虫歯自然治癒の下準備になったのは、断食とボクシングの減量でした。どちらも成功の前に良くなる前の反応が出てきます。

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら
トップページ > 虫歯の自然治癒を私ができて他の人ができないワケ

病気の苦痛を体の悪化と考え、痛みの軽減方法を間違えると、
自然治癒できません

虫歯の自然治癒を私ができて他の人ができないワケ 最初に

虫歯が自然治癒出来る事を説明出来る人は、私を含め世界中の中でごく少ない人たちではないでしょ
うか。なぜ少ないか私なりに考えてみました。
理由は二つあると思います。まず虫歯の自然治癒の理論と実験データがないことです。
二つ目は虫歯を放置した人も多いはずです。たまたまそれが、私の言う正しい放置の仕方と同じであった場合、その虫歯は自然治癒したはずです。
この場合は自然治癒に該当します。しかし虫歯の自然治癒に至る理論がないため、偶然に治ってしまったという事になるのです。
虫歯の自然治癒には何年後かに再発する場合もありますので、最初の虫歯の放置による自然治癒は否
定されてしまうのです。

虫歯を自然治癒出来ない人

「虫歯自然治癒」の話をしてみて出てくる比較的多い質問です。

Q.
自然治癒したのではなくて歯や歯の神経が死んだのではないか。あるいは特異体質ではないか。

A.
歯の神経がどうなったかは専門家ではないのでわかりませんが、この質問は私が虫歯が自然治癒出来
ることを説明した場合、出てくる最も多い反論です。これは正しく放置していないのが原因です。

これが大方の答えになります。大方の人が虫歯が自然に治る工程が存在する事を知らないため、治癒
の工程に乗れないだけの事です。
その人の体が強化を求め虫歯が発生したという事です。この治癒の工程に乗れない事が最初の理由に
なります。
冒頭の「最初に」の二つ目の・・放置していたらたまたま治ってしまった事例や、再発したため、最
初の自然に治った事例も否定されてしまうのは、同じく虫歯自然治癒にたまたま至った場合の検証をしておらず、その理論がないからです。

虫歯自然治癒を阻むもの

虫歯が発生してから治癒に至る工程は錯覚の工程なのです。私は錯覚していないので放置して治せる
し、一般の人は錯覚しているので治せないだけのことです。最もこの見方は体全般の強化という意味
ですけど。

具体的には答える訳にはいかないのでもう少し難しいヒントを出すと。1-1=0です。
この場合の1は虫歯の発生です。-1は正しく放置です。0は自然治癒です。

虫歯を放置して自然治癒出来ない人は1-1+1=1になっているのです。自然治癒に至る段階が1にもどっているのです。この場合の+1は正しくない放置です。何かしら手を加えたという事です。
+1が自然治癒を妨げた原因です。これは虫歯に限りません。多くの病気の慢性化を呼び込みます。
別の言い方をすれば、自然治癒と慢性化のいたちごっこの原因ともいえます。

この+1 は体に多くの障害を与えます。多数の病気の原因。一つだけそれが原因の病気を提示してみる
と肺炎なんかそうです。肺炎が最近の病気でやたら多く死因でも多数を占めるのは+1 が原因です。
半分答えになってしまいましたが。病気にとどまらずこの+1 は老化を促進させます。
白髪なんかもこれがかなりの要因を占めています。

ボクサーの勘も衰退させます。私がボクサー志願の少年だったころ、最も自信のないところは勘と反
射神経でした。現実はスタミナの無さが最大の障害になりましたが、現役中に勘と反射神経が劣って
いると感じたことはありませんでした。+1 の正体と体を衰退させる事実を途中から気づいたからだと、今実感しています。
25 歳で最初に行った2 週間の断食やボクサー時代の過酷な減量が私の虫歯自然治癒体験の下準備に
なりました。一般の人はダイエットの減食は行っても、それより過酷なボクシング等の減量は行った人はごく少ないと予想出来ます。

何事も下準備が出来ていれば成功の可能性は高いです。断食や減量がなぜ虫歯自然治癒の下準備に
なったのでしょうか。断食も減量も食事をしない事が中心のテーマです。断食は食事をしないことに
より、体から健康を阻害しているものが排出されます。ボクシングの減量も断食ほどではないにして
も似た効果があります。
両方とも食事をしない事や、減らすことにより体は健康になるという事です。

私が虫歯自然治癒を出来た訳とは

しかし両方とも苦痛が生じます。断食は体内毒素の種類により苦痛の質は違います。ボクシングの減
量の場合の苦痛は飢餓感と、最初私も思いましたが、これは食事を極端に減らせば腹は減るのは当た
り前ですから外すことにしました。

ボクシングの減量の場合風邪をひきやすくなります。これが答えです。
食事をしない事=健康になるということです。

ボクシングの減量を行うことは食事を極端に制限するということである。=このことにより体は健康になるということになる。なぜ健康になるかと言えば風邪を引くか、そこまではいかなくても極ごく軽い風邪を引いた状態になるからである。風邪を引くということが健康になり、良質のコンディションを招くことになる。これが答えになります。

体が適応するという事です。ボクシングの試合をおこなうには体のコンディションを最高の状態の付近にもっていかなければならない。そのため体が風邪を引かすのです。勿論これは減量+減量以前の猛練習の二つが風邪をもたらすという事です。

要点・・食事を減らすことで健康をもたらす断食とボクシングの減量は、健康対策法としては、同じ
ような体の代謝の流れを連想しやすいが、基本原理は決定的に違う。断食は多量の水を欲するし、ま
た飲まなければならないが、体温は平熱をキープすることが多い。ボクシングの減量は水分をかなり
制限しなければならないが、体温はあがることが多い=風邪を引きやすい。
水分と体温が健康対策の基本的キーワードという事になります。

自然治癒ができない人とできる人の違い
虫歯自然治癒の下準備とは

改めて断食とボクシングの減量が虫歯自然治癒体験の下準備になった要因を述べてみると。

食べない事で体は健康に近づくが、その際、断食で言えば吐き気等。ボクシングの減量で言えば風邪
を引く等の一時的体の不調を招く。またそれらがなければ、体がそれ以前より好調にはなれない。

こういう既成事実を私が虫歯自然治癒体験以前にすでに経験していたし、理論的にも納得していた。
こういう体験があったからこそ33歳で初めての虫歯自然治癒を体験する際、虫歯の痛みの発生を、
体の悪化と考えられなかったからだと思う。この時点での虫歯の際の痛みの発生を体の悪化と考えた
場合には不自然さが生じる。

断食の際の吐き気や、ボクシングの減量期間中の風邪ひき等も、体の悪化というか体の不調と考えな
ければならない。私は最初の虫歯自然治癒体験の時に、すでにその矛盾点を感じていたのであろう。
その結果こういう精神思考が生じた。

・・頭の毒素が・・・・・・・、放っておけばよい。・・これを素直に実行したからである。普通は
こんなことは考えないであろう。私は意識はしていなかったが、考えていたのであろう。
そうなった要因は?

当時の私は、すでに一般的な体と病気の考え方はしていなかった。病気になっても医者にはいかなくなっていたのである。

一般的常識とは異なる考え方になっていたのである。しかし一般的な考えも残っており、その一例が
虫歯だけは歯医者にいっていた。今ほど虫歯というか体に対する考え方が私自身確定されていなかっ
たからである。

虫歯の強い痛みはかなりのものであるし、痛みの発生が体を良化させるという発想も当時の私にはな
かった。当然痛みが発生する原因も理解できていなかった。痛みの真相を私自身が無意識のうちに解
明したかったからかもしれない。

タイミングよくその時虫歯になったのである。そして虫歯の痛みをがまんしてみろということである。それを私が素直に実験してみただけのことである。

虫歯を放置すると痛みが発生するのは当たり前で、それをさらに踏み込んで我慢してみるという実験である。虫歯を自然に放置して治すには条件があり、虫歯を正しく放置するということである。当時の私はこの部分の知識は手に入れていた。

今までの長期にわたる虫歯自然治癒体験でまた一つ理解できたことがある。

虫歯の痛みは体が良くなる前の一過程である。

苦痛の筆頭の痛みが体が良くなる前の一過程である。ということが虫歯自然治癒の体験をとおして確
定したことになる。ただし怪我の際の痛みは異なることも付け加えておきます。

虫歯を放置して治すには痛みの工程を越さなければならない。ただし条件があり痛みを越さなければ
ならない。断食も同様で吐き気などの苦痛を我慢して乗り越えなければならない。不自然に手を加え
てはいけないのである。ボクシングの減量も同じで、風邪を引いた場合不自然に手を加えてはいけな
いのである。

自然治癒の条件は我慢するということである。断食もボクシングの減量も同様で成功する前にたいて
いよくなる前の反応がでる。・・虫歯で言えば痛み。ボクシングの減量で言えば風邪及びその前の体
のかなりの不調・・この反応が出て体が良くなる事を体験してきたことが、その後の長期の複数回の
虫歯自然治癒体験を成功させた下準備になったわけである。

注意事項・・上のそのまえの体のかなりの不調・・については例外のボクサーもいます。体の強いボ
クサーは一見風邪をひかない感じを受けますが、実際は体の代謝が良好なので逆で風邪はひきやすい
のです。矛盾しているようですが私自身この点についてはよく解明できていません。

PAGE TOP