虫歯と薄毛と皺の原因は肝臓・心臓・腎臓の弱体化なので、老廃物を排除して正常に近づけるのが予防・対策になります。

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら
トップページ > 虫歯と薄毛とシワの関連性はどこにあるのか

老廃物排除の程度と比例して、臓器は健康になり、
虫歯や薄毛や皺に効果があります。

虫歯・薄毛・シワには深い関連性があります。
最初に虫歯と体調

老廃物の排出「肝臓・腎臓の健康度」が歯にとどまらず、
老化に対してもかなりの効果があることが最近の断食体験で分ってきました。

老化といえば歯・成人病もそうですけど、
薄毛あるいは皮膚の張りとシワなんかが連想されます。
これにもかなり有効なようです。

太く長いシワも断食中は消えますし、薄毛も太く立った状態になります。

断食期間中は消えるしわ断食でシワが消えた

最初のシワが消えた断食から一年後の断食期間の間に再びしわが出来た事になります。
この点は私の意思の弱さで、最初の断食と次の断食の間に
飲酒を中心にした食べ物の不摂生が原因でしわが再び出来たと考えられます。

ボクサー時代に比べて健康を増すことに対しての情熱が薄れているのでしょう。

薄毛・シワ・虫歯は元は髪・皮膚・歯ですから私が「筆者紹介」
「虫歯自然治癒の理論」のサブページ"「虫歯と癌等の重病との関連性」の項目
虫歯と癌等の重病との共通点と相違点、や同列の項目" 病気自然治癒で注意するところ"
で提唱しているように、病気を難しく考えない事と同一の理論が適応されます。

肝臓病も精神疾患も皮膚病も根本原因は同一という考えですから、
髪・皮膚・歯の不調というか病気も原因は同一という事になります。

断食で健康になる

結論は断食で老廃物が出るのですから、体は健康になります。
歯にも髪にも皮膚にも良い影響を与えるということです。

別の視点から見ると大食・偏食・及び他の体に対しての悪い事
→「体に対しての常識が間違っていることは驚くほど多いです。」は
歯にも髪にも皮膚にも悪い影響を与えます。

断食期間中に歯と髪と皮膚が健康な状態になる原因を考えて見ました。
断食は言葉を変えると老廃物排除手段です。

当然老廃物は体の状態がどの段階に置かれているか、
その段階によって多かれ少なかれ排出します。
老廃物が出るという事は健康になるという事です。

当然肝臓・腎臓も老廃物排出の程度と比例して健康度が増します。

歯が弱る原因

「虫歯自然治癒の理論」のサブページに「虫歯と腎臓との関連性」というのがありましたね。

カルシウムを作るホルモンは腎臓で作られる。
歯はカルシウムが不足すると弱ります。
腎臓が弱るとカルシウムが体の中で作られないので、歯が弱る原因になります。

髪・皮膚にも腎臓が弱ると影響を与えると思われますが、
どの程度の影響を与えるかは私には分りません。
案外微小かもしれませんし、歯同様の影響がある可能性もないとはいえません。

それらを踏まえてこれから記載することは確証があるわけではありません。
私の考えですからそのつもりで眼を通してください。
皮膚・髪は肝臓の影響が強く現れると私は想定しています。

肝臓が与える影響肝臓が悪くなると

肝臓は多種多様な働きがあります。
沈黙の臓器ですからなかなか悪くなったと気づきにくいです。

もっとも錯覚しやすいのは「虫歯自然治癒体験記」に記載しているように、
悪くなるとよく食べよく眠ることです。

食べても栄養が身に付かないから過剰に食べ、
寝ても疲れが取れないから過剰に眠るのです。
解毒作用やアルコール分解作用もあるので、弱ると老廃物が増えます。

老廃物が増えるので頭皮が汚れます。
当然毛細血管を当して髪の必要成分は分配されません。
それと推測の域をでませんが、肝臓はたんぱく質の作成に関与しているのではないか。

これは五十八歳の私が最近感じることです。
五年前に九年間辞めていた酒を再び飲み始めました。
以前はビール一辺倒だったのですが、日本酒やワインを混ぜることもあります。

飲酒の量もずっと落ちているのですが、多く飲む時もあります。肝臓が弱っているようです。
九年も断酒をしていたらたくさん飲んでも大丈夫なように思いますがそうではないようです。
私の最近の体調の悪い時「主に飲酒によるもの」は老けてみえます。

皮膚の張りもなくシワも目立ち、髪も細く弱く、色も抜けやすいです。
皮膚の張りも髪の太さもたんぱく質の作成というか補給状態の関連が強いと感じています。

断食の目的

ある程度体調が悪くなると改良しようと努力します。
その方法は、このページの項目10や他のページのいたるところで記載したとおりですが
例の三つの体調管理です。最も手っ取り早いのは断食です。

最近の断食は目的が二つあります。一つは本来の目的の老廃物を出す事です。
もう一つはすでに記載したように肝臓・腎臓を中心にした
臓器の健康度が人体にどのような影響をもたらすかを調べる事です。

肝臓・腎臓を中心とした臓器の健康度=老廃物の臓器に占める比率ですから、
この比率と体調の関連性を調べるには断食が手っ取り早いからです。

どういうことかというと一般的な断食のパターンで多いのは
開始して数日経過してから老廃物が出る傾向があります。
開始初日から出ることは稀という事です。

たとえば飲酒による肝臓機能の衰えの正常化は平均して一週間前後から始まります。
この頃に肝臓から苦い水を吐くことが多いです。勿論例外もあります。
観点を変えるとこの頃から肝臓の正常化が急激に進むという事です。

老廃物の抜け方

老廃物の抜け方と種類は老廃物の元となった
素材によってことなりますが抜け方によって分ります。

この点はここでは記載しません。
この正常化の時期にかなりの事が明確になります。

  1. どの臓器が悪いか。
  2. 悪くなった臓器の原因の老廃物の素材は何か。
  3. その臓器の正常化と比例して体のどの部分が強化されるかです。

その一つとして腎臓の正常化は歯の強化ですが、
これはサブページ「虫歯と腎臓との関連性」に
記載したとおり私の頭の中では確定しております。

肝臓の正常化

私が今最も関心のあることは、弱った肝臓が正常化するにつれて、
体のどの部分に良い変化が出てくるかという事です。これは実験しにくいです。
一旦弱った肝臓はなかなか正常化はむつかしいからです。

しかし現時点の私にとっては実験しやすいのです。

その理由はすでに記載しました。
改めて言うと現時点の私は飲酒の影響で肝臓は弱っているのです。

しかしこの程度であれば半月くらいの断食で
老廃物はある程度というか結構排出されます。
肝臓からの老廃物の排出の比率が高くなるのと比例して肝臓の健康度は増します。

少し上の「弱った肝臓が正常化するにつれて・・・・・
現時点の私にとっては実験しやすいのです。」
この点について感心をもったのが最近のことなので、データが少ないのです。

ここ三年毎年一回半月程度の断食を行っており、
去年「2011年」おこなったものは
老廃物の排出が殆ど感じられなかったので参考になりません。

一昨年の断食については本件についての関心がありませんでした。
従って今年行ったものが最も参考になるのです。

今年「2012年」行ったものが少し参考になると思います。
16日決行しましたが、今回のものは最初から肝臓機能の正常化が
体にどのような好結果をもたらすか、この点に注目していました。

断食決行!

断食決行前の体調はかなり悪かったです。
勿論飲酒が原因でした。
断食前に体調を良くしようとは思いませんでした。

半端な体調より悪い体調の方が実験しやすいし、
結果もでやすいと今までの断食体験から感じていました。

開始して最初に感じたことは歯の強化です。
二・三日目くらいから感じました。
歯が強化されて硬くなったような気がしました。

この点は毎回の断食で感じることで、
断食「栄養補給を絶つ」を行っても虫歯になるどころか歯は強化されるのですから、
断食による老廃物の排除「腎臓の健全化」が歯の健康度に強い影響を与えている事になります。

五日目くらいから吐き気がしました。継続的にです。これは予想通りです。
2011年に行ったものと同じ経過をたどっていますが、
17日行ったにも係わらず、体調の変化はなかったのです。

体調の変化がなかったという事は
断食による老廃物排除作用はなかったという事です。
失敗といえるかもしれません。

老廃物の排出

今回行ったものは反応「老廃物排出作用」がありました。五日目に吐きました。
これは今までの断食で二回体験しています。肝臓からのものです。

翌々日再び吐きました。黒褐色で粘度の強いものでしたから、
毒血が含まれていたのでしょう。断食による血の排出については
本「ボクシング人生」の第二章の項目「減量・断食・ダイエット」というのがあります。

体の柔軟性についても決定的なものがあります。

十日目に宿便が出ました。これは全く初めての経験です。
老廃物の排出体験はこれ位でしたけど、
これだけの老廃物排出が観られたという事は成功と言えます。

別の視点から観るとそれだけ体を悪くしていたという事にもなります。

髪への影響

髪に関してどういう影響を与えたかを説明しましょう。
それには断食決行前の私の髪の状態から説明しなければなりません。
私の髪は58歳にしては黒く元気なほうです。

でも二・三十年前に比べたら劣化しています。
四十四歳から九年間辞めていた酒を五年前から再び飲み始めました。
丁度その頃から心持毛髪が薄くなったようです。頭のてっぺんの部分です。

半分諦めていましたが、最近は飲酒を続けながらも、
体の健康「老廃物の排除」には力をいれていました。
その一例としてここ三年毎年一回半月程度の断食を続けていると先に記載しました。

今時点の結論を出しましょう。頭のてっぺんの薄毛は回復しました。
私の推定ですが、今年行った断食が効果をもたらしたのではないかと考えています。
先に記載したように今年の断食は二回吐きました。これは肝臓の老廃物です。

肝臓がある程度正常化されたという事です。

肝臓の正常化=薄毛の回復
肝臓が髪の生育に影響を与えているのではないかと考えられます。
毛髪と皮膚に関連性があるように感じます。

シワと薄毛の関連性

一昨年の断食でみぞおちの下に出来ていた太く長いシワが消えたと記述しています。
その後再びシワが出来その一年後の断食で再び消えたとあります。

よく注意して観察していなかったので、
確証があるわけではないのですが、
シワと薄毛に関連性があるのではないかと思います。

薄毛の状態のときは皮膚の張りがなくしわが出やすく、
薄毛が回復している時はシワも出にくいという事です。

結論は断食期間中は歯は強化され、
皮膚の張りも出て私の場合のように出来ていた太いシワも消滅する事例もあるという事です。
毛髪も太く立った状態に強化されるようです。

このうち歯とシワについては確証があります。
毛髪については百パーセントの確証はありません。
事例がここ三年毎年一回行った半月程度の断食しかないからです。

ここ三年の断食体験は、吐く等の老廃物排出効果があっても断食終了後
再び飲酒をして肝臓を弱らしてしまうのです。

これはどういう事かというと、
肝臓の正常に近い状態が断食による老廃物排除作用が出た
極短期間に限られるという事です。

現時点「2012年6月」の皮膚と毛髪の状態は好調です。
これと比例して歯の状態も好調です。
今年の初め断食をおこなってから四ヶ月経過しましたが好調は継続しています。

この点は予想が少し外れました。良いほうに外れたのですけど。
飲酒「ビール」は飲み続けているので、
すぐ肝臓の健康度はさがり、歯・毛髪・皮膚の健康度は比例して下がると予想していたのです。

薄毛とシワの条件が揃うということです。

自分でできる健康診断

今年の断食で二回はいたのが効いているという事です。
肝臓の正常化が幾分進んだという事です。
しかし私の肝臓は完璧には程遠いのです。

少し悲観的過ぎると感じる人もいるかもしれませんが、
私がそう思う根拠は自分で自分の健康診断が出来るからです。

上に記載した現時点「2012年6月」からさらに一月経過しました。
毛髪の状態がさらに良くなったようです。さらに太く強くなったようです。

特に頭のてっぺんのあたりが強化されたようです。
太く伸びています。
私なりに強化された理由を考えて見ました。 

今年2月の断食で2度肝臓からの老廃物を吐き出し肝臓の健康度が増したこと。
もう一つの原因として私自身が体の健康度を増す努力を一段上げたことです。
その結果かなり改善の余地もあり、知らなかった知識もかなりあることも確認しました。

食事面でも運動でも新たな改良点を見直しました。
勿論これらは例の1954年には定理されていた理論からのものですけど。

心臓が与える影響 心臓の弱体化

上に記載した現時点からさらに9ヶ月経過しました。
肝臓以外にも心臓の弱体化も毛髪に影響を与えると考えられます。

心臓が弱体化されると心臓のポンプ作用が弱まり
体の末端部分まで血液が送り込まれる力がよわまります。

頭のてっぺんや足の先は心臓から遠いところに
位置していますので特にこの傾向が強いです。
送り込まれる血液量が少ないので足の冷えや頭の貧血が症状として出ます。

頭皮の汚れ

心臓機能の弱体化が毛髪に与える影響としては
毛髪にポンプ作用の弱体化によって栄養が送られないこともそうですが、
最大の理由は頭皮が汚れるということでしょう。

頭皮部分は体の末端のため弱った心臓からの血液量は軽減します。
血液も正常には程遠いので頭皮は汚れます。
この部分に老廃物が蓄積されるからです。人間の体も自然も同じことです。

どういうことかというと、土が汚染されれば植物は生育されません。
実ったとしても細く弱い実がなるはずです。
全く生えてこないこともあるでしょう。

毛髪も同様ということです。
頭皮が汚れれば、毛髪は細く色も抜けやすいか、全く生えてこないかです。
白髪か薄毛かどちらかです。

油と老廃物の2 段攻撃

もう一点は鶏の皮を購入してフライパンで焼いて調理してみてください。
肉の時とはくらべものにならないほどたくさん油が出ます。
鶏と人とどれほど差があるか分かりませんが、人も似たようなものでしょう。

人の頭皮も油を多くふくんでいると考えられます。
これに加えて上に提示したように弱った肝臓・心臓では
頭皮は老廃物が蓄積されやすいのです。

油と老廃物の二段攻撃により、頭皮は固く萎縮した状態になります。
健全に毛髪が生育するはずがありません。

若者で白髪の人は見たことはありません。
薄毛の人もめったにいません。
中年以降は数多く存在します。

老廃物の蓄積

これは中年以降は老廃物が加算して蓄積されるからです。
老廃物はある程度たまると加算されて増えてくるからです。
その証拠に若者の成人病というのは珍しいです。

中年以降になると珍しくありません。
どうしてかというと年齢が加算されるにつれ老廃物が増える傾向が強いからです。

これはダイエットも同様で「スポーツとダイエット」では
減食や少しくらいの運動ではダイエットできないのは老廃物が犯人と結論づけています。

加齢と毛髪の弱体化

加齢が進んだ時に体調が短い期間に急変することがあります。
九分九厘悪いほうに急変するのですが、
それと並行して毛髪も急変して弱体化することがよくあります。

白髪が急に増える時期がこの時あります。
よく観察してみると特定の場所に増えています。
毛髪も健全なところと不健康なところがあるわけです。

これは上に提示した事で説明はつきます。
同じ持ち主の畑でも汚染された部分では作物は細く弱いか生育しません。
白髪が増えた部分の頭皮が汚れたということです。

薄毛の原因

頭皮を正常にするには私の各ページで記載した理屈で説明できます。

この時点で分かったことがあります。
頭皮は皮膚ですから、薄毛の原因は皮膚ということになります。

ということは虫歯と薄毛とシワの関連性の中で、
薄毛とシワの関連性は同一ということになります。

私が各ページで提唱している、
肝臓も虫歯も精神病もどの病気も原因は大体同一である。
薄毛もシワも病気ではありませんが同じ理屈ということになります。

虫歯・シワ・薄毛の原因は 病気の根源は同じ

どういうことかというと虫歯は毛髪や皮膚には関係がないように感じられます。
そうではないのです。根源は同じなのです。
同じだから断食はこの三つに好影響をもたらすのです。

薄毛の原因は肝臓・心臓の弱体化ではないかと私は推定しました。
サブページ「虫歯と腎臓との関連性」では
虫歯の原因は腎臓の弱体化が原因であるとしました。

肝臓・心臓・腎臓と三つ出てきたわけです。
肝臓・心臓・腎臓とこの三つの弱体化が進めば病気になります。
脂肪肝・心筋梗塞・腎臓萎縮とまあこんなかんじです。

私の考えはこれらを別々に考えません。
根源は同じということです。
これ以上は完全な答えが出るので述べません。

虫歯・シワ・薄毛の予防

いずれにしても肝臓・心臓・腎臓の弱体化が虫歯・皮膚・毛髪の弱体化を進めるなら、
虫歯・シワ・薄毛の予防というか強化は
肝臓・心臓・腎臓の強化が答えであるということになります。

これは私の後半のボクシング生活で力を注いだことそのものです。

一例をあげると二週間の断食です。
この時の断食体験は多くの老廃物排出がみられたが大変苦しいものでした。

この時の断食体験と1954年には定理されていた理論の二つが
私の体に対する考え方の基本をなしています。
数度の石風呂通い・食生活の改善などです。

私の後半のボクシング生活は言葉を変えると、歯と皮膚と毛髪の強化にも該当し、
これこそ虫歯と薄毛とシワの予防なのですが勿論当時はその意識は全くありませんでした。
これがこのページの結論になります。

薄毛に効果のあるもの

最後に付け加えておくと、
薄毛に最も効果のあるのは三つの健康対策の中では、凝りをとるです。
これにより、肝臓・腎臓・心臓は強化できます。特に心臓には有効です。

私自身心臓の調子はここ四・五年悪かったですが、
この凝りをとるで強化できたことは「虫歯自然治癒のその後の経過」に記載しております。

この経験により薄毛に最も効果のあるのは心臓の強化と感じますが、
凝りをとるは腎臓・肝臓にも大変効果があります。
虫歯も肝臓も腎臓も心臓の病気も基本的に原理は同一です。

歯も肝臓も腎臓も心臓も作成元は同じだからです。

心臓治癒

上の項目「心臓が与える影響」と「虫歯・シワ・薄毛の原因は」
を記述した2月後2013年5月、
実は私自身心臓に異変が起きそれを自然治癒させたという事実が発生しました。

これについては「強いパンチ」のサブページに
「強いパンチと心臓治癒の理論は同じ」というのがリンクしてあります。

それの最下段の「心臓強化の方法と改善例」に
経過と治癒した根拠を記述しましたので観覧してください。

付け加えて言うと4・5年前かもう少しまえから、
心臓の不調には私も気づいていましたが、肝臓・腎臓の健全化に気をとられていたので、
心臓にはそれほど関心がなかったというのが本心です。

ただこの心臓の不調が発生した数年前と同時期に
毛髪の不調というか薄毛が起きだしたことは付け加えておきます。

PAGE TOP