虫歯自然治癒の一番の近道は、体を健康にすることです。体内の老廃物を排除することが重要です。

サイトマップ 虫歯は自然に治る

虫歯でお困りの方はどんな小さいことでもお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ボクサー生活から得た健康管理方法で虫歯は自然治癒します

断食には、体の中の老廃物を出すという効果があります。
断食を行い、体から特定の老廃物が出てきたということは、
その老廃物を作成した元の素材が不調をもたらした原因となります。
体の中をリフレッシュし、まずは原因を把握することが自己治癒の
ポイントになります。

病気になると大抵は発熱します。発熱をすることで老廃物が
溶解され、鼻水、痰となり体外に出ます。
発熱がひどいほど体は正常になります。
しかし、服薬することで熱を下げてしまうと、
新たに老廃物の素材を追加してしまうことになります。

プロボクサー時代の訓練経験が私が虫歯自然治癒への関心をもつきっかけとなりました

元々虫歯自然治癒に興味があったわけではありません。ボクサー時代に、ある方から今までの概念を覆すような、体の事や食べ物の事などを聞きそれに衝撃を受け、虫歯自然治癒への関心をもつようになりました。

現役時代の健康管理と現状での健康管理は基本的には同じですが、理論と実情は微妙に異なります。
健康管理を考えると運動は必要です。ボクサー時代に比べ圧倒的に運動量は少ないのですが、
今は左右対称に行う運動を3 通り行っております。
それと1 年に1 回行う半月程度の断食が現在の健康管理の主軸になっております。
ボクサー時代の減量も同じ効果があります。
ボクシングの要素の改善と虫歯自然治癒の関連性は老廃物「体内毒素」の排除という事です。

現役時代の生活とハードな減量で身につけた健康管理 虫歯は自然に治ります!

虫歯自然治癒に関する質問を受け付けています。
再発して深刻に悪化するのでは・・・?
治癒したあとの部分はどうなるの?など、
虫歯治癒経験者の私がさまざまな疑問にお答えします。

よくある質問はこちら

歯医者には行きたいけど、時間がないという方、病院が苦手という方、
様々な理由があって歯医者に行けない方がいらっしゃると思います。
そんな虫歯でお悩みの方の力になるため、このサイトを立ち上げました。
独自に編み出した虫歯の自然治癒方法。ここにはその全てが記載されています。
ただ、情報量が多いため見落としてしまう箇所があるかもしれません。
虫歯はどうやったら治るのか、老廃物とは何なのかなど、
疑問に思ったことはお気軽にお問い合わせください。虫歯治癒経験者の私がお答え致します!

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前 ※必須
e-mail(半角) ※必須
お住まい
ご質問内容

PAGE TOP

体のバランスをととのえて正しく対処しましょう!
私が病気を恐れない根拠とは。 自然治癒

私が病気を恐れない根拠とは

今回は少し変わった内容にした。といっても今までの事を虫歯から離れたところから見たに過ぎない。まずタイトルである「私が病気を恐れない根拠とは」は実際に私は病気が怖くないのです。もう一つのホームページの「強いパンチを打つ秘密はこちら」の中の「筆者紹介」にほんの少し「私が病気を恐れない理由」「というのがあったが、あまりにコンテンツの量が少ない。

前書きが長くなってしまいました。私が病気を恐れない理由は、サイトのあちこに分散してあるようです。自分で作成していなから整理が下手な私はそうなってしまいました。以下に私が病気を恐れない理由を順を追ってだしていきましょう。番号が若い程、病気を恐れない理由の確信が強くなっていきますす。形態電話から観覧される方は番号は映らないのでアルファベット順になっています。

  1. A トップページの健康対策三本柱に「断食・発熱する・コリを取る」とあります。この中にある断食体験が私が病気を恐れない理由の筆答になります。始めて断食を行った25歳から63歳の本日まで目的の日数まで断食を行ったのは十数回に及びそのうちの7割くらいに老廃物「体内毒素」の排出があったわけです。当然当事者である私は、その排出された体内毒素を目にしているわけです。
  2. B 排出されて目に見えた老廃物「体内毒素」をあげてみましょう。血尿・黄色い液体の嘔吐・黒い宿便・茶色の液体の嘔吐と全く同じ色の下痢便。この茶色の液体の嘔吐と下痢便は同じ断食中に、大方同時に発生しており根源は同じであるが、その元となった食物の提示はここでは辞めておきます。私自身特定の食材を体に良くないと言うのは気が引けるし。
  3. C 2cで上げたものは目に見えたものだ。目に見えない毒素の排出もあった。25歳で初めて行った断食で開始四日目で排出を確認したものだ。サイトを隅々まで見た方ならわかりますが、自家用車に乗り込んだ時に強烈な牛肉の腐った匂いを体感した。私の断食体験で最初に体感した老廃物の排出である。呼気か毛穴から排出されたものであることに間違いないが、当事者である私に排出の実感はなかった。
  4. D 排出された汚物は普通の大・小便とは全く異なることは理解出来ると思います。大・小便は食べるから出てくるのです。断食開始から数日経過して排出される便は断食開始前の残便もありますが、明らかにそれとは違うものです。消化作用の必用がないため、今まで体の深部に潜んでいた老廃物・・この場合は汚物が腸管を通過して便として排出されたわけです・・数日まえに食べた食物から作成された普通の便とは全く異なるという事です。体の深部に滞留していた汚物が排出されたということは体が浄化されたということですから、別の言い方をすれば病気の元が排出されたわけです。これが私か病気が恐ろしくない根拠の筆答です。 

あえて断食体験の次に病気を恐れない根拠を上げるとすれば、私が24歳の時に通い続けた石風呂体験でしょう。韓国人のお爺さんが経営していた石風呂なのですが、今はありません。ここの石風呂もそうですが、お爺さんから受けた指圧と教えが素晴らしいもので、実際その効果と教えの真実性は素晴らしいものでした。以下にその内容を現してみます。

  1. A まず具体的に日本人に適していない食物と適している食物を教えて頂いたことです。これはここでは出しません。現時点で気づいたことですが、その人の体を害する食品を・・食品だけではないのですが・・何年も取り続けた場合は断食により、排出されるようです。体を害さない食品の場合は排出されないという全く当たり前の事なのですが。
  2. B どういうことかというと、体を害さない野菜・果物・魚・米などは断食により排出はされないという事です。老廃物「体内毒素」を作成しないという事です。勿論、過剰に食べ好き着た場合はこの限りではありません。
  3. C この石風呂で学んだ重要なことにコリと連結した体の健康度です。普通程度の生活が出来て、スポーツもあるレベルまでは行える場合は当人は自分は健康と信じます。コリが特定場所「ほとんどは背中」にある場合はこの限りではありません。疑健康ということです。これにより本人で健康診断ができます。健康な人は背中にコリがありません。不健康な人は背中にコリがあり、程度の重い場合はコリとコリが連結して膨らんできます。病院で癌などを宣告された人は背中が膨らんでいるはずです。
  4. D そのほかにも石風呂のお爺さんは顔色や髪の毛の状態からも健康診断ができて、私にもその見方を教えてくれました。

次に私が病気を恐れない理由はもう一つのホームページで多用している「1954年には定理されていた理論」の教えを把握している事でしょう。この理論は私が都合上正式な名前を変えているものです。病気については具体的に分析してあり、現代医学にはないものです。後々分かったことは石風呂のお爺さんの治療法と教えも実はこの理論であったということが分かりました。

  1. 一例をあげておきましょう。このサイトで私が多用している発熱による体内毒素の溶解やそれらが痰・鼻水等で排出されるというのはこの教えの極々一部です。
  2. もう少し表してみると老廃物排除の工程が二段階になっているといのもそうです。従って石風呂のお爺さんの教えと「1954年には定理されていた理論」は大方同じとしてよいでしょう。

最後に私が病気を恐れない根拠は虫歯を正しく放置して自然治癒出来たことでしょう。それも20年間に十数回という数に及び、その事実が病気「虫歯も含む」を恐れない根拠に磨きをかけてくれました。断食体験と石風呂体験と1954年には定理されていた理論の教えを読み私は殆ど病気が怖くなりました。一つだけ例外があったのです。

  1. A  虫歯になったときです。30歳前後で上の体験を積んだ私は病気が怖くなくなりました。一つだけ例外があったのです。虫歯になったときです。この経過は「虫歯自然治癒体験記」の原本にありますが、少しここで提示すると 私・・自分は病気は恐くないけど、虫歯これだけはどうしようもないから医者に行っています。  私の知人・・頭の毒素が歯に集まってくるのだから放っておけばよい。・・
  2. B 知人の言葉を素直に実践した経過によりサイトの「虫歯は痛みを乗り越える事で自然治癒する。」の理論は出来上がったのです。私自身その時点では虫歯を放置して治る。とは聞いたことはありません。それが出来たのだから唯一、例外で残っていた自然治癒出来ないとされていた虫歯も自然治癒出来るようになったのです。
  3. 初めての虫歯自然治癒体験から30年経過した間に若干の心臓の不調や肝機能の低下なども自分で治してきました。・・記載中
虫歯自然治癒に挑戦する人の結果はどうなる「後編」 自然治癒

ここでは前編「虫歯自然治癒に挑戦する人の結果はどうなる」の引き続きを行っていきます。前編の最後で虫歯の痛みが朝起きてみると全く痛くなくなっていたので、私は完全に虫歯が自然治癒したと??さんにメールで解答したのですが、そうではなかったようです。相手「??さんの虫歯」は私の体験した、ほとんどが痛みのピークの翌日自然治癒してきた虫歯より手ごわかったようです。

以下に10/28日に私のところに届いた??さんのメールを紹介します。

メールありがとうございます。歯の痛みは日中はいつも通りかいつも以上に出てきました(まったく不思議ですね人体っていうのは。 

コリも未だに両脇や両肩を中心に、腰にも強くあり、かなりダルい状態が続いてます。 

まだまだ続きそうです。またメールします。

 

さらに10/29日に届いたメールを紹介します。

本日(日曜日の仕事前の早朝)と今現在、鼻をかんだ時に鼻血が出てきました。   血でできた鼻の中の塊みたいなものが取れたりすることもあります。  毒素の排出が旺盛になってきたのでしょうか?   歯の痛みも徐々に強まってきています。 

あと首の後ろあたりに肩コリとちょっと違った痛みもあります。延髄付近でしょうか?あと、首コリ脇コリ肩コリも相変わらずですが、徐々に軽減してるような気がします。 

以前よりは頭がモヤモヤする感じはマシになってますから、頭の毒素がどんどん排出してるものと解釈してます。またメールします。

これに対して私の返信は以下になります。

毎回くわしい報告有難うございます。鼻血が出てるようですけど、毒血ですので、心配いりません。出た分だけ健康になります。徐々に軽減しているような気がするとありましたが、その通りです。 

私もそうでしたが一時的にコリの状態が悪くて焦る時があっても、長い期間今の正常な生活を続けていくのと、以前の生活を続けていたのでは凄い差が出るのは間違いありません。 

ホームページのほうは??さんのメール中心に当分作成していきますが、検索順位を見てみると四位から七位に落ちていたので、確信部分を??印で消しているのが原因かもしれないので消す作業に今から入ります。

以下に10/30日に頂いたメールを紹介します。

僕のことを取り上げてもらってありがとうございます。それで順位下がったら申し訳ないですが() 

歯の痛みが起き始めたのは9月中旬頃ですが、その頃は毎日アイスクリームを食べてました。間食に甘いお菓子もどんどん食べてましたし、カップ麺も食べてましたから、虫歯による毒素排泄と不摂生による毒素の追加が均衡してたんでしょう。 

10月中旬頃から、食事を徐々に改善し始めました。カップ麺はまだ食べますがアイスクリームはやめて、お菓子も食べる頻度を減らし始めました。牛肉は避け、野菜や豆腐や納豆の頻度を増やしております。  空腹の時間を設け、水分の摂取も増えてます。だからようやく虫歯による毒素排泄が不摂生を上回り、しっかり歯の痛みやコリといった症状が出始めだのでしょう。 

ここで普通なら、「悪くなったから病院行かなきゃ」となるところでしょうが、山本さんや僕みたいな特殊な人は、「しめしめ、ちゃんと身体がよくなるために苦痛を出してるな」となり、しっかり対処できますね。   山本さんのブログ見て、より一層理論に自信が持てました。本当にありがとうございます。 

もちろん、症状が強いと不安になることもあります。しかしこれをきちんと通過せずに薬などで症状を抑えてしまうと、毒素を残したままさらに毒素を追加するハメになるので、逆効果になってしまいます。必ず痛みを出し切って、虫歯を通過したいと思います。 

では長文失礼しました。またご報告いたします。

返した解答は以下かになります。

歯の痛みは二種類あります。一番目は頭の毒素が歯に集結してくるときです。毒素が移動する時に神経を刺激して痛くなります。このときの痛みは普通我慢できます、医者に行かない人も多いです。以前通知したと思いますが、次の痛みの段階で痛さに我慢できなくなり、歯医者に行くことになります。歯に無数の穿孔が開いてそこを通過する時、激痛が発生するのです。通過した毒素は頬に溜まって頬が腫れます。普通一日以内で終結した毒素は鼻水として排出され、腫れも発熱も痛みも治まり、自然治癒します。私の場合は全てそうでした。20年の間に1215回の結果判で押したようにこの経過をたどりました。間違いないはずです。

 

??さんの場合は自然治癒の経過が異なるようです。以前のメールに鼻水が多く出ている時がありましたね。鼻水の排出は虫歯が自然治癒する工程の最後です。鼻水は頭の毒素が排出が目で見えたものですから、ここで私の場合は治りました。??さんの場合は続いて痛みが発生しているわけです。という事は自然治癒の行程が続いているということです。体内の滞留毒素が多いため頭の毒素も多くなります。続けて虫歯の自然治癒の行程が発生しているということです。虫歯が滞留毒素の抜け穴となっているということです。 

虫歯の自然治癒に微熱と痛みと頬の腫れは欠かせないものという事です。頬の腫れは起きない場合もあるようですが、頭に置いといてください。私はこの理論を把握しはじめてから39年経過していますから、自信があります。??さんの場合は今まで知識がなかったため体内毒素「老廃物」の滞留が多いため今の経過をたどっているのだと思います。硬いコリが各所にあることでそれが分かります。

けつろんは発熱による毒素の溶解と移動の苦痛「虫歯の場合は痛み」を体が悪くなっている工程と錯覚しない事です。

これが虫歯でなく痒みを伴う皮膚病の場合は04年位自然治癒に時間がかかるときもあります。早く次の鼻水の排出が起きる事を期待しています。

続いて11/06日に届いた??さんの経過報告です。

なかなか虫歯は治らないし、むしろ悪化してるのではないかと感じます。  ちょっと食事内容も悪くなってきたからかもしれません。 

水曜日と木曜日が休みなので、一度水曜日に断食をしてみようと思います。  前日の夜から当日の夜まで抜く「24時間断食」をやる予定です。この断食なら無理もなく出来ると思うので。 

こんなに長引くなんて思いもしませんでした。虫歯になったら大人しく食事を減らすのが良さそうです。またメールします。

これにたいして2017/11/9日に返信した私の解答はこうなります。

??さんの虫歯自然治癒が長引いている原因が分かりました。私が教科書にしている「1954年にには定理されていた理論」で調べてみました。以下黄色部分に虫歯自然治癒が長引いている原因がありますので参考にしてください。

 

鼻の悪い人は後頭部から一帯にずっと下まで毒の固まりがあります。丁度鼻の裏になるわけです。

蓄膿症の説明についてはこうあります。・・鼻の孔の塞がる症状で、鼻柱の両側を圧して痛いのと、又眉間の中央が重いのはそこに水嚢溜結があるからで眉間の方は治癒の際 鼻血が出る事があります。

 

後頭部の毒は鼻水や鼻血として排出されます。虫歯の最終自然治癒行程は鼻水の排出ですから、??さんの場合鼻が悪いとありましたので、私より後頭部の毒素が多いことになります。そのため私の場合は虫歯になったとき一回の微熱から鼻水の排出の行程で治癒するのに、??さんの場合はそれた゛けでは収まらず、継続して症状がでているのです。継続して自然治癒が進んでいるというあなたの推察どおりですので安心してください。虫歯にとらわれず、毒素の軽減。いわゆるコリの縮小に努力してください。

11/09日の同日頂いたメールが以下になります。

とてもスッキリする理論です。鼻は昔からずっと詰まり気味で、毎日鼻をかんできましたからね。たくさんの毒素が首の後ろあたりに詰まってるということが理論でも理解できました。

 

山本さんのおっしゃる通り、虫歯という症状に囚われず、毒素(コリ)の縮小を目指していきますね。  ちなみに断食はまた失敗です()   どうしても食事が抜けない・・

 

食事を抜くよりも食事内容の改善の方を頑張ってみますね。ではまたメールします。いつもありがとうございます。

続いて11/17日に頂いたメールを以下に紹介します。

お久しぶりです。最近も歯はずっとズキズキしてるんですが、なんか違和感がありますね。歯の位置が変わった?って感じることがよくあります。 

あと鼻をかむと歯が浮きそうな感じになって、思いっきり鼻がかみにくくなりました。なんなんでしょうかね?これは。 

第二段階の我慢できないような痛みっていうのがどんなものかまったく想像できませんが、そろそろかなぁ、なんて思いながら待っています。断食はなかなか実行できてませんが。 

山本さんが虫歯になった時に、どんな感じの痛みが出るのか、詳しく聞いてみたいですね。それでは失礼しました。

 

これにたいして11/19日に返した答えはこうなります。

メール有難うございます。歯の位置が変わった?って感じることがよくあります。 とありましたが、歯を元の位置に修復するとが、自然治癒後の残歯の動きの形状の変化については、虫歯自然治癒の後の形態であって私には解答出来ません。以前ならこう返答していたでしょう。半分くらいは解答出来ると思います。

??さんとのメールのやり取りを主体にしたサイトを構築する前に「虫歯自然治癒の後の経過はどうなる」みたいなタイトルのブログがありました。 

そこの一部分を紹介すると、以前に前歯が虫歯になり、見てくれを気にした私が歯医者に行きそこを抜いて差し歯にしたところがしっくりこず抜け落ちたので、面倒なのと実験が半分の気持ちで放置していました。その後が腫れてきて微熱の発生の後鼻水が排出される工程が発生しました。時間をおいてここ三月の間に二回この工程は発生しました。 

虫歯自然治癒と同じ工程です。鼻水排出という老廃物の排出を終えたその部分は腫れみ発熱も痛みも消えたわけです。前歯の差し歯が抜け落ちた部分ですから、前歯の付け根になります。差し歯の抜けたとこは少し凹んだになっていました。今から二月位前のことです。二か月経過した今異変が起きています。差し歯が抜け落ちた場所は二つの異変が起きています。一つは残歯が歯茎を突き破って三ミリくらい前方の歯ぐきを突き破って出てきたこと。もう一つは新しく三ミリくらい根元から新歯が生えてきていることです。

 

これは??さんとのメールのやり取りが終了した後のブログの例財に予定していますが、歯の位置が変わったという歯の形状の変化についての質問があったので少しとり上げました。この件については経過を分析中なので確定した解答は残念ながら御返事できません。 

具体的な内容としては永久歯を抜いた差し歯の後が再び生えてくるようなことがあるのか。私の全くの勘違いなのが? したがって歯の位地が変わるのかという事は今時点の私には解答出来ません。

続いて11/19日に頂いたメールは以下になります。

質問への返答ありがとうございました。  どのような形態の症状であれ、コリ(毒素)の軽減に努める他ないということなんですね。食事内容の改善、減食、あるいは断食。   少しずつ準備しています。 

早く治さないと、って焦ってました。大変なことになるんじゃないかと思って。でも焦っても仕方ない。準備が整った時点でやるしかないなと。 

ではまた連絡します。

これまでが頂いたメールと私の返答のすべてですが、今日2017/11/25日の現時点では、??さんから虫歯が自然治癒したとの報告は受けていません。以下にいままてでの経緯を検証してみることにします。 

老廃物排出の行程の第二段階では発熱で溶解した毒素の排出の行程を指しますから、該当した苦痛が発生します。虫歯の場合は痛みですが、単純なものでなく普通の痛みの場合もあれば激痛もあるわけです。??さんのようにズキズキしたり歯の位地が変わったように感じる時もあると思います。それらについては形態が予想以上に多くあるのかも知りません。体験した人にしか分析出来ないと思います。 

虫歯自然治癒の工程は鼻水の排出による一工程しかありませんが、該当者の保有毒素の量と質により排出の苦痛の形態は予想以上に複雑なのでしょう。??さんの場合以前から鼻が悪いということはすでに報告頂いております。説明したとおり鼻が悪いということは後頭部の毒素が多くあるため、これが自然治癒する時に、鼻水の排出や鼻血として排出され毒素は軽減していくわけです。

虫歯が自然治癒する最後の工程は鼻水の排出ですから、自然治癒の形態が虫歯と鼻の病気で、治癒の形態が後頭部の毒素の排出と軽減という点で一致しているわけです。私には鼻の病気の体験はありませんから、そう考えるしか手立てはありません。ということは後頭部の毒素がある点まで減少した時に虫歯も鼻の病気も自然治癒するということになります。

その場合も虫歯と鼻の病期で自然治癒の時間がずれていることも考えられますし、全く同じタイミングで自然治癒に至る事も十分に予想できます。??さんから虫歯が自然治癒したと現時点では報告を受けていないのと、私に鼻の病期の体験がないため、こう考えていくしかありません。現時点までの??さんの虫歯の報告と私の検証でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫歯自然治癒に挑戦する人の結果はどうなる。 自然治癒

先に「虫歯自然治癒に挑戦する人」という記事があります。今回はその続編です。長くなりそうなので二回に分けました。はっきりとした結果はまだ出ていません。ここでは9/20日に来た兵庫県のこの方のメールからスタートします。

こんにちは、??です。 

さらに放置してますが食事は量は減らしたもののまだ添加物の入った物を摂ってるためか痛みがジリジリと継続しております。  痛みがピークに達する、という感覚もまだありません。 

不節制が自然治癒を上回ってるために、痛みがずっと続いているのでしょうか?   もしそうなら断食が必要かもしれないので断食に入ろうかと思っています。どう思われますか?よろしくお願いします。

これに対しての返答が以下になります。

メール有難うございます。大変痩せられているようですが、以前ご返答したように肝臓が弱っているため栄養が身につかないのではないのではないかと思います。肝臓が弱っている=血液が汚濁している=血液を作る食材が悪い。  薬は服用されないようなので、食材が悪いという事になります。 ご本人も気が付いておられるようなので、要点だけ追加します。栄養はタンパク質とかカルシウムとかの栄養の摂取は関係ないこと。栄養学は問題外ということです。栄養は体内で作成されます。

 

新鮮な野菜と米から必要な栄養素は体内で作成されます。肉とかの他の食材は完全な副食で別に取らなくても支障ありません。小食にすると少ない食材から栄養を補給しようとして消化機能はフル稼働します。活性化するということです。逆に飽食にすると消化機能は栄養素が多く入ってきたため活動を怠けます。鈍化するという事です。消化機能の活動は機能の主軸なので、これが鈍化すると他の機能も並行して弱ります。多く食べたい人はスポーツをしたりして体を使ってください。その場合の腹が減って食べることは体が求めているわけですから支障ありません。

 

風邪を中心にした発熱活動は健康な人には発生します。血液が綺麗なため血液循環が良く、発熱という老廃物排除作用が起きるわけです。逆に不健康な人は血液が汚濁しているため血液循環は悪く発熱という老廃物排除作用は逆に発生しにくくなります。結論は健康の基本は血液を浄化するということです。食材で血液は出来るのでその基本になります。わからないことがあればいつでもメールしてください。

次に来た質問のめーるというか経過報告は以下になります。

肝臓ですか、身体がだるかったり怒りっぽかったり、あとクヨクヨしたりすることも多いですので、間違いなさそうです。 

肝臓を良くするには少食ということみたいですし、食事の質を考えながら、少ない食事量でしっかり吸収できるようにしていきたいと思います。 

いつもありがとうございます。また経過を報告します。

この後少し経過した10/13日の新たな経過と質問です。

 

山本さんこんばんは。お久しぶりです、 

しばらくは歯の痛みが収まっていたのですが、最近少しずつですが歯の痛みが起き続けています。ズキズキします。位置が複数あって、右上の奥や下の前歯、左上の奥あたりなどにじわじわ痛みがあります。 

あと、最近ものすごく喉が渇きます。これは痛みの第一段階(歯の傷口に頭の毒素が集まり始める)に入り始めたのでしょうか?   ご返信、お待ちしております。

この質問に関しての解答は以下になります。 

ご質問有難うございます。 痛む場所が複数あり、ものすごく喉が渇くとのことですが、発熱のため毒素が移動する時、神経に接触し、痛みがおきるのです。これは老廃物排出の第二段階に該当します。言い方を変えると発熱により溶解する時と移動する時に痛みや痒みが発生するのて゛す。症状が出ているときのことです。発熱により喉がかわくのです。喉の渇きにより水を摂取して老廃物を液状化しているのです。 

説明したかもしれませんが、発熱があって痛みが大きい時は老廃物の溶解量がおおいのです。サイトにもあるように私の一度だけの虫歯で激痛が伴い、床に転げまわって我慢し、自然治癒させた体験では通常の虫歯の数倍の老廃物「虫歯の場合は鼻水」の排出がありました。 

問題はこのときです。私のようにこの知識に確信を持っていなければ、この激痛の場合は我慢できないと思いますので、100%歯医者に行くことは否定はしません。歯の痛みとか病気の発熱時の苦痛は毒素の溶解と移動が行われている時ということを頭に叩き込んでください。そのうえて薬は服用されないようなので、野菜・果物・米・魚といった日本人に適した食材を継続してとりつづけるということが健康の基本です。それと運動です。運動や仕事をすることにより、血液循環は加速しますので、体の老廃物排出の段階は早く巡回していきます。老廃物排出の第一段階・第二段階というものです。 

この段階の少し激しいものが風邪です。この場合第一段階とは毒素が節々に集結してきてまず体がガチガチになります。これが老廃物排出の第一段階と言います。次に毒素を溶解するため発熱が発生します。これが第二段階に該当します。 ・・無理をしたから風邪を引いたとはこのことです。無理をすると血液循環が激しくなるので、老廃物排出の行程が発生するわけです。逆に安静にすると反対になるわけです。 

体が適応するわけです。無理をするには健康でなければならないし、安静にするには不健康でもよいわけですから。従ってご質問の状況は第一段階ではなく第二段階です。体温計で常時発熱状態を観察されめことを進めます。発熱時には体調が良く、平熱の時は体調が悪い時が多いです。これは微熱に限定ですので。高熱の時は疲れて活動できませんが、老廃物「体内毒素」は多く排出されて排出された分だけ、健康になっているのです。

 

続いてて10/15日に来たメールを紹介します。

なるほど、第二段階なんですね。プロボクサーの山本さんですら転げ回る痛さですから、一般人の僕に耐えられるかは心配ではありますが()   

今回の虫歯は人生の転換点になると思います。  一度でもこういう試練に耐える経験をしておけば、大きく自信が付くはずですから。 

あと今の状況で追加説明ですが、肩や脇の下に強いコリがあります。腰にもコリがあります。   器具を持ってないので自分で押してコリの溶解を目指してますが、なかなか軽減されませんね。

このメールに対して私の出した解答は。

追加説明有難うございます。それによると肩や脇の下に強いコリがあり、腰にもあるとありますね。これは重要な事で、私は病気では医者に行きませんが、行かなくて済む理由は二つあるのです。一つは病気は正しく放置すれば自然治癒するということを知っているからです。自然治癒とは苦痛を伴います。説明しましたね。老廃物が発熱で溶解して排出する老廃物排出の第二段階において、痛みや痒み等の苦痛が生じるわけです。これを医学では病気といいます。

 

真実は正しく放置すれば、苦痛が大きいほど自然治癒は進んでいるのです。虫歯・風邪・皮膚病等全部苦痛を伴いながらも最後には自然治癒します。しかし正しく放置とは結構むつかしいのです。発熱と苦痛により老廃物は排出しているのですが、逆行して薬を服用したり、老廃物を作成する食べ物等を摂取すると方や発熱により老廃物が出る。方や薬の服用や悪い食材により、老廃物は蓄積するのです。この理論を頭に入れて、健康対策してください。

 

二つ目は医者に行くより正確な健康診断が出来るのです。体のコリの状況を把握すればよいのです。この方法は凄く正確で東洋医学の分野です。健康な人はコリがありません。不健康な人はコリがあります。不健康になればなるほど、コリは硬くなり大きくなります。進んで血管を圧迫して痺れるような症状が出るときもあります。

 

コリ=血液中の毒素なのです。 コリの場所により悪い臓器が把握できますが、私はそれほど詳しくはありません。従って虫歯や歯の痛みよりコリの縮小のほうが大事です。虫歯や歯の痛みは体内毒素が歯や歯茎に集結してきたにすぎませんから、それを心配するより、老廃物「体内毒素「の軽減に努力するほうが大事ということです。体内毒素の量はコリの硬さと大きさで分かるということです。

 

毒素が抜けてくるとコリが柔らかくなってきます。それから縮小していきます。健康器具より大切なのは正しい食生活と薬の服用をしないということです。さらにタバコと酒も禁止したほうがいいですが、これは難しいところもあります。最低薬の服用と正しい食生活は守ってください。急な変化は期待できませんが、食材という体を作る原料が良くなるのです。これが健康生活の基本中の基本になります。健康器具については今回は説明しませんが、二次的・三次的なものですが、コリの縮小には強い力を発揮するとこもありますので、また質問してください

続いて10/16日に頂いたメールを紹介します。

山本さんありがとうございます。   そういえば、コリや虫歯(歯の痛み)といった個々の症状に対処するのは山本さんのブログで否定されてましたね。原因は老廃物の蓄積であると。 

僕はタバコ、酒、薬はまったく摂取していません。しかし、食べ物がめちゃくちゃですから老廃物が蓄積していると自分では思うのですが、なかなか食事内容を変えれませんね。 

しかし、断食とは行かなくても少しずつ食事量は減らせています。野菜の摂取量も増えてきました。まだまだ菓子パンやアイス、カップラーメンの摂取をしてるので、これらの量を徐々に減らし、ゼロに出来るよう努力していきます。 

ありがとうございました!わざわざ僕のために丁寧にメールでお返事頂いてますし、山本さんに無事「虫歯自然治癒できました!」と報告したいです。

 

続いて10/22日に頂いたメールを紹介します。

昨日の夜あたりから、歯の痛みが強まってきました。   七転八倒するようなレベルではないのですが、普通の人なら確実に歯医者に行ってるであろうレベルの痛みはあると思います。 

せきが出たりくしゃみが出たり、鼻水も右の穴からよく出ます。普段から鼻炎なのか鼻をよくかみますが、普段よりよく鼻をかんでいる印象です、 

体温計が家に無いので体温は測っていませんが、少し寒気がするので微熱くらいはあるでしょう。これはいよいよ虫歯自然治癒の仕上げに入ったのでしょうか?  老廃物を作成する食べ物は未だに摂取してるのでイマイチ自信はありませんが()

このメールに対して返した返答のメールがこちらになります。

以前説明した老廃物排除の第二段階が始まったということです。せきが出るのは痰を出すため。くしゃみが出るのは鼻水を出すためのポンプ作用です。右の鼻の穴から出るのは右側の歯が悪いのではないですか。寒気がするのは病気の部分に体温を取られるからです。鼻炎なのはその後側に毒素があるからです。

 

第二段階は苦痛が起きるのです。虫歯の場合は痛みです。自然治癒は苦痛がおきるのです。歯の場合は毒素が神経を刺激するだけでなく、歯に無数の穿孔「穴」が開きそこを毒素が通過するため激痛が起きるのです。通過した毒素は頬に集まり、頬が腫れます。次の段階で鼻水として排出されるのです。

 

ただ??さんの場合は硬いコリが脇と腰にあるとありましたが、体内毒素が多いという事になります。その点を考慮すると痛みが強く出る可能性もありますので、その点も頭に入れながら、虫歯自然治癒に頑張ってください。

つぎに10/23日に頂いたメールを紹介します。

このメールを書いている2310時現在、右の歯が強く痛みます。   それで右の鼻からの鼻水もよく出てきます。  遂に始まったんですね、第二段階が。  第一段階が先月のちょうど今頃ですので、およそ一ヶ月かかってます() 

昨日のことですが、脇のコリが普段より強く、ズキズキしてました(今も少しあります)   コリが強いから老廃物がたくさんあり、歯の痛みが強く出る恐れがあるんですね。  覚悟してきましたけど、やはり怖いですね。  なんとか耐えてみたいと思います。 

今回のメールで、歯医者で治療するのはせっかく毒素を出すために開いた穴を塞いでしまい、毒素の出口を無くしてしまうだけでなく、詰め物も異物ですから新たな毒素を身体に追加することになるため、危険なのだなぁと思った次第です。 

このまま痛みに耐えつつ、また山本さんのブログを読んで基礎知識をつけていきますね。ありがとうございました!

上の質問に返した答えが以下になります。

私の30年の間に体験した虫歯自然治癒の経過とは??さんの経過は少しことなるようです。私の場合御存知のように痛みのピークの翌日微熱が出てその数時間後鼻水が排出されて腫れも痛みも発熱も排出と共に引いていき自然治癒しました。例外として一例だけ床に転げまわる激痛体験でその翌日に鼻水が通常の四・五倍あり自然治癒しました。鼻水の排出が治癒のポイントになるわけです。

 

??さんの場合その鼻水がたくさん出ているので、自然治癒が予定通り行われているのはまちがいないです。脇のコリがずきずきしているのは毒素が軽減しているので、今まで凝り固まっていた脇の部分にも発熱が起き毒素の溶解と排出のための移動が起きているから、毒素が移動で神経を刺激して痛みが出ているのです。。順調にいくと脇の部分の毒素は減っていき柔らかくなっていきます。さらに成功していくとコリは縮小していきます。

 

??さんの経過報告は私の虫歯自然治癒の経過とは少し異なるようですが、鼻水の排出が起きているという事は成功しているという事です。ただ私の場合33歳で初めての治癒に成功するまでに、24歳の時すでに今の体の知識の原点を学んできており、33歳までに二週間の断食。食材を正しいものに入れ替えしており、薬物を取らなくなった事は勿論ですが、それらの努力のため体内毒素もかなり軽減しており、??さんとの虫歯自然治癒の経過の差が出たと思います。

10/24日に頂いたメールを紹介します。

脇のコリが強いのは間違いありません。今日は普段より仕事中に脇が痛みました。  鼻水も普段よりよく出るので鼻を頻繁にかんでいました。  そうしたら、鼻血も出てきました()    鼻血も浄血に向けて余分な物を出そうという身体の反応だと思ったので、止めずに出来るだけ出しました。 

いつも質問したら鋭い答えを返して頂いて、本当にありがとうございます。   プロボクサーの山本さんとただのアルバイトの僕では全然身体の中身は違うはずですが、人体の仕組みは同じなので、必ず山本さんと同じように自然治癒できると確信しています。  後は、僕自身が少食(断食)と毒の少ない食事、それと運動ができるかどうかでしょうか。

石風呂のお爺さんはご存命なら111歳とのことですが、多分お亡くなりになってるでしょうが、90歳以上は生きててしかも大変健康だったんだろうと思いますね。 

話を伺う限り、山本さんは若い頃毒素量が多かったんでしょうね。今の僕もスタミナはないですし、山本さんよりさらに毒素量が多いはずです。虫歯が治ったからって終了ではなく、むしろそれからが真のスタートです。気合い入れて臨みますね。 

いつも、ありがとうございます。

これに対して解答のメールが以下になります。

私自身が体験してきた虫歯自然治癒の行程と大変異なる点が多く驚きとともに、治癒の過程を型にはめてしまったところを改めなければと強く反省しました。

 

それはさておき仕事中鼻血が出たそうですけど、鼻血という毒血が出たという事です。正常な血液は体外には出ないと私に今の知識を教えてくださったお爺さんは言いました。39年前の事ですけと、山口県の阿東町で石風呂を経営されていた韓国のお爺さんです。存命ならば、111歳で石風呂の看板もないので、お亡くなりになっていると思います。

 

私はボクシングをしていましたけど鼻血は頻繁に出ていましたが、鼻血が多量に出た後は試合中調子は上がります。毒が出たのだから調子は上がるわけです。お爺さんの治療と言いつけを守ってからは殆ど出なくなりました。致命的弱点のスタミナのなさもかなり改善されました。このときが今の知識を把握した始まりになります。ボクシングをやめてからの33歳の初めての虫歯自然治癒体験が知識の把握の第二弾というところですか。

 

スタミナのなさの改善のために25歳で行った二週間の断食では四日目に自家用車にのったら牛肉の腐った匂いが充満していたのに驚いたこともあります。牛肉や豚のホルモンはとても悪いとお爺さんは教えてくれました。私の信じる教えでは肉は癌の元になるそうです。お爺さんは鶏肉は良いけど牛と牛から作成された牛乳・チーズ・豚のホルモンなどは絶対に食べてはいけないといっていました。豚肉は多少なら食べてもよいそうです。この教えを39年間守っているわけですが、おそらくこの知識を把握していなければもう死んでいたと思います。

続いて10/26日に頂いたメールを紹介します。

さて、昨日は風呂に入ってる時に自然に鼻血が出てきました。  ちょっと黒ずんだ鼻血でしたので、相当な毒血かなぁと思いました。今回も止めずに全て出し切りました。 

脇の下や肩、首あたりのコリはさらに酷くなっています。腰のコリもあります。  このコリがかなり辛いもので、何もする気が起きなくなるくらいです。コレは虫歯自然治癒に絡んで、脇の下あたりにあった毒素が集まってきたものということなので、辛抱強くやっていきます。 

歯の痛みも四六時中あります。強くなったり弱くなったり。痛みがよく起こるのは右上の奥歯で、前歯や左上の奥歯にもたまに起きます 

もう一息かなという感じもします。またメールします。

私の返した解答は以下になります。

しばらく??さんの虫歯自然治癒の経過を報告していきますのでよろしくお願いします。黒ずんだ鼻血は毒血ですべて出し切ったのは正解です。この場合は頭の毒血が出たので、精神状態も良くなります。頭の血液が汚濁するとビクビク・ソワソワするようになります。精神病の初期なんかこういう状態です。 

腰のコリは頭や肩や脇や背中の毒素が下りてきて腰に溜まりできるのです。腎臓を圧迫して非常に疲れます。食べ物に注意と体を冷やさない事。とくに寝てる間に冷やすのは良くありません。小便は我慢しない事。塩分を取り過ぎない事も大切です。健康器具は原始的なもので、今私が使用しているものは完全に破損してコードは切って仕様しています。そのため温熱効果はありませんが効果はそれほどさはありません。500円玉位の球状のものが二つ7 8センチ離れているものを痛かったり凝ったりしているところに当てて使用しています。懲りが溶解する老廃物排除の2段階ではグリグリととけて効果があります。 

「お客様の声」の方が使用されています。マーシー7と言いますが、現在は倒産しているので販売はしていません。この方はヤフー オークションで購入されたようですが、むつかしい構造ではないので、自分で球状のものを用意すれば自分で作れるのではないかと思います。

現状の経過待っています。悪くでもかまいませんです。

続いて10/27日に頂いたメールを紹介します。

自分でも振り返りが出来ますので、今回のシリーズは楽しみですね。 

今朝も早朝から仕事をしてました。排泄作用が旺盛なのか、大便がいっぱい出たり、吐き気もしました(嘔吐はしませんでしたが、涙と目ヤニと鼻水が出ました) 

この症状もかなり辛いですが(少しずつでも毒が出てるのかなと思えば、気分も良くなりますね。 

寝る前は結構歯が痛かったですが、今日は起きてから全然歯が痛くないですね。コレはどういう事でしょう?歯に集まった毒素が涙・目ヤニ・鼻水として出て行ったのでしょうか?   また経過をメールします!

これに対して私の発信したメールは以下になります。

毒素がかなり出ているようですね。毒素というのは熱で溶解され、瞬時に、腸や肺の中に入り、それが肺の場合は咳のポンブ作用のあと痰として、排出され、腸の場合は下痢として、排出されるわけです。??さんは今回の虫歯でかなり鼻水の排出の報告をしていましたね。虫歯の場合は鼻水の排出で自然治癒しますから、いずれ痛みも発熱も収まり治っていくと予想していました。 

朝起きたら歯が痛くなくなっていたということですが、その時が来たのではないでしょうか。私も自然治癒を待っていたのでうれしいです。今までのご報告で私が体験してきた虫歯の自然治癒の経過は一つの行程しかありませんでした。??さんの場合は少し私の治癒の行程と異なるようです。 

私もこの点を検証していかなくてはならないので、新しい例財が増えました。有難うございます。虫歯は鼻水ですが、涙・目ヤニは目及び目の付近の毒素が目から出るのです。毒素は出やすい近場の穴から排出されるわけです。今からもご報告よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

虫歯自然治癒に挑戦する人 自然治癒

2017年9月に頂いた、私のところに来るメールに虫歯自然治癒に挑戦してくださる、勇気のある方からのメールをまず紹介します。

[ お住まい ] 兵庫県

[ お問い合わせ内容 ]

初めまして、いつも見てます。????????の者です。現在、右上の奥歯あたりが痛いです。2,3日前からずっと続いています。しかし僕は医療には絶対助けを借りないようにしよう、病院は病人を作るところだと考えてますので、行かずに自然治癒というこのサイトにたどり着きました。

食事は以前からめちゃくちゃで、老廃物が溜まってるのは間違いなさそうです。断食すれば自然治癒するでしょうか?

これに対して私の送った解答はこちら。都合上??印で隠している部分もありましたが、改めて赤文字で表示することにしました。

ご質問有難うございます。見て頂いてうれしいです。虫歯と思いますが、正しく放置すれば自然治癒します。正しく放置とは????「薬を使用しないということです。そうして我慢していれば痛みのピークの後微熱が出てきて、虫歯から頬に集結してきた毒素は出口を求めて移動し、鼻水となって排出され虫歯は治ります。?????「薬を服用」すると痛みは止まりますが、???????゜「薬という毒を」入れるので鼻水の排出という自然治癒の行程は阻害されることになります。 

私の場合、この理論に自信を持っているので、??????薬は服用したことはありません。理屈で言うと上で言ったようになります。ただ?????薬を服用しない場合痛み及び激痛が発生します。普通は耐えられると思いますが稀にものすごい激痛「床に転げまわる程」を伴う虫歯もあります。私の場合は今までで一度だけでしたが、かろうじて我慢して自然治癒させました。この場合は普通耐えるのは難しいと予想されますので歯医者に行くことも私は完全には否定しません。 

ただしこの激痛を耐えた時は通常の虫歯の四・五倍の鼻水の排出がありその後自然治癒します。 

医療には絶対助けを借りないようにしよう。病院は病人を作るところ。と言われていますが、正しいと思います。ただ骨折などのけがの場合は行ってください。現代医学は怪我は治すが病気に力はありません。病気の根底の理屈が間違っているからです。理由は病院に行くと?????薬を悪用しますので、症状は治まります。それで体は良くなったように感じます。これは間違いで発熱による痛みや痒みなどの発生したほど体は良くなっているのです。????????発熱による溶解と痛み痒み等の症状は止まるので、せっかく出ている毒素を止めることになります。それどころが新たに????????薬という毒、が入るため以前より体に毒素は増えます。以前より体は悪くなったということです。体が悪くなると毒素が懲りとなってその圧迫と血液自体の汚濁で体は硬くなります。必要以上に寝て食べるようにもなりますが、これは逆に自分は健康であると間違いやすいので見落としがちです。 

最近高齢者にやたら多い肺炎は??????薬の服用が原因です。風邪等で?????????服薬します。体に???????入った薬は完全に体外に出きりません。少しずつ蓄積した??????が年齢を重ねて出始めるとき??が痰として姿を変え出始めるのです。それが肺炎です。肺は痰で充満しているので、喉に詰まらせて命を落とすのは多いパターンです。この理屈は医療が肺炎を作ったという事になります。???????薬という独が血液を汚濁さすので病気の元となります。 

長くなりましたが食事の面も悪い食材というのが多くあります。それを書いて今回は最後にします。としていましたがそれは今回は都合上やめておきます。

こう私は解答しました。この方のメールが来たのは2017年の中頃、解答したのはメールをいただいた数時間後、以後今日といっても一月と少し時間が経過していますか、今日2017/10/28まで虫歯自然治癒の挑戦とご報告は頂いております。

当分の間、この方の報告と検証中心にサイトを運営していくつもりです。虫歯自然治癒の経過は予想外の事に私の行程とは幾分異なるところもあるようです。本心を言うとひと月経過している現時点でもはっきりとした結果は断定できていませんが。今日は頂いた二回目のメールの質問をご紹介していきます。最初と同じく都合上??で隠している部分もあります。

 

??です、非常に詳しい説明ありがとうございます。僕自身もここ数年は甲田先生の本などで「症状即療法」という概念を理解していたので、??はしていません。 

ただ、食事内容に関してはいい加減を通り越して酷い内容でした。カップ麺や菓子パンを毎日食べ、食事回数も多く、間食や夜食もしたりと本当にめちゃくちゃでした。 

そう考えると、相当量の毒素が蓄積してるのが自然治癒で、今回の虫歯の痛みが先週の木曜ごろから今までずっと続いてるのも、自然治癒に逆行する形で毒素を摂取しているからでしょう。 

今後はカップ麺や菓子パンその他の防腐剤・添加物の多い食事は控え、米や野菜、大豆類、豚肉や鶏肉、魚といった食材を中心に切り替えます。 

骨折などの怪我で病院に行くのは正しいというか、病院はそういう救急医療こそが役割で、慢性病には何ら寄与しないと思います。ますます理論に自信が出て来ます、ありがとうございます。 

また疑問点が出たら質問メールさせていただきたいと思います。長文失礼いたしました。

このメールに返したのが以下になります。都合上??印で隠して部分もありましたが今回改めて赤文字で表示します。

不摂生が自然治癒を上回っているのではないか。というご指摘その可能性が強いと思います。病気の長引く原因になります。対策は二つしかないと思います。徹底的に??????食生活は野菜中心にして???薬の服用も停止して、付加物の混入したものは体にいれず、無理をすることです。 

無理をするとは体を使うということです。それにより発熱を呼び込み発熱による毒素の溶解と排出を試みる事です。体が適応して無理が出来る体になるため、発熱による老廃物の溶解と排出を起すという事です。わかりやすく言うと風邪をひくということです。風邪をひくのは老廃物「体内毒素」排出の最善策ではないかと感じています。風邪により??・?・??・?・??痰・鼻水・下痢・熱尿・汗として老廃物は排出されるのです。風邪までひかなくても体温計に僅かでも平熱をうわまわっていればよいのです。この微熱の発生時は体調は良いです。 

発熱が高くなれば痛みゆ痒みの苦痛が比例して増すという現象が起きます。一流のスポーツマンはある程度毒素が溜まると風邪をひきます。ただこの方法は時間がかかります。普通の人は老廃物の蓄積が想像以上に多く、風邪をひいてある程度毒素を排出しても、毒素の滞留はまだまだあるということです。それを頭において長期的に健康対策をおこなうのが今言ったことです。 

もう一つの方法は断食です。断食をすれば老廃物「毒素」は排出される可能性が強いですが、100%というわけではありません。私が5年前に行った過去最高の17日の断食では老廃物は出ませんでした。といって一週間目くらいで排出される場合も多く、断食の経過は私でもよみきれないことが多いです。17日間行った断食の翌年とそのまた翌年は多量の老廃物の排出がありました。12日と13日でした。太った人は断食を行っても老廃物が出にくい傾向があります。体の主要活動は消化と燃焼と排泄とありますが、断食をすることにより消化は行いませんから、体が燃焼と排泄のほうに力を入れますが、太った人は燃焼のほうに体が力を入れるようです。といって太った人でも割と早く老廃物が排出される場合もありますので一概には言えません。 

断食による老廃物の排出に成功する場合は先に喉の渇きが来るようです。この場合は排出が期待できます。老廃物を液状化して体外に出すため水がいるのです。4年前の過去最高の喉の渇きが発生した断食では過去最高の老廃物の排出がありました。このときは普段の10倍以上の喉の渇きがありました。逆にいうと喉の渇きが発生しない断食では老廃物の排出はあまり期待できないという事になります。平均して3日目か4日目位から喉は渇いてきます。断食により嘔吐などの苦痛が発生する時も多いですがこれは良くなるための反応です。

以上が私の返答になりますが、この形式で当分記事は作成していきます。新しく次回からは「虫歯自然治癒に挑戦する人の結果はどうなる」と命名して載せていきます。この方から最初にメールをいただいたのは2017/9/16日ですが、今日2017/10/28日の時点では虫歯は自然治癒したかどうかの解答は出ておりません。私自身どういう結果が出るかどうかは予想出来なくなってきました。

 

 

 

 

 

 

究極の虫歯自然治癒 パート2 自然治癒

前に「究極の虫歯自然治癒」というのを作成しています。分かりやすくここでは、「前編」と呼ぶことにしましょう。前編の最初にこう記述しています。・・虫歯に限らず病気を恐れる事はありません。恐れる理由は病気を複雑に難しく考えているからです。・・こうありますが、追加説明があります。そこから入っていきましょう。

  1. 体の不調の原因は二つあります。先天的な体内毒素と後天的な体内毒素です。私のサイトでは老廃物という言い方を多用していますが、意味は同じです。後天的な体内毒素を溜めてしまった、生まれてからの病気というか体の不調はまさに恐れることはありませんし、恐れているとしたら、複雑に難しく考えているからです。
  2. サイトの内容に、やれ、健康対策三本柱・発熱・断食・コリを取る・老廃物排出の行程・老廃物排出の時の苦痛・等の記載があります。これらの記述は後天的に体に入れた異物というか間違った食材などから、体内毒素を作成して、それが原因の体の不調。一般的に呼ばれている病気というものには絶大な効果を発揮します。
  3. 毎日・毎日、体に入れてはよくない異物や食材を取り続けて長年経過して気が付いた時には、我が身は老廃物が作成したコリや濁血に汚染され、コリによる血管の圧迫や濁血により血液循環は悪く、濁血から作成された臓器は汚染されて性能が悪いということは理解出来る人は多いはずです。
  4. 虫歯に関して言えば、虫歯を正しく放置した場合は、繰り返しますけど最後の行程として微熱の発生の後に、頭の毒素が鼻水として姿を現し、排出されます。頭の毒素が虫歯の原因という事になります。頭の毒素を作成したものは体を循環する濁血です。濁血を作成したものは先ほど言った毎日・毎日、体に入れてはよくない異物と間違った食材の摂取です。この間違った食材というのは国により異なり、同じ国でもその地域により多少の差はあります。
  5. 虫歯の原因は頭を循環している血液の汚濁という事は、頭は濁血が循環しているのに、他の部位は浄血が循環しているはずはありません。他の部位にも濁血が循環していますから、虫歯と異なる部位の病気及び不調も招きやすくなります。こういうことも言えます。虫歯も他の部位の病気も作成元は同じわけですから、その対策は基本的に同じとなります。一例をあげてみると、「健康対策三本柱」は断食・発熱・コリを取るです。これはどの病気にも適応します。虫歯にも精神病にも。なぜなら三つとも目的は老廃物の排除で成功した時は、老廃物は排除されます。血液は浄化されます。浄化された血液が全身をめぐりますから、虫歯の原因の頭にも精神病の原因の頭の濁血も解消されますから、自然治癒するという事になります。
  6. 前編で発生した差し歯の抜けた後の腫れは発熱と鼻水の排出による治癒から二日経過して再び腫れて、これもまた発熱と鼻水の排出による自然治癒と再発と治癒が連続して続いています。ここからが大切というか私独自というか、意外な虫歯自然治癒の結論に入ります。虫歯や差し歯を抜いた後の腫れは正しく放置していれば鼻水の排出により、治っていく。ということは一般の人の考え方は傷口が化膿したり、膿が溜まったりするのを恐れ、今度の前編で発生したような、前歯・・無理に前歯でなくてもよいのだが・・を抜いた後の差し歯が取れた後、そこが発熱して腫れた場合は腫れと発熱と痛みを軽減するというか、一般的に言われる治療という事を心がける。
  7. 私の場合は異なる。今回のような場合は放置しておく。すると二度の腫れと鼻水の排出の後の経過は一月近く経過した今日「2017/10/24」では硬く締まって差し歯の後の傷口は健康だ。しかし私の場合この状態はもう一つ物足りない。別の見方をすると発熱と腫れが引き起こす老廃物・・虫歯の場合は鼻水・・の排出が起きていない。老廃物の排出作用が起きていない。言い換えると汚物の排出が止まっているのである。汚いものは早く出てほしいから私にはものたりないわけである。
  8. 差し歯の後の傷口は少し変形して金具も見えるし白い健康的な元の歯も見えてきていると言うか、私には新しく生えてきているのではないかとさえ思う時もあるが、そんなことはあり得ないのだから、もう少し時間が経過してから報告をすることにしましょう。虫歯は正しく放置すれば老廃物の排出が発生して自然治癒する。再発の場合も正しく放置すれば同じ工程で自然治癒する。
  9. 歯を抜いて差し歯にして差し歯が抜けた状態のものが発熱と腫れと痛みが発生しても正しく放置すれば自然治癒する。

    これが私の言う究極の虫歯自然治癒である。

究極の虫歯自然治癒 自然治癒

虫歯自然治癒に関する記事も、本日「2017年10月10日」で9年6月更新し続けている。その内容で伝えたい事のトップは、虫歯に限らず病気を恐れる事はありません。恐れる理由は病気を複雑に難しく考えているからです。最初から大きく出ましたが、その根拠を今から出していきましょう。

究極の虫歯自然治癒の意味するもの。

  1. 私は今の体の理論を把握し始めた39年前の24歳の時から、医者に行くことは殆どなくなった。虫歯を正しく放置して治癒に成功してからは歯医者にもいかなくなった。理由は放置して自分で治せるからである。
  2. 上に言ってきた事に自信を持っていると困ることも出てきた。正直に話そう。33歳で成功した治癒の体験から30年経過したわけだが、例外が出てきた。前歯の虫歯だ。奥歯は虫歯を治癒させても、見えないからよいが前歯は良く見えるため、放置して治した前歯は元の形には程遠いであろうから、見てくれが悪いという障害が出てくる。気にせず放置して治癒させるか、歯医者に行って整えてもらうしかないわけである。
  3. 私は後者を選んだ。勿論行かないという選択肢もあったわけだ。これにより私の虫歯自然治癒の理論には二つの欠点があることが明確になった。一つは痛みを我慢しなければならない事。勿論軽減はできるがその方法もサイトに載せている。
  4. もう一つは前歯を放置しておくと自然に治るであろうが、見てくれは悪くなる。15年位前に一回とここ5年の間に二回歯医者に言っている。いずれも前歯の虫歯によるものだ。
  5. ここ最近の前歯の虫歯で歯医者に行くかどうか迷い、結局行くほうを選んだ私だが、その経過を少し報告することにしよう。3年程前だったかな? 前歯の正面の上の右の歯が虫歯になりました。虫歯に浸食されてきて見てくれが悪くなってきたので歯医者に行きました。結局元からあった歯は抜いて差し歯となりました。正直言うとどうもしっくりきません。大きさも少し他の歯と異なるし、なによりゆるぃです。根本かぐらついています。違和感はありましたが、しっくりいかないままに日常生活を送っていました。
  6. 2017年の夏のある時、正確な期日は思い出せませんが、そのしっくりいかない歯が取れてしまいました。根元の歯を受け止める金具は残っています。歯医者に行くことも考えましたが、時間が惜しい私はそのままにしていました。9月の後半になってその部分が腫れてきました。微熱もあるようです。計測すると36度9分。私の平熱は36度4分です。実はこのくらいの体温が私は最も体調がよいのです。老廃物の溶解が微熱によって行われているので、血液循環が良いので、体調はよいのです。過去の私のボクシング試合においてもこのことは証明されています。
  7. 微熱の発生に次いで鼻水が出てきました。これにより、鼻水と姿を変えた頭の毒素が今回の腫れた虫歯自然治癒後からさらに差し歯にして、それも抜けてしまったところに集結してきたものが排出されたわけです。排出の後、腫れは収まりました。腫れという異変が正しく放置したことにより、自然治癒したということです。
  8. 虫歯の時の自然治癒の行程と全く同じだったということです。今回は虫歯と似たようで虫歯ではないです。サイトに虫歯自然治癒後の何年か後の再発の場合も、最初に治った行程と全く同じに自然に治っていくとしていますが、今回はその再発でもないです。正確に言えば虫歯の歯医者による治療後というより、以前の歯は抜いて、差し歯にした状態でしたから。そのまた差し歯が取れた個所の腫れということです。少しややこしかったですか?
  9. 差し歯の抜けた場所が腫れてその後、虫歯と同じ工程をたどって治癒したとおもっていたら、2日後に再び腫れてきました。その後その状態も最初と同じ経過をたどりました。微熱の発生の後、例の行程をたどって収まったのです。
  10. 厳密に考えると虫歯が自然治癒する時の行程とは若干異なるところもありました。どこかというと鼻水の排出の時に嚔「くしゃみ」が出たのです。虫歯の治癒する最後の行程。微熱の発生の後に鼻水が出る場面では嚔「くしゃみ」は出ません。ここが一つ異なるところ。二つ目が虫歯の治癒では最後の行程、鼻水の排出は一回だったと記憶しています。それが今回の差し歯の抜けた後ではは嚔を伴う鼻水の排出は数回ありました。一回では収まりませんでした。
  11. 該当ページに「この二つの理論でかなりの事は解明できる。」というのがあります。そこには嚏は鼻水を出すためのポンプ作用である。とあります。同じ鼻水の排出で治癒する虫歯も、差し歯の抜けた後の腫れも嚏というポンプ作用を伴わないのと、伴うという微妙というか、ことによると大きいかもしれない鼻水という老廃物「体内毒素・虫歯の場合は頭の毒素」の排出の行程で異なる点がでるわけです。
  12. 虫歯と今回の差し歯の抜けた後の腫れの二つの自然治癒では、その治っていく行程は基本的には一致していたけど、二つの相違点が現れたわけです。10の記述がそれですが、検証してみるとこういう事が言えます。差し歯の抜けた後の腫れが治る工程では、嚔というポンプ作用が必要だったわけです。必要とされるだけの余分な力が必要だったわけです。
  13. 虫歯を放置して治る工程の最後では嚏「くしゃみ」は発生しないわけです。
  14. 追加して行程の最後の鼻水の排出の回数も虫歯が一回だったのに、回数も差し歯の抜けた後の治り方では数回あったという事は、老廃物に該当する鼻水の量も虫歯の場合より、差し歯の抜けた後の自然治癒のほうが量は多かったという事です。それだけの事ですが、老廃物の量が多いほうが、病状は重いという事は言えます。老廃物が発熱で溶解して排出される時の苦痛を病気と称しているわけですから。これを理解していれば病気は最初に記述した通り、怖くありません。現に私は現時点で39年間、この老廃物の出る苦痛。いわゆる病気という奴を自分で治してきました。それがトップページに記載している「健康対策三本柱」というものですが、基本は断食と発熱の二つになります。もう一つの「コリを取る」は補助的なものになりますが、三つとも強い相互関係がありますが、該当ページを見てください。ダラダラと長くなってはいけませんので、次の「究極の虫歯自然治癒パート2」において後編を作成します。 

凝りと病気 自然治癒

最近のページでは、発熱と断食による老廃物排除の原理とその工程についての説明が多い。発熱と断食は私の提唱する「健康対策三本柱」の二つで共に老廃物「体内毒素」排除の双璧である。健康を追跡してくと自然とこの二つに突き当たるわけです。

健康な体=浄血の循環している血流の良い体=老廃物の抜けた血液の循環している体 ・・ という定義になるので、老廃物排除の双璧になる断食と発熱はともに健康づくりには有効なのです。

断食は老廃物の溜まった状態に特に有効である。老廃物の溜まった体とは不健康な体で、病気及び病気の前段階に特に有効である。急な体調不良及び原因不明の病気にも有効である。風邪であろうが虫歯であろうが、精神病であろうが原因不明の病気であろうが、根底は血液の汚濁がもたらすものであるから、本当は原因不明の病気とはないわけである。血液の汚濁という原因がちゃんとあるからだ。

赤文字で提示した病気は発熱作用に該当する。たとえ体温計に上昇がみられなくても病変部分には発熱の上昇がみられるはずだ。みられるはずだとしたのは、私は自分の病変部分の体温は調べる方法は知らないのでこういう表現をしたわけである。病気とは病変部分の発熱といういいかたをしてもいいかもしれない。赤文字はすでに発熱しているので、発熱による老廃物排除の作用がすでにおきているわけである。これに断食を追加して断食と発熱の二つで病気というか体の大きな不調に対峙したことは私ははないのです。

発熱と断食の相互関係は該当ページですでに説明していますが、発熱中に断食を追加するとどうなるかは今の私には実験不足です。

発熱は人為的には起こせないからです。それでも虫歯という発熱による老廃物の溶解作用に断食を追加した場合は、虫歯の原因の頭の毒素が断食の追加により軽減するため、虫歯の進行は止まるようです。断食により頭の毒素が軽減したため、虫歯の原因の元が軽減してしまったから、虫歯には好影響をもたらすわけです。

断食も発熱も老廃物排出が本来の目的です。発熱の場合の問題点は、、本人が発熱という老廃物の溶解と排出作用を微塵も理解していないことです。断食は人為的に行う老廃物排除ですが、発熱は普通人為的には行えません。自然が用意してくれるものです。

 

ここで虫歯から離れて少しだけ体の性能について、言ってみるとスタミナも柔軟性も老廃物を排除すれば改善できます。なかなかいませんが老廃物の極少ない血液循環の良好な人は体は老廃物が抜けているためフニャフニャに柔らかいです。こういう人はめったにいません。力を入れた場合は筋肉は石のように硬くなります。

  1. 真実は虫歯も正しく放置した場合は最後は鼻水の排出となる老廃物排出の行程ですから、ボクシングの要素の柔軟性やスタミナの向上も老廃物を軽減すればこれらの要素は改善しますから、虫歯の自然治癒の方法もボクシングのスタミナの向上も柔軟性の向上も原理というか改善の方法は同一なわけです。
  2. 予想外の展開から入りましたが、本題の病気と懲りの関連性について進めていきましょう。
  3. 体の調子を表現する時、・・あちこち凝った。・・体が懲り懲りだ。・・という表現を人はしながらも懲りの実態を知る人は本当に少ないです。私は懲りの正体は老廃物「体内毒素」だと自信を持って断言する事が出来ます。懲りは脂肪と老廃物と混合して出来ている。ような使い方をしているところもあります。今現代の考えは懲りの正体は脂肪はなくて老廃物そのものだけではないかという疑念も沸いています。いずれにしろこの二つのうちのどちらかです。
  4. 懲りが老廃物だ。という根拠は「強いパンチを打つ秘密はこちらから」の中に「左アッパーと柔軟性」というのがあります。そこに明示してありますが、確信部分は※※印でかくしておりますのが、解答をいうことは私自身迷っているところです。
断食による老廃物排出の行程は二段階あるか。 自然治癒

発熱による老廃物排出の行程は二段階あることを説明しました。この場合発熱により老廃物が溶解され、移動し排出されるわけです。それぞれの病気により排出の行程があるわけですが、虫歯の場合は鼻水の排出の一工程に限定されているわけです。最初の段階が特定の個所に老廃物が集結してくる工程。風邪で説明すると風邪をひく前に節々が凝って硬くなります。あれです。スポーツで言えば猛練習により翌日体がパンパンに張ります。あの状態です。

風邪とスポーツの猛練習の後の体の張った状態は長くは続きません。この状態は発熱する前に訪れる工程なのです。私のサイトを見て発熱により老廃物の溶解が起きるのなら、どうしたら発熱が起こせるかと疑問が沸いても、いきなり発熱状態にはならないということです。スポーツの場合は猛練習の後に発熱状態が訪れ、それにより老廃物の排出が起き、排出された分だけ血液は浄化されコンディションは良くなるわけです。風邪の場合は無理をしたから風邪を引いた。とよく言います。風邪の場合の無理をするがスポーツの場合の猛練習に該当するわけです。安静にしたり怠けていたのでは、血液循環は緩やかなので汚物は排出されないという事です。これが発熱の場合の発熱までと、発熱してからの二つの行程でした。

断食による老廃物排出の行程は二段階あるか?

  1. 次は断食による老廃物排出に成功した場合、排出の行程は発熱の時のように段階はあるか。それも同じく二段階か。という疑問について検証してていこうと思います。ここははっきり言っておきますが、この時点まで私はこの疑問について考えたことはないのです。従ってぶっつけ本番の検証になります。ないといっても断食体験と漠然とした考えはあるわけです。
  2. 発熱による老廃物の溶解と排出のための移動は断食中にはありません。断食の場合発熱状態にはならないわけです。厳密にいえば微熱の発生まではあるが高熱は発生しないという事です。この点は私の最後まで目的日数を達した断食体験は、改めて現時点で数えてみると10回なわけです。ちなみにその倍以上の回数の断食は途中で挫折しているわけです。二・三日経過して挫折するものが大方ですが、五日・六日目であきらめたものもあります。ということは青文字の記述はかなり正確なものです。間違っていたとしても検討はずれなものではありません。
  3. 断食の場合発熱が発生しない理由は該当ページで言っています。断食による老廃物排出が行われようとしているのに、追加して発熱による老廃物の溶解と排出を行う必要はないからです。
  4. 老廃物の溶解が発熱により起されるのに対して、断食中は発熱による溶解がおこらないわけです。なにしろ断食の場合は発熱しないのですから。それでも断食に成功した場合には、老廃物の溶解と排出はちゃんと行われます。発熱ではないとしたら何かというと、答えは水です。水による老廃物の液状化が行われるのです。
  5. 断食による老廃物の排出が成功した場合は、その数日前から喉の渇きが発生するようです。するようですなんて曖昧な言い方はやめて発生しますと言いたいところですが、初めて断食を行って老廃物の排出が多量にあったのは、38年前なのでこのことについては良くおもいだせないのです。思い出せないのはこの一回だけで、その他の断食による老廃物の排出に成功した事例は必ず、老廃物排出の数日前から喉の渇きが発生しているのです。
  6. 発熱による老廃物の溶解と排出時にも、喉の渇きは通常の時より強く感じ、水分を取ることになります。厳密に言うと、発熱+水分補給 による老廃物の溶解と液状化にしてからの排出という工程を引き起こします。水分補給は発熱と断食と言う二つの老廃物排出法の双璧に通常時より多く求められます。老廃物「体内毒素」は溶解と液状化という二つの行程を伴うということになります。
  7. 断食には発熱による溶解は起こらず水だけによる溶解作業となるわけです。この点は現時点まで、考えたこともなく、このページでの最大の疑問点に該当するわけです。7において発熱時にも喉の渇きは通常よりも強く体が求めるとしましたが、体の老廃物「汚物」以外で考えてみると答えは出てくるようです。車の汚れでも食器でも衣服でも、汚れをとる場合には水は絶対に必要なものです。水が必要でない汚れは、汚れ自体を切り取るとかそういう方法しかないわけです。あるのかもしれませんが、私には思いつきません。老廃物という体の汚れにもこれが適応するわけです。
  8. 熱が汚れを取るのに有効かどうか、私は知らないので実験してみようと考えていました。対象物は何にしようか。汚れは生物の生育に関連が強い泥「土」にしよう。と考えがまとまったところでネットでとりあえず調べてみました。検索したのは「水と湯による汚れの落ち方の違い」こんな感じのキーワードでしたが良く忘れてしまいました。
  9. 私の求めていた答えがズバリ出ていたので驚きました。衣服に付着している皮脂は水より、体温よりやや高めの湯で洗うほうがよく落ちるそうです。そのため洗濯屋さんでは40度の湯で衣服を洗うそうです。風邪で微熱及び高熱が出た時と同じ温度だからです。老廃物「体内毒素」と皮脂という若干の違いはありますが、人間の体から出た汚物は40前後の熱で溶解されやすいという検索結果が出ていたからです。30度でも50度でもないところを洗濯屋さんがずっと先に検証していたのです。自然の摂理で風邪をひいて老廃物という体内の汚物を溶解する時の温度は体温より若干高い40度前後だったわけです。実際は当人の体温~40度という設定を自然が準備してくれて、老廃物の溶解と排出をしてくれるわけです。自然治癒ズバリです。
  10. また発熱のほうに戻ってしまったので再び発熱を伴わない水だけの老廃物の溶解と排出作用の断食に戻りましょう。私の今までの断食体験から、断食開始の初日から喉が渇いてくることはありませんでした。早くて三日目くらい。平均すると四日目位から喉の渇きが発生し水を飲むことになります。喉の渇きが発生してくると断食は一段階進み、本来の目的である老廃物「体内毒素」の排出させるための溶解へと進んだわけです。喉の渇きの発生が老廃物排出の最初の行程にあたるわけです。勿論これは断食の場合ですけど。
  11. 必ずしも三日・四日位から喉の渇きが発生するわけではありません。事実私か今年計画した断食は一回のつもりがいずれも失敗したため、四回計画したわけです。ここ六年、毎年半年程度の断食を各年一回おこなってきたわけです。その中の今までの最長記録の17日のものは吐き気は起こりましたが、老廃物の排出は起こりませんでした。他の年の断食はどの年のものも、老廃物排出作用がおきたわけです。排出作用がおきたのはいずれも、8日以内です。この8日というのは私の断食による老廃物排出日の最も遅かった日で、これ以降の日に老廃物の排出があったことはありません。そのため今年の一年に一度行う半月程度の断食は最初に8日行って次の一日は普通に食べて、翌日からさらに5日追加して断食をする予定でしたが、四回行っていずれも失敗したわけです。
  12. 意思が弱くなったな。と考えていましたが、冷静に失敗の原因を考えてみると四回決行して失敗したものは、いずれも起きるべき喉の渇きが発生しておらず、老廃物排出の数日前から、喉の渇きが発生することを知ってている私は、その最初の段階が発生しないことに嫌気がさしたということです。このことは四回の断食中には頭にありませんでしたが、仮に喉の渇きが発生していたら予定どおり最初に考えていた期日は決行していたでしょう。
  13. 起きるはずの喉の渇きが発生しなかった理由を分析してみると、食事を断つことによって体は残りの燃焼と老廃物の排出に、いくはずですが、今回の私は太り過ぎていたため、体が先に燃焼のほうに働いたのでしょう。燃焼とは体に蓄積している血液中の養分や脂肪をエネルギーとして燃焼していくことです。
  14. 断食による老廃物の最初の行程として、最初に喉の渇きが発生して、水を多く飲むようになるという事を私の体が知っていたので、、その工程がおこらない事に無意識のうちに嫌気がさしたということです。
  15. このページの結論は断食の行程は二段階あり、老廃物の溶解に必要な水の摂取を体が最初に要求してくる、喉の渇きが発生した段階。次の段階は数日かけて水の摂取による老廃物の溶解が進み最後は液状化した老廃物が排出される工程となります。液状化したものは嘔吐・下痢・毛穴からの排出等、老廃物作成の元となった物の違いにより姿を変えて排出されるわけです。その際は全て水の摂取が必要とされるため喉の渇きが発生します。
  16. しつこくなりますが、虫歯は水による老廃物排出ではなく発熱による老廃物溶解と鼻水と姿を変えた液状化した老廃物の排出作用になります。虫歯の場合は被病範囲が小域なので発熱に伴う、水は少量で済むため喉の渇きは発生しません。
二段階に分かれる老廃物排出の行程 自然治癒

先に「虫歯と老化」や「この二つの理論でかなりの事は解明できる」等のページを作成していますが、内容は老廃物及びその排出に関する内容がおおくなってしまいました。断食と発熱にかんする内容が特に多いです。二つは老廃物排出法の双璧なので自然とそうなったわけです。ここのタイトルである「二段階に分かれる老廃物排出の行程」は断食ではなくて発熱の行程を現していこうと考えています。

  1. 発熱の行程が二段階になっているという事です。特定箇所に集積してきた老廃物が発熱により溶解され痛みなどの苦痛を伴い出口を求め移動し最終段階として身近というか排出に関連のある孔から排出され老廃物の排出は終了するわけです。別の言い方をすれば病気は自然治癒するわけです。
  2. 私のホームページでは虫歯を取り上げているだけの事です。頭の毒素が発熱で溶解、移動して最後の行程で鼻水の排出という自然治癒に至るわけです。繰り返し重要部分なので言ってきました。そして治癒の行程も鼻水の排出という一工程しかないこともいってきました。
  3. 老廃物排出の行程として虫歯と同じくらい理解しやすい流れで自然治癒するものが風邪であるため、私のホームページでは虫歯と同じくらいの風邪に関しての記述も多いわけです。自然治癒の行程が風邪が被病範囲が虫歯にたいして広域なため自然治癒の行程は虫歯のように一つの行程ではない点も大事なところなのでここで再び表します。
  4. 虫歯の激痛に対して風邪には激痛に匹敵する苦痛はないため放置して自然治癒しやすいわけです。その証拠に風邪を放置して治す人は珍しくありません。
  5. 二つとも痛みに代表される苦痛はあるわけですが、発熱の状態が上昇すれば苦痛は増すという現象が起きます。そのため発熱による苦痛を曲解している多くの人は非常に発熱と病気を恐怖するわけです。観点を変えてみると苦痛が増すほど、発熱による老廃物の溶解は進んでいるから、体は良くなっているという現在の定着した理論では及びもつかない事実が現れます。私はこの点が理解できているため病気が怖くないだけの事です。自信家ではない私が会う人にこのことを断言して話すと驚くか、変わったやつとみられるかこの二つですけど、流れとして伝えておきましょう。
  6. 二段階に分かれる老廃物排出の行程とは、発熱するまでの行程と発熱が発生してから老廃物が排出するまでの行程を指します。最初の段階では症状は出ません。後半の段階で病気に例えると症状が現れて老廃物の排出により自然治癒に至ります。発熱による老廃物の溶解して移動する時痛みに代表される苦痛が現れるのです。
  7. 老廃物排出のこの二つの行程は病気だけとは限りません。体の好調と不好調となって現れる場合もあります。スポーツの練習及び試合時にはっきりと表れます。
  8. 私のもう一つのホームページはボクシングのホームページなので、7で記述した点については多く活用してきました。今では構成上削除してしまいましたが、この老廃物排出の前半の段階と後半の段階を「体の第一段階・第二段階」と自分なりに命名して使用してきたわけです。この老廃物排出の二つの段階の理論。発熱が起きるまでの行程と発熱してからの溶解・毒素の移動・排出の理論は先人で作り上げた人がいるのです。私はそれを引用して「体の第一段階・第二段階」として活用してきたわけです。
  9. ボクシングの試合に備えて練習を積んでくると体が適応してきます。どういうことかというときついボクシングの練習に適応するには弱い体、言い換えると老廃物の多い体ては適応できないわけです。そのため適応して強い体に変えていこうとします。老廃物の少ない体に変えていこうとするわけです。なぜ老廃物の少ない体に変えていこうかとするかというと老廃物の多い体とは血液の汚濁した体のことですから、汚濁した血液が循環していたのでは血流が悪いため柔軟性がなくなるからです。さらにはスタミナもなくなります。勘も悪くなります。頭を汚濁した血液が流れているため、そうなるのです。闘志も出ず精神は萎縮しています。
  10. 汚濁した血流が流れていることをコンディションが悪いというのです。その反対の綺麗な血液が流れている状態をコンディションが良いというのです。
  11. 当然ボクシングの過酷な試合に備えて体は血液を浄化しようとします。勘の鋭い方は私が何を言おうとしているか分かったかもしれません。ボクシングの試合に備えて練習の量・質を上げると風邪をひきやすくなるという事です。風邪については「虫歯と風邪」等の該当ページで紹介していますので参考にしてください。風邪による発熱で体内の汚物が痰・鼻水・下痢等で排出されるということです。試合前の減量期間中は加速して風邪をひきやすくなります。その理由はあまり答えを出すのも面白くありません。解答は私の本「ボクシング人生」の第一章・・減量とコンディション・・に記述しております。
  12. このページでは発熱による老廃物排出の行程について説明しました。この説は私が構築した理論ではない事も言いました。次のページでは断食の場合の老廃物排出が、発熱のように二つの行程があるか検証してみるつもりです。当初は断食は発熱のように老廃物排出の行程はないと決めつけていた私ですが、このページを作成中に断食にも老廃物排出の行程があることが分かってきました。ちなみに虫歯を正常に自然治癒させた場合は発熱による老廃物の排出が該当します。断食も虫歯の期間中に行うと強い影響を虫歯に対して与えます。良いほうにです。
虫歯と老化 自然治癒

「虫歯と老化」という例題から一般の人が連想することは・・虫歯が増えると咀嚼に影響が出てくるので、食べたものの消化も悪くなるしそれにより、栄養の吸収も弊害がでて、皮膚や毛髪や内臓への代謝に障害が出て老化が進んでくるのかな?

こう連想する人が多いのではないかと私は予想します。予想だから外れることもありますけど。回りくどい言い方はやめて先に今回の「虫歯と老化」というか虫歯と老化の関連性についての答えを言っておきましょう。

虫歯と老化の原因は両方とも同じです。こういうと私のホームページを詳しく観覧した人は答えが分かる人もいるはずです。

その答えは虫歯も老化も原因は老廃物の蓄積です。

サイトを精査すればわかると思いますが、虫歯の原因は頭の毒素の蓄積です。その毒素が発熱によって溶解され歯に集積してきて歯茎は腫れ排出のための移動時に痛み及び激痛を発生し、歯に近い鼻の穴という排出孔から鼻水となって排出されこれにより虫歯の自然治癒は正しく終了します。勿論この正しい工程を呼び込むには正しく放置しなければならないという絶対条件を伴います。

老化は誰にも止められませんが、老化を強めている原因は老廃物の蓄積です。今回の例題ですが順を追って説明してみます。

  1. このページでは老化を促進する原因は老廃物「体内毒素」の蓄積と明記しています。同じ年齢なのに随分若く見える人と老けて見える人の差は体内に蓄積されている量というか、体重に対する老廃物の比率で決定します。同じ人でも体調の良いときと、悪いときでは若く見えたり老けて見えたりします。
  2. 老けて見える原因の一つに皺の発生があります。1の論理でいくと老廃物の軽減は皺にも好影響を与え、薄くなるか消えなければなりません。答えは老廃物の軽減は皺に好影響を与えます。トップページに「虫歯と薄毛と皺の関連性はどこにあるか」の中に「断食期間中は消える皺」という項目があります。そこに書き込んでいますが、書き直したものなので、原文にあったものを少し補足しておきましょう。「虫歯と薄毛と皺の関連性はどこにあるか」の中にある断食中に消えた太く長い皺とは肋骨の下というか臍の少し上。臍より肋骨に近いところてずが、6・7年前にその場所に太く長い皺が急激に出来ました。長さは腹の横行一杯。太さは5ミリくらい。皺の色は茶色です。ちなみな現在は63歳ですけどその皺は全く消えています。正確には体調の良いときは消えていて体調の悪いときはごく薄く出ることもあります。
  3. 6年経過して、新たに皺が発生したのならば・・しかたないな。・・と感じると思いますが、皺は消えているわけです。消えている訳は毎年一回行っている半月程度の断食にあると想います。毎年老廃物の排出は少量の時もありましたが大量の排出が二年続いた時もあります。17日おこなって全く排出がなかったこともありました。総合するとかなりの老廃物を排出しているわけです。これにより汚濁した血液はかなり正常に戻りますから、血流も改善され発生していた皺も消えたのでしょう。
  4. 血流の改善は皺だけではありません。歯・毛髪・皮膚・臓器・精神状態と体の状態を良いほうに持ち上げていきます。私がこのホームページで相当数仕様している老廃物とは血液と比例した関係にあります。言い方を変えれば。 老廃物の多い体=血液の汚濁した体  老廃物の少ない体=血液の汚濁の少ない体  という事になるわけです。 
  5. 1の青文字で提示している同じ人でも血流の良いときと悪いときがあります。同じ人なので老化を促進する老廃物の量は体調の良いときも悪いときも大方同じ量です。同じ量でも体調の良いときと悪いときでは若く見えたり老けて見えたりするわけです。言い方を具体的にしてみましょう。体調の良いときとは血流の良いときなのです。体調の悪いときとは血流の悪いときなのです。同じ人でも血流の良いときと悪いときがあるのです。
  6. この血流のよし悪しは普通の生活をしている時はあまり把握できません。スポーツの練習・試合の時に軒並みに現れてきます。私は元ボクサーでかなりの数試合数をこなしてきたので、この点は痛いほど把握しています。とくに私のように老廃物の含有量が多いものはコンディションのよし悪しが著しく体に出ます。
  7. 普通人の場合、断食中と風邪をひいて発熱している期間とその直後は血の循環が良くなっています。そのため顔色は普段より良いです。この二つの期間中は血流を止める懲りは縮小するか柔らかくなっています。血管を懲りが圧迫しているという事です。その懲りが縮小しているので普段より血流が良くなるという事です。風邪をひいて発熱しているときは血流が良くなっているのであれば、虫歯で発熱して痛みが出ている場合はどうなのかな、と突然疑問がわいてきましたけど、発熱しているので血流自体は良いでしょう。しかし風邪で発熱しているときほどの血流の良さは期待できません。その理由は虫歯が延髄を中心にした極小域の発熱による溶解に対し風邪は発熱の発生する場所が広域だからです。大事なところなので、改めて提示すると虫歯が溶解場所が小域なため、溶解された毒素は鼻水の排出一つに限定されています。これに対し風邪は発熱による溶解範囲が広域なため排出の形態も鼻水・痰・熱尿・下痢・汗と私の知る限り五通りあるわけです。いずれも体内で溶解された毒素が近距離の排出しやすい孔から出るわけです。その際催す、嚏「くしゃみ」や咳「せき」は排出を促進するポンプ作用であることはすでに「この二つの理論でかなりの事は解明出来る」で説明していますね。
  8. トップページにある「健康対策三本柱」とはこのことで、改めてここで言うと・・断食・熱を出す・コリを取るとあるでしょう。この三つはいずれも老廃物排出法でいずれも影響を互いに与えています。一例をあげてみると。
  9. a 断食期間中は微熱は発生しても高熱は出ない。b 断食期間中と発熱中及びその直後はコリは普段の数倍溶解しやすい状態にあります。なぜそれが分かるかというと、「痛みを軽減する方法は特殊」で使用している温熱指圧器はこれまで数えきれない程使用しており、コリがグリ・グリと瞬く間に溶解する様子はこれまた数えきれないほど体感しています。溶解と同時に圧迫されていた血流も流れ始めます。
  10. 虫歯も老化も血液の汚濁を防げば、虫歯は発生しませんし、老化は極力抑えられます。血液の汚濁を防ぐには、断食と風邪をひいて正しく放置することと、体のコリを除くことが具体的な方法になります。それ以外に基本にあるのは正しい食材を食べる事です。血液は食材でできているので、当たり前のことですが、結構いい加減な常識に翻弄されているところもあります。答えを半分だけ言ってこのページを閉じる事にしましょう。栄養のパランスが大事だと言います。タンパク質・ビタミン・カロリー まだありますけどこれらの栄養素をバランスよく食べるのが重要だといいます。関係ありません。