「虫歯は自然に治る」の2016年2月の記事

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

「虫歯は自然に治る」のブログを月別にご覧いただけます

「虫歯は自然に治る」の記事を月ごとにご紹介

虫歯自然治癒を志す人への助言

「虫歯は痛みを乗り越える事で自然治癒する」よくできたタイトルだと思う。実はこれは私が考えたタイトルではない。7年前の作成時は「虫歯は自然に治る」であった。途中で「虫歯自然治癒」に変更し、去年2015年5月にこのタイトルでスタートしたわけだ。考案者はこのホームページの作成を依頼した大分のホームページ制作Fの人。誰かはわからない。

私が気に入っているのは何ともわかりやすい。 さらに人の気持ちを捕らえる。私もこのサイトの話を多くの人にしたが、だいたいが驚くかこちらを警戒するか。どちらかだ。少なくとも・・・あー。 虫歯は痛みを我慢したら。治りますよ。医学も進歩したので、昔は放置していたら治らないとされていたら虫歯も最近では放置して痛みを我慢していたら治るらしいですよ。こういう感じで私の話を返した人は一人もいない。

ウクライナやカナダからも外部リンクしてくるくらいだから、世界にもないと思います。

いささか前置きが長くなったのでここでは虫歯を放置して自然治癒させてみようと試みる人に、虫歯の自然治癒に成功してきた先輩として助言していこうと考えました。私のこのサイトは主に33歳から53歳までの20年間の虫歯を自然にというか、放置させて治した体験を記述しております。すべて自然治癒し治癒する工程は一つしかないことも繰り返し記述してきました。

100%の自信を持っているわけです。そして最近いただくメールからも時たま虫歯を放置していたら、いつのまにか痛みも腫れも引いているのでそのままにしているけど、なんともない。すなわち自然治癒している方が居られることもわかりました。私の場合は意識的に、ほかの自然治癒した人は偶然に治っているわけです。

疑ってみるとだからと言ってすべての人が、虫歯を正しく放置していたら自然治癒するとは限らないのではないかと、最近考えるようになりました。虫歯を放置して自然治癒させるには幾つか条件があるのではないかということです。そこから入ってみましょう。

トップページの「虫歯と薄毛と皺の関連性」の中にhttp://musiba1251.jp/taikenki.html 「虫歯自然治癒体験記」というのがあります。

この中に具体的に虫歯を放置して自然治癒させる条件のヒントは記述してあるのですが、大変重要なページではあるのですが、大変むつかしいところに配置してしまいましたのねで改めてこのブログで上にリンクしました。

「虫歯自然治癒体験記」の中に・・虫歯自然治癒の注意事項・・という項目があります。そこに・・お年寄りと未成年・痛みに耐えられない人。間違った食生活で老廃物を溜め込んでいる人。
若い人でも老廃物を溜め込んでいる人は多い。そういう人は体が硬い。
私が心配し最も重要な事は腫れてきて、熱が出てきて猛烈な痛みが襲ってくることです。
大変な事になったとパニック状態になるんです。錯覚するんです。苦痛を体が悪くなったと。
溜まっていた老廃物が体から出る時痛みや痒みを起こすんです。体の衰弱している人や老廃物を多く溜め込んでいる人は命を落とす可能性もあると思われます。・・苦痛に体が負けると言うことです。

「虫歯自然治癒体験記」は一番最初に作成したページであり、私の気持ちの入ったページなのですが、命を落とす可能性もあると思われます。なんて過激な記述もあるので、私としては最前線の目立つところには配置しなかったという経過もあります。命を落とす可能性については少々過激すぎたかもしれません。

虫歯を自然に治す工程で最大の関門は、痛みを放置して我慢することですが、私が10年ほど前に、一度だけ、体験した虫歯の自然治癒体験では、通常の3・4倍の痛みが襲ってきて、七転八倒しましたが、その時は言葉に表したかどうかは思い出せませんが、・・・

・・痛たたたたー 死ぬー。まさにこんな感じだったので、作成にあたって、老廃物を溜め込んでいる人は命を落とす可能性もあると思われます。なんて過激な記述になったのかもしれません。

大切なことはこのときは、サイトでも記述しているように通常の4・5の老廃物「虫歯の場合は頭の毒素が最終段階の排出の工程として鼻水となっている」の排出があったということです。老廃物を多く溜め込んでいる人が実験にあたって命を落とすかどうかは、そこまでは私も責任を持てませんので、当事者の責任において虫歯自然治癒の実験をされてください。

結論は虫歯は頭の毒素の排出作用で最終は鼻水の排出で治癒するという一工程しかないのですから、まれに起こる通常の数倍の激痛が起きた場合はあきらめるという選択もあります。老廃物の排出には断食等の他の方法もあるわけですから。ただし、床に転がって七転八倒までして我慢できた場合は通常の五六倍の老廃物「鼻水」の排出があることを付け加えておきます。ただし私の場合はかろうじて我慢できましたけど、各自の責任において実験されてください。私は責任を持ちません。

2016年2月10日
虫歯と風邪の再発の関連性

私のサイトは虫歯に限らず風邪についての記述が多い。意識的にそうしたわけでなく、気が付いてみたらそうなっていた。というのが本当のところだ。ブログの更新を続けていても全くこの傾向は変化がない。「虫歯自然治癒の解明が遅れているのはなぜか。」においてはさらにこの傾向が強くなってきた。

ここでは虫歯と風邪の再発に絞って記述してみることにした。最初にこのブログより先に「虫歯自然治癒の解明が遅れているのはなぜか。」とサイトの「虫歯と風邪」と「虫歯と風邪 パート2」を読まれることをできればお勧めします。読まれたと想定して記述していきます。

私の20年の虫歯自然治癒体験では25%位の再発がありました。この再発には共通点があります。いずれも一回は完全に自然治癒したわけです。それから何年か経過して一度自然治癒した場所が再び再発したわけです。回数が三回くらいで時間も経過しているので、完璧な点まで記憶にはありませんが、思い出してみると重要な点がありました

一度虫歯が自然治癒して幾年か経過しているため、半砕けか、根が残っている歯が再発したわけです。虫歯というより、その部分が膿んできたというのが正しいと思います。時間の経過とともに治癒あとに膿が集結してきたわけです。虫歯はいったん置いといて次に風邪の再発に入りましょう。

通常風邪の再発とはあまり言いません。風邪がこじれるとか、風邪は万病の元。とかよく言います。風邪は長引く傾向があるということがわかります。それに対して虫歯は痛みの頂点の翌日自然治癒する傾向があります。虫歯の再発の場合はデータは少ないのですが、少し長引く傾向があります。その場合でも一日延びるだけです。少なくとも私の20年間に及ぶ自然治癒体験では自然治癒に要した時間がのびたのは一回だけでした。一日延びただけです。 それは虫歯自然治癒の再発の時でした。そのときは七点八倒の痛みが襲ってきました。かろうじて痛みに耐えたのち自然治癒しました。このときは通常の4・5倍の老廃物の排出がありました。この場合の老廃物の正体は鼻水です。

物凄く重要なところなので、改めて記述しますが、再発の自然治癒も最初の虫歯自然治癒も最終の工程として、鼻水の排出で自然治癒は終了します。角度を変えて言うと虫歯も虫歯の再発も原因は頭の毒素の排出の工程です。ということは、頭の毒素が最後の工程として、鼻水として排出し虫歯の自然治癒は終了したということです。

 少し上に、虫歯の再発は虫歯というよりも、半砕けや根が残っている自然治癒あとに膿が集結したものである。というところがあります。膿=体内毒素ですからこういう理屈が成り立ちます。

頭の毒素が虫歯の原因である。排出の工程としていったん虫歯か虫歯の自然治癒後の再発部分に頭の毒素が膿となって集結してきた。これが最後は鼻水となって排出し虫歯は自然治癒するわけです。

自然治癒の段階として、頭の毒素の移動=虫歯への膿の移動=鼻水の排出と進んでいくわけです。

いずれも老廃物体内毒素の排出の工程として進んでいき最初の頭の毒素は目には見えませんが、膿から鼻水へと変化しながら最後は自然治癒するわけです。これを結論としてこのブログを終了します。

2016年2月 2日