虫歯自然治癒の一番の近道は、体を健康にすることです。体内の老廃物を排除することが重要です。

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ボクサー生活から得た健康管理方法で虫歯は自然治癒します

元プロボクサー高杉が実体験に基づいて虫歯を自然治癒させた民間療法をお伝えします

  • コロナと虫歯>>
  • これ言ったら怒られるかな?前編>>
  • これ言ったら怒られるかな?後編>>
「虫歯自然治癒より見たい盲腸炎自然治癒の文献」の記事へリンク
プロボクサー時代の訓練経験が私が虫歯自然治癒への関心をもつきっかけとなりました

元々虫歯自然治癒に興味があったわけではありません。ボクサー時代に、ある方から今までの概念を覆すような、体の事や食べ物の事などを聞きそれに衝撃を受け、虫歯自然治癒への関心をもつようになりました。

現役時代の健康管理と現状での健康管理は基本的には同じですが、理論と実情は微妙に異なります。
健康管理を考えると運動は必要です。ボクサー時代に比べ圧倒的に運動量は少ないのですが、
今は左右対称に行う運動を3 通り行っております。
それと1 年に1 回行う半月程度の断食が現在の健康管理の主軸になっております。
ボクサー時代の減量も同じ効果があります。
ボクシングの要素の改善と虫歯自然治癒の関連性は老廃物「体内毒素」の排除という事です。

現役時代の生活とハードな減量で身につけた健康管理 虫歯は自然に治ります!

断食には、体の中の老廃物を出すという効果があります。
断食を行い、体から特定の老廃物が出てきたということは、
その老廃物を作成した元の素材が不調をもたらした原因となります。
体の中をリフレッシュし、まずは原因を把握することが自己治癒の
ポイントになります。

病気になると大抵は発熱します。発熱をすることで老廃物が
溶解され、鼻水、痰となり体外に出ます。
発熱がひどいほど体は正常になります。
しかし、服薬することで熱を下げてしまうと、
新たに老廃物の素材を追加してしまうことになります。

虫歯自然治癒に関する質問を受け付けています。
再発して深刻に悪化するのでは・・・?
治癒したあとの部分はどうなるの?など、
虫歯治癒経験者の私がさまざまな疑問にお答えします。

よくある質問はこちら

歯医者には行きたいけど、時間がないという方、病院が苦手という方、
様々な理由があって歯医者に行けない方がいらっしゃると思います。
そんな虫歯でお悩みの方の力になるため、このサイトを立ち上げました。
独自に編み出した虫歯の自然治癒方法。ここにはその全てが記載されています。
ただ、情報量が多いため見落としてしまう箇所があるかもしれません。
虫歯はどうやったら治るのか、老廃物とは何なのかなど、
疑問に思ったことはお気軽にお問い合わせください。虫歯治癒経験者の私がお答え致します!

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前 ※必須
e-mail(半角) ※必須
お住まい
ご質問内容

PAGE TOP

体のバランスをととのえて正しく対処しましょう!
虫歯が自然治癒できない謎 虫歯

13年も同じホームページの作成と記事を更新し続けていくと、どうしても重複した記事を作りそうになってしまう。当初は「虫歯とコロナと盲腸」という記事を今回作成しようとしたが、2020/12/12㈰に「虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵゛ある。」という記事をすでに作っていた。危うく重複するところでした。

 

最初に

まあせっかく「虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵がある。」が出てきたのだから、あまり硬い事を言わずに、そこから入りましょう。虫歯は私は20年間で10数回自然治癒に成功している。自然治癒率は100%です。虫歯自然治癒の最後の工程は判で押したように、鼻水の排出でした。盲腸は私は体験はないが、私の100%信じる文献によれば、盲腸も自然治癒するそうで、最終の自然治癒の行程は下痢による毒素の排出とある。これがコロナとなるとコロナの殆んど知識のない私が、少し調べた限りでは、コロナ肺炎という人もいるくらいだから、排出毒素は痰が主らしい。

最初に2

自然治癒の排出毒素が鼻水・下痢・痰とそれぞれ異なっている。難しく考える事はない。そこに自然治癒のカギがある。とまあ「虫歯と盲腸とコロナの排出毒素に鍵がある」はこのくらいにして本題の「虫歯が自然治癒できない謎」に入ろう。

少しこのタイトルに違和感を持つ人もいるかもしれない。世間の常識では「虫歯が自然治癒出来る謎」が本当であり、「虫歯が自然治癒できない謎」はおかしいであろう。こう考えるのが当たり前である。・・続く

浄血者でない人のコロナ対策 自然治癒

タイトルの意味は最近のブログ記事でこう言っています。浄血者は黴菌を浄血により殺せるわけです。コロナも黴菌であるから、例外なく殺される。めでたし。めでたし。となるわけですが、どっこい。そう簡単にはいきません。該当記事で浄血者の代表として3鉄人を上げています。宮本武蔵・沢村栄治・ウイルフレッド・ゴメスでした。それぞれがどういう人かはここでは説明しません。各自で調べてください。

最初に

3鉄人は血液が完璧に綺麗なため・・全盛期の話・・仮にコロナが3鉄人の全盛期に侵入しても浄血によりころされてしまうと予想できます。ず以下に確信部分から入ります。以下に緑色で「これを言ったら怒られるかな? 後編」から一部を以下に引用します。

普通程度の健康な人・・3鉄人ほどに完璧ではない人

 

  1. 2に入りましょう。これは健康な人に入ります。  詳しく言うとまあまあ血液の綺麗な人で、スポーツマンで言えば1流の人です。といって1の3鉄人程に完璧ではありません。少しの汚濁はあるが、普通の人より健康で、平たく言うと健康な人ということです。
  2. 2の人にコロナウイルスが入るとどうなるのでしょう。ここは申し訳ないですけと、私の推測で言うしかありません。コロナウイルスの強さも2に該当する人も知らないのですから。まず3鉄人程の細菌を殺す力は血液にはないわけですから、コロナウイルスの保菌状態になると推測できます。・・かといって殺せないとも言えません。そのへんは今の段階で分かるわけありません。ここでは殺せなくて保菌状態になる方で考えていきましょう。
  3. 保菌状態になっても血液はそれほど汚れていないので、コロナは暴れられません。・・

上の緑文字は2020年にブログ記事で入力したものですが、私の100%信じる文献から今月「2021/05/??日」緑文字を補う完璧な文献を見つけました。以下に青文字で引用します。

この理由によって発病者と未発病者との区別は、すなわち発病者は濁血者であり、不発病者は浄血者であるということになる。また保菌者というのは濁血少量者であって、病菌が繁迷惑殖するほどでもなく、死滅するほどでもないという中間的状態である。

青文字をコロナに置き換えるとこうなります。・・・

コロナの発病者と未発病者との区別は、すなわち発病者は濁血者であり、不発病者は浄血身であるということになる。またコロナ保菌者というのは・・陽性・・というのかな?・・濁血少量者であって、コロナ菌が繁迷惑殖するほどでもなく、死滅するほどでもないという中間的状態である。

 

コロナの好きな濁血がある。

 

表題のコロナの好きな濁血がある。の意味は ➡ ➡血液は食料中心の身体が吸収するもので作成されます。➡ ➡ということは濁血も浄血も吸収素材により作成は決定されるわけです。➡ ➡コロナの好む濁血はどの濁血でもよいというわけではありません。➡ ➡ホームレスの人は焼酎「アルコール」を多飲する人が多いです。しかしコロナにはならない。だったかな?少ないだったかな? そこはよく思い出せないですが、とにかくコロナには強いです。➡ ➡ということはアルコールで汚染された血液はコロナは好きではないということです。➡ ➡その素材を研究して体に入れなければよいのです。➡ ➡ コロナに限定せずとも、私は各種の体内毒素を形成する素材はだいたい知っています。➡ ➡2年前から毒素作成の素材の名称は言わない方針を取っているので、ここではコロナの作成素材は言いません。

コロナは恐ろしいのではなくコロナに反応する濁血が恐ろしいのです。

 

 

前の記事の検証 自然治癒

前回の「コロナと虫歯」の続きです。前回は13年前に作成した「虫歯と細菌との関連性」と私の100%信じている文献との比較を今回の記事でしてみると言っているわけです。そこから入るためまず13年前に作成した「虫歯と細菌との関連性」の一部を再びここに引用することから始めます。最初に緑色でまず引用します。

 

最初に

結論から言えば細菌に老廃物が反応するんでしょうね。
例えとして細菌が火を付けたマッチとします。
健康な体は浄血が循環している状態ですので水路に綺麗な水が流れている状態とします。

水路の流れに火をつけた状態のマッチを投げ入れても火は瞬時に消滅してしまいます。
健康な体(浄血が循環している)に細菌が入っても何の反応もないということです。 

対照的に不健康な体は濁血が循環しています。
水路にガソリンが流れている状態とします。
ガソリンの流れに火をつけたマッチを投げ入れると、瞬時に炎は上がります。

 

次は比較の記事である私の100%信じる文献を再び引用します。以下に青色で引用してみます。

病菌はまず食物または皮膚面から侵入するや病菌といえども生物である以上、食生活によらねば生命を保持し、種族の繁殖を計ることのできない事は他の一般動物と同様である。しからば病菌の食物とは何ぞやというと、それは血液中にある汚濁てある。

今から比較に入ります。・・

コロナなんて屁でもない。

まず最初にでこうあります。 細菌に老廃物が反応するんでしょうね。これは青色の文献に置き換えるとこうなります。

  1. 細菌「黴菌」は、ここはコロナ菌としておきます。老廃物「体内毒素」を目掛けて、体内毒素゛がコロナ菌の食物ということです。食べます。難しく考えることはありません。コロナの好物の食材を食すということです。
  2. 細菌に老廃物が反応するんでしょうね。いこーる 病菌「コロナ菌」の餌である血液中の毒素を食べる。なんのこっちゃと思われるのも変ですがコロナ菌は体内毒素に反応するということです。 
  3. おとなしく上品に食べてくれれば問題はないのでいすが、コロナは品がないので発熱で咳が出たりするわけです。これで慌てふためいて右往左往しているわけです。
  4. 一年前に失敗している過度の自粛・休業要請。まだやるんですか。他の業界だったらとっくに「あなたは駄目です。」となりますけど。他に方法はないのか?とか考えないのですかね。探せばコロナは平気とか対抗できる理論はあります。ここは断定しておきます。
  5. ある面で排他的で自分中心の強硬継続の恐ろしい面があります。私はその辺は分かっているのでコロナなんて屁でもありません。・・

次はここいきましょうか?

例えとして細菌が火を付けたマッチとします。
健康な体は浄血が循環している状態ですので水路に綺麗な水が流れている状態とします。

水路の流れに火をつけた状態のマッチを投げ入れても火は瞬時に消滅してしまいます。
健康な体(浄血が循環している)に細菌が入っても何の反応もないということです。 

 置き換えるとこうなります。

ここでは細菌がコロナ。となります。綺麗な水路にいかなる火種を入れても水を焼き尽くすことはできません。➡ ➡ 「これを言ったら怒られるかな?」か「これを言ったら怒られるかな? 後編」あたりで言っていますけど、浄血は細菌を殺す力があるということです。」➡ ➡ということはコロナは浄血者の血液に侵入しても浄血により殺されてしまうと言う事てす。

 

現世代人はコロナを浄血で殺せない人が多い。

 

最初に

上の表題についてはすでに「これ言ったら怒られるな?」や「これを言ったら怒られるかな? 後編」ですでに説明していますが、確信中の確信なので再びここで角度を変えて説明してみます。

 

少し上にこうあります。  浄血は細菌を殺す力があるということです。」➡ ➡ということはコロナは浄血者の血液に侵入しても浄血により殺されてしまうと言う事てす。 

 ここを頭に入れて対策を強化すればよいのです。➡ ➡    結論はコロナ VS 人間 の戦いなわけですから、コロナに脅えず、自分を強化してコロナを殺してしまえばよいのです。 ➡ ➡ コロナの好物の濁血を改善して浄血者を目指せばよいのです。➡ ➡ そうすれば浄血者の代表の典型的例である宮本武蔵みたいに、飛び降りて竹が足を貫いても平然としていられるのです。まあ武蔵程完璧にならなくてもよいですけど。➡ ➡ 武蔵の足を竹が貫いた時は今となっては調べられませんけど、各種の強い黴菌は武蔵の足から血液に侵入していったはずです。➡ ➡その辺は私は詳しくないですけど、代表的なものとして破傷風という黴菌。➡ ➡破傷風も武蔵の体内の浄血により殺されたのでしょう。➡ ➡ 破傷風は殺せるけどコロナは殺せないよ?と何癖を付けられると私の頭脳では返答できませんけど。

「これを言ったら怒られるかな?」かその後編で言っていますけど、人の血液の汚濁度を4段階に分けているわけです。武蔵を含めた3鉄人・3鉄人程の浄血ではないが、浄血者「健康な人」・普通の汚濁度の人・濁血者 こうわけているわけです。その辺はここでは説明しません。該当記事を見てください。

ここからはここの記事の核心になります。

 上にごく一部引用した私の100%信じる文献にこうありました。・・

しからば病菌の食物とは何ぞやというと、それは血液中にある汚濁てある。

最後に

青文字は核心に当たりまずが、コロナに関してはまだ続きがあるのです。どういう事かと言うと、コロナも黴菌ですけど、コロナの食物゛血液中にある濁血と言っても、好きな素材゛あるのです。

ということは簡単です。その素材を摂取しなければよいのです。私はその素材の名称をしっています。

  1. コロナの好きな食物が血液中の濁血と言っても、濁血を作成した素材があるのです。その素材を私は知っているので、・・・コロナなんて屁でもない。・・・と自信家でない私が、自信をもって断定しているのです。
  2. 著しく血液を汚染させる素材です。残念なことに2年ほどまえから体内毒素の作成素材。言いかえると血液を汚濁させる素材については名称は出さない方針を取っているので、この場ではいえません。
  3. コロナが好む素材。盲腸炎の原因は何。癌の作成素材。それぞれ異なります。該当記事でも言っていますけど、出せる範囲でヒントを出します。上のコロナ・盲腸・癌とありますが酒「アルコール」ではありません。癌の素材は42年前の私の最初に行った2週間の断食で3日目に排出しました。まあこれ位にしておきましょうか?

 

 

 

 

コロナと虫歯 自然治癒

一年位前・・2020/春くらいに「虫歯とコロナ」という記事を作っている。今度は「コロナと虫歯」か? 文章構成を考える嫌なやり方だな?  そう思われてもいけないので、その辺の説明から入ることにします。「虫歯とコロナ」はコロナに脅える人々はコロナに罹るといろいろな症状が出ます。最悪な場合には死に至る。それを恐れて逃げ回る事に専念している。

最初に

良ーく。考えてみてください。逃げ回って何が解決しますか。交通事故のトラブル・隣人とのいざこざ・体の不調・・これは私の得意分野ですけど。・・何も解決しません。対処の最先端は原因を明確にすることです。女に振られて苦しむ。原因は自分のルックスが良くないと信じ込んでいる人も多いもしれません。しかし真因はあなたの性格が嫌いだった。という事もあり得ます。コロナの真因が分からないで、盲目的に過剰な自粛・飲食店への「これでもか。これでもか?」という過剰な圧力。どうしてこうなる。とても健全国家とは思えません。この辺から入りましょうか?・・

簡単です。コロナの原因をはっきりさせることです。愛車の調子が悪い。原因が分からない。原因はオイル交換を怠っていたということもあります。少し今までトリアッカツテキタ事柄から説明に入りましょう。

  1. 風邪。・・体内毒素の排出作用でした。身体にとってはこれほど有益なことはありません。原因をはき違えて、熱を冷まして・・良かった。良かった。・・と喜んでいるようでは話になりません。
  2. 虫歯・・頭の毒素の排出作用です。・・虫歯自然治癒の最大の難関である、劇痛は頭の毒素が移動して歯に無数の穿孔が開きそこを毒素が通過する時に起きる激痛が真因です。真因が分かれば、成程と思いよーし。やってみるか。という気になりますね。
  3. 風邪は虫歯程の激痛というか苦痛も生じませんし毒抜きという点では健康優良児です。
  4. 私は、虫歯は自然治癒する事にやり方さえ間違えなければ、100%の自信があります。こんな事言う人1000人に一人いるかいないか位でしょう。100%の自信があるのは私が20年間で10数回虫歯を自然治癒させてきたからです。しかも自然治癒に至る工程は判で押したように一つの工程しかない。これでは100%と自信家では決してない私が言い切るのもしかたないですね。
  5. 次は盲腸炎いきますか?一般的に盲腸と呼ばれる病気ですね。これはトップページの上から少し下がったところに「虫歯自然治癒より見たい盲腸炎自然治癒の文献」というのがあります。それを見てください。少し追加説明すると完全には記述していません。私の教科書である「1954年には定理されていた理論」から私が発見したものです。
  6. 虫歯を自然治癒させた経験を持つ私は眼を皿にして読みました。それを私のホームページで完璧に描くなどという気持ちにはなれませんでした。先駆者の理論を調子づいて100%引用するのは気が引けたからです。それによると盲腸は堆積毒素が犯人で発熱で痛みが起きるのは私が「二つに分かれる体内毒素「老廃物」排出の工程」等で説明している第二段階なのです。従って我慢していれば下痢が出て自然治癒する。 こうあります。
  7. 私は盲腸炎を患った事はないので自然治癒の体験もありません。その文献には原因も明確に記述してあります。と言う事は原因の分かっている私は盲腸になりません。万が一なっても自然治癒させるでしょう。たった一回でしたが、虫歯の激痛を床に転げ回って自然治癒させた私ですから。 追加説明として痛みを軽減する方法も記述してありましだ、それは控えておきます。
  8. 次は問題のコロナで最後にしましょうか。注目のコロナですが、わたしはこわくありません。あちこちでコロナは怖くないと言っているのですが、理由を言います。コロナは細菌「黴菌」です。私は黴菌は怖くないという該当記事をすでに数個作成しています。➡ ➡コロナも黴菌である。➡ ➡したがって怖くない。  そうか。分かった。その根拠を言ってみろ。 ということになります。以下に赤文字で言います。
  9. 結論から言えば細菌に老廃物が反応するんでしょうね。
    例えとして細菌が火を付けたマッチとします。
    健康な体は浄血が循環している状態ですので水路に綺麗な水が流れている状態とします。

    水路の流れに火をつけた状態のマッチを投げ入れても火は瞬時に消滅してしまいます。
    健康な体(浄血が循環している)に細菌が入っても何の反応もないということです。 

    対照的に不健康な体は濁血が循環しています。
    水路にガソリンが流れている状態とします。
    ガソリンの流れに火をつけたマッチを投げ入れると、瞬時に炎は上がります。

    不健康な体(濁血が循環している体)に細菌が入ると、
    すぐ体が反応していろんな反応が出る(病気になる)ということです。

     

    コロナの真因は

     

    最初に

    上の赤文字は現時点で入力したものではなく、このホームページ「虫歯は痛みを乗り越える事で自然治癒する」の作成当時の13年ほど前に記述入力したものです。コロナは1年2か月前に騒ぎは拡大したものですから、コロナ対策として考えた記事ではなく、私は真に以前にそう考えていた事が分かります。

最初には13年前の入力記事。果たして正しいかどうか?  それ調べろ。調べろ。・・

100%の解答はこれです。以下に紫色で文献から

引用します。

但し私が考えた理論ではありません。

病菌はまず食物または皮膚面から侵入するや病菌といえども生物である以上、食生活によらねば生命を保持し、種族の繁殖を計ることのできない事は他の一般動物と同様である。しからば病菌の食物とは何ぞやというと、それは血液中にある汚濁てある。

 

注意事項・・・こうあります。まだまだ上の紫色の前後の文献には確信文献は多く、私は完璧な文献なので、引用はするが、出来る限り引用は最小限にしている方針です。これはこのホームページの作成当初からの方針です。何せ引用のオンパレードでは、私のホームページではなくなってしまうからです。・・

最後に

次の作成予定の「前の記事の検証」で13年前に作成した上の赤文字であるトップページにリンクしてある「虫歯と細菌の関連性」紫文字の私の信じる完璧な文献との微妙な差との検証等を踏み込んでさらに両方を考察していきます。私の頭脳では紫の文献の検証は無理なんですけど。     ありがたい事にこの文献の作成者の方は、専門家にも・・最近の超流行語になりました。・・素人にも納得できるのが、本当の知識であると言っておられます。正確な文面は忘れましたが。私も以前よりそう感じていたものです。

コロナは恐ろしくないと言う事が以上から理解できた人が出てくることを私は熱望しています。

 

黴菌「細菌」って平気。 自然治癒

私は黴菌は平気である。従って今のコロナに恐れふためいて逃げ回っている、日本中の動向も滑稽に見える。と開始から、ど真ん中の速球でここの記事をスタートしました。これは誇張なく私の本心である。黴菌に関しての記事はけっこう作成しているので、ここにきて作成する必要もないのでは? と考えたがさらに追及してみよう。

最初に

日本中がコロナに恐怖して逃げ回っている。マスクの着用・人との距離を取る。この辺までは仕方ないが、過剰な自粛・飲食店への過剰な圧力は眼をおおうものがある。すでに言っているが、結局は 「コロナ VS 人」の戦いな訳でしょう。これもすでに言っていますが片手落ちなわけです。

最初に2

コロナ VS  人 との戦いなのに相手を恐れて逃げ回る事に専念している、日本人も情けない。・・ここは日本人に限定しておきましょう。・・私みたいに・・コロナは恐ろしくないですよ。・・と事あるごとに言い続けても、殆んどの人は・・何を言っているのこの人。・・みたいな感じで「アーアー。分かりましたよ。あなたは勝手にしてください。」という感覚で受け止められる。しかし私はこの考えに自信がある。すでにコロナの記事で説明していますが、必要を感じて個々の記事で、変人よわばりされるのを覚悟で説明してみます。・・続く