15時間前後しか時間は経過していないわけです。 その晩を9時とすると、翌朝起きてみると顔が風船の様に腫れている。までは10時間しか経過していない。その10時間の間にすでに一工程が進行している。どこがかと言うと。

その晩かなり痛かったが我慢した。~ ~ ~翌朝起きてみると顔が風船の様に腫れている。

痛いのは毒素の異動時です。そして風船の様に腫れている。のは毒素が頬の外まで移動して溜まった状態です。厳密に言えば2肯定かな? うーん。どうなんだろう。私には少し難しいですね?

その晩なり痛かった痛みのピーク時のこの時点で断食をおこなうと、どうなるか。これが今回の課題でした。・・

上にこうあります。・・・

その晩から微熱が出てきたまで時間として15時間前後しか時間は経過していないわけです。 その晩を9時とすると、翌朝起きてみると顔が風船の様に腫れている。までは10時間しか経過していない。その10時間の間にすでに一工程が進行している。

痛みのピークから腫れるまでの一工程が10時間未満。傷みのピークから微熱発生までが、15時間となっています。➡ ➡痛みのピーク時に断食をおこなったと仮定しても、断食は即効性はありますが、時間が短すぎます。➡ ➡思いだせませんが、痛みのために食事をしなかったかもしれません。それでは自然な形で断食に入っていたということになりますかが、今となってはわかりません。➡ ➡それ以外の20年間に及ぶ断食体験でも痛みのために食事はとらなかったと言う記憶はありません。

以上をまとめていると、痛みがピークに達したのも、頬が風船のように腫れたのも、微熱が出たのもすべて、虫歯自然治癒の順番が1~2~3と順調に巡回しているのです。この自然治癒の行程が進んだ虫歯の痛みが、ピークに達した段階で断食を追加しても遅いのではないかと考えています。悪いほうではなくて良いほうに遅いということです。断食により影響が出たとしても悪いほうにはでません。良いほうに出るということです。どういう風に良いほうに出るかは、今となってはわかりません。